改訂3版 めちゃくちゃわかるよ!経済学

  • ダイヤモンド社
3.54
  • (10)
  • (15)
  • (29)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 138
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478003350

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 確かに、めちゃくちゃわかります!

  • 平易な言葉でわかりやすい!右と左って、政治思想的な考え方なのかなーと思っていたら実は経済と政治を結びつけたときに現れる考え方なんだ!と目からうろこ。勉強になりました。入門書として最適。飽きずに読めます。

  • たかはしみきおすすめ


    内閣とか、IMFとか、日銀とか、メジャーな組織から公表されているデーターを元に、
    経済的概念を大まかに把握するのに、とってもわかりやすくて、実用的〜。

  • ダイヤモンド社でのゼミナールを単行本化、学者が書いていないから、広く浅く(驚くほどのルビも入って)、なるほど非常にわかりやすい。政治論となると相当甘いが。

  • 本書の魅力はズバリ「嘘の無いタイトル」である。
    「バカでもわかる」「猿でもわかる」なんて謳い文句、
    とうの昔に使い古され、今やはやらない。そう思う人も多いでしょう。

    そんな中で「めちゃくちゃわかる」を地でいく良書だ。

    これは専門書ではなく入門書。
    むつかしい話は抜きにして、経済学って面白いでしょ?と訴えてくる。経済なんて一欠片もも齧らずに、世に出る人も多いだろう。
    かくいう私もガチガチの理系で経済は完全なる独学。

    そーいった専門外の人や学生にはもってこい。
    ビジネスマンの入門書として、「今更聞けない」ことをこっそり勉強してみるのもいいのではないか。

  • 〇本の紹介
    経済用語についての比較的易しい解説書。
    本の構成としては、高校の参考書のようでした。

    〇メモ
    p11 名目成長率=実質成長率+物価指数

    〇感想
    当時の事件(村上ファンドやホリエモン)を用いて解説してくれたので入り込みやすかったです。
    もっと経済ニュースがわかるようになりたい!と思って読みました。
    用語など多いので、都度調べていって地道に勉強を進めたいと思います。

  • やさしいと謳いつつ、むずかしい本ばかりだけど、これは書名どおり、めちゃくちゃわかると思う。

  • タイトル通りにわかりやすい入門書です。
    ちゃーんと経済学勉強したことなかったんで、第5章で新古典派、ケインズ派、マルクス派の思想がわかってよかった

  • むずかしい理論や数式みたいなのはひとまず置いておいてー…といったかんじの、経済学のごくごく導入部分を紹介する入門書。
    イラストがはいってたり大きめな字だったりでとっつきやすいです。そういうレイアウトでこの厚さ(215頁)なので、コレ一冊で経済学がわかるかというと(そもそもそこまで踏み込んだ内容ではないので)わからないものの、会話調の文体や取り上げてるエピソードが面白いので、経済のことをもっと調べたいって気分になりました。とりあえず参考文献にあがってる本にトライしてみようかなー、と。

  • ほんと、めちゃくちゃわかるよ!
    単語は知ってるけど実はきちんと知らない、
    そんな経済の単語が沢山出て来て、
    読むほどに「あぁ、なるほど」と思う本でした。

    銀行に預けられたお金はどんな風に利用されているのか、
    知ってましたか???

    入門の入門の入門くらいの教科書かもしれんけどめっちゃ面白かったです。

全19件中 1 - 10件を表示

改訂3版 めちゃくちゃわかるよ!経済学を本棚に登録しているひと

ツイートする