資源世界大戦が始まった―2015年日本の国家戦略

  • 48人登録
  • 3.08評価
    • (2)
    • (2)
    • (18)
    • (0)
    • (2)
  • 8レビュー
著者 : 日高義樹
  • ダイヤモンド社 (2007年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478003190

資源世界大戦が始まった―2015年日本の国家戦略の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資源とは地球では限りない資源ではなく、数が決まっているものである。
    それを各国は国益のために確保しようと動いている。
    しかし、わが国はどうであろうか・・・?

  • 資源を切り口に国際情勢について述べられた本。
    中国のなりふり構わぬ資源獲得の動き、アメリカの中国接近と情勢は変化し、日本の舵取りはますます難しくなっていっている・・・。
    大筋は日々聞くような流れだが、北極圏の緊張、中国とロシアの対立等の事例は非常に新鮮ではあった。

  • 資源をめぐるではあるのだけれど、結局は政治の話ですね。プーチン大統領のことやサウジアラビアとアメリカの関係など興味をもって読めました。

  • who have the earth? i'm afraid in part 2 in first sentence. i cannot believe all of them. it has contradiction, i think.

  • 【独裁国家・北朝鮮が大国アメリカを揺さぶる現況は、ヒトラーが台頭した1920年代に酷似している!? 米国の要人と直接対話して得た独自情報から、日本と米国の数年後の未来を高確度で読み解いた、衝撃の最新作。政局の混迷が深まる危うい日本の行く末を、大統領選を控え、変わりゆくアメリカの世論と政策、政界の要人たちの発言をもとに近未来を予測】

    賛同しかねる部分もあったけれど、参考になった。今後がどうなっていくか、自分でも考えていきたい。

  • <a href="http://blog.livedoor.jp/s_ryoko/archives/50837051.html" target="_blank">レビューはこちら</a>

  • 取り寄せ

全8件中 1 - 8件を表示

日高義樹の作品

資源世界大戦が始まった―2015年日本の国家戦略はこんな本です

ツイートする