ストーリーで学ぶマーケティングの基本―――顧客視点で考える「買ってもらえる仕組み」の作り方 (グロービスの実感するMBA)

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.61
  • (3)
  • (14)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 112
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478004395

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最新(と言っても、2013年の著書なので、その時点)のマーケティングについて、ストーリーを交えて解説します。

    ストーリーは「パンケーキカフェ2号店」「茶系飲料の開発」「売れる“紙の手帳”を作る」「ネットを使ったマーケティング」の4種類で、それぞれ違ったシチュエーションから、マーケティングの基本を説明します。

    オーソドックスなマーケティング手法に加え、ITの進化にもたらされたものとして、
    1. コミュニケーションの力関係の変化
    2. メディアの多様化、情報過多
    3. 「つながり」の可視化
    4. 顧客データの活用度向上
    なども説明します。

    2018年の今となってはすでに当然の要素ですが、そもそも市場動向を正確に見極め、仮説検証、補正しながらビジネスするということは普遍的なものです。常に頭の中をアップデートしながら市場に適応したいものですね。

  • マーケティング入門としてとても読みやすい。ストーリーに基づいていて理解しやすかった。

    MEMO
    コミュニケーションの効果は受けてが決めるとも言われるように、あくまでコミュニケーションの受け手が理解して、初めて「伝えた」と言える。

  • 【読書】この手の本は入り口として機能するかどうか /

  • マーケティングの基本プロセスである、市場機会の発見から、STP→4Pの流れ、顧客インサイトの探りかた、最新のITを活用したマーケティング手法、ビジネスモデル構築の為に必要な要素等が書かれ、非常に腹落ちのいい本だった!
    ただ、やはり理解する→使えるの流れを上手く作るために、本書の内容を意識しながら、実践で数多く試してみて見ることが大事!

  • 五つの事例をそれぞれの物語にして構成している。「もしドラ」の短編集といった感じでとても読みやすい。しかも五つの事例がことごとく違うので実務で求めている形に当てはまるものが一つぐらいはありそう。ただ、こんなに簡単に成功するだろうか、とも思う。

  • 事例が書いてある方が要点をつかみやすい。
    内容的には基本的なものだが収載エリアが広い。
    まず手に取る本としては良書であると思う。
    読んだ後は実戦あるのみ。

  • 時代とともに環境は変われど、マーケティングとはお客様の事を徹底的に思い、想像すること。それを実行する社内の事を想うこと。読み物としても面白いストーリーと新しく具体的な解説を通して、スッと入ってくる不思議な本です。

    書中にある「マーケティングとは企業活動の中心なのだから、面白くないはずがない。」という件に素直に納得できました。

  • ・これからのマーケティングは顧客中心から人間中心・利用者がパートナーになる時代へ。
    ・機能的な差別化が難しくなるにつれ、人々はより情緒的な差別性を求めるようになってきている。共感やつながり、関係性も大きなテーマとなってきている。
    ●マーケティングとは「顧客に買ってもらう仕組みづくり」
    ・「自分たちがいなくなったら顧客は困るだろうか」と考えてみる。
    ・想定するユーザーが、実際にそれを使用している場面をイメージできるまでに具体化されたアイデア。

  • STP-4Pという基本的なところから、顧客インサイトやネットビジネスといった比較的最近のテーマまで、基本的なところを大まかに押さえてくれています。
    日頃、こうした仕事とはやや縁遠い自分には良い復習になりました。

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】675||G【資料ID】91132464

全13件中 1 - 10件を表示

プロフィール

グロービス
グロービス
1992年の設立来、「経営に関する『ヒト』『カネ』『チエ』の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業を展開している。

グロービスには以下の事業がある。
●グロービス経営大学院
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
 ・英語(東京、オンライン)
●グロービス・マネジメント・スクール
●グロービス・コーポレート・エデュケーション
 (法人向け人材育成サービス/日本・上海・シンガポール・タイ)
●グロービス・キャピタル・パートナーズ(ベンチャーキャピタル事業)
●グロービス出版(出版/電子出版事業)
●GLOBIS知見録/GLOBIS Insights(オウンドメディア、スマホアプリ)

その他の事業: 
●一般社団法人G1(カンファレンス運営)
●一般財団法人KIBOW(震災復興支援活動、社会的インパクト投資)

「2017年 『MBA生産性をあげる100の基本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ストーリーで学ぶマーケティングの基本―――顧客視点で考える「買ってもらえる仕組み」の作り方 (グロービスの実感するMBA)のその他の作品

グロービスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
伊賀 泰代
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

ストーリーで学ぶマーケティングの基本―――顧客視点で考える「買ってもらえる仕組み」の作り方 (グロービスの実感するMBA)を本棚に登録しているひと

ツイートする