2時間で足が速くなる!―日本記録を量産する新走法 ポン・ピュン・ランの秘密

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.43
  • (2)
  • (7)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 67
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478004241

作品紹介・あらすじ

2時間で、変わります!女子400メートル日本記録保持者・丹野麻美をモデルに、日本陸上界の名匠が、手取り足取り解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私は足が遅いので読んで見ましたが、私には言葉が難しかったのか理解ができないところがいくつかありました。けれども、わかりやすい解説と写真で今度やってみようとゆうものもいくつかありました。^_^

  • 来年のマスターズ陸上出場を目指しトレーニングをするにあたり、
    最新のトレーニング理論を学ぶべく読み始めました。
    著者の川本氏はトム・テレツ氏から学んでおります。
    トム・テレツ氏は、私が憧れたカール・ルイスのコーチであった人。
    25年前に読みたかったな、この本。

  • フォーム矯正のために読むのを勧められました。まだまだマスターできそうにはないですが、スピード養成期に読み返したい本です。

  • 力の伝え方が勉強になった。
    力を分散させずにまとめることは野球にも全く言えることである。
    野球の投手である私が走るということは、「いかに投球に結び付けるか」ということを常に意識して走るべきだと考えている。
    速く走れる=重心を操り、速い出力が出来る、速筋自体の強化、でもある。
    最近は首を脱力して頭をおもりのように使い前方向への推進力に使えるようになってきた。
    腕を脱力してまっすぐ腕を振ることも投球でに置き換えれば、腕が背中側に入らないようにリリースまで邪魔せずコッキングアップすることと同じと捉える。
    また、川本氏のように海外に知識を求め、日本で開花するその探求心は素晴らしいと思う。
    動きを細かく細かく追及していき一見もうある程度はつきつめきれていると思われそうな陸上競技でも、本気で工夫して取り組めば福島大のように無名だった大学でも日本トップに押し上げることが出来るんだなと感じた。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

福島大学教授・同大陸上競技部監督。ナチュラルアスリートクラブ監督。91年、約1年間カナダと米国へ留学しカール・ルイスのコーチから指導法を直接学ぶ。その後数々の日本記録保持者と世界陸上出場選手を育成。

「2015年 『運動会までにどんどん子どもの足が速くなる!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

2時間で足が速くなる!―日本記録を量産する新走法 ポン・ピュン・ランの秘密のその他の作品

2時間で足が速くなる! Kindle版 2時間で足が速くなる! 川本和久

川本和久の作品

2時間で足が速くなる!―日本記録を量産する新走法 ポン・ピュン・ランの秘密を本棚に登録しているひと

ツイートする