ビジネス仮説力の磨き方 (グロービスの実感するMBAシリーズ)

  • ダイヤモンド社
3.49
  • (7)
  • (21)
  • (29)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 182
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478002728

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「仮説とは何か」というレベルから丁寧に書かれている。
    ビジネスにおける仮説の使い方、仮説構築から検証、ブラッシュアップといった一連の流れを分り易く学ぶことが出来る。

    ビジネスケースに沿って解説されているので、よりわかり易い。

  • 仮説思考について、物語形式で説明してくれている本。
    初心者向けの本としては、非常にわかりやすくなっています。

    仮説を持つことで、何がよくなるか?
    一番変わるのは、結論に至るまでのスピードが速くなることです。
    何から手をつければよいか路頭に迷っていたのが、
    仮説を立てることによって、その仮説が正しいのかどうかを検証、
    検証の結果で次の行動へと移るとアクションが取れるようになります。

    最近の流行りもあって、
    何らかの仮説を立てて動いているんだと思いますが、
    問題は仮説の質。

    仮説の質を上げることが大切で、上げるためには実践あるのみ、
    また幅広く情報を収集しつづけて知識を広げるのみと書いています。
    終わりのない勉強・実践で大変かもしれませんが、
    こういったことが出来る人が本当に「出来る人」なんでしょうね。

    以下引用:
    ・良い仮説とは
     1.新規性・独自性がある
     2.ビジネスへの活用が可能である
     3.アクションオリエンテッドである

    ・仮説を検証した結果、誤りだと分かったときはキッパリ諦める

    ・仮説については、7~8割の精度で充分。スピードも大事だから。

  • ジャパネットたかたは主婦層を捨てて中年男性がターゲット

    高額耐久財を販売

著者プロフィール

グロービス
1992年の設立来、「経営に関する『ヒト』『カネ』『チエ』の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業を展開している。

グロービスには以下の事業がある。
●グロービス経営大学院
・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
・英語(東京、オンライン)
●グロービス・マネジメント・スクール
●グロービス・コーポレート・エデュケーション
(法人向け人材育成サービス/日本・上海・シンガポール・タイ)
●グロービス・キャピタル・パートナーズ(ベンチャーキャピタル事業)
●グロービス出版(出版/電子出版事業)
●GLOBIS知見録/GLOBIS Insights(オウンドメディア、スマホアプリ)

「2019年 『MBAコンセプトのダークサイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グロービスの作品

ツイートする