コア事業進化論―成長が終わらない企業の条件

制作 : 山本 真司  牧岡 宏 
  • ダイヤモンド社 (2008年4月11日発売)
3.55
  • (5)
  • (4)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
  • 82人登録
  • 14レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478004449

コア事業進化論―成長が終わらない企業の条件の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 数年前に読んだ本だが、経営戦略の授業の前に再読検討していたら、以下のブログによく内容がまとまっていたので、以下の読んでお終い。

    http://consultantblog.blog123.fc2.com/blog-entry-96.html

    ■持続可能な成長を続けている企業はフォーカス(focus)、拡大(expand)、再定義(redfine)のサイクルをまわしている。

    ■再定義が必要になる企業は、①将来のプロフィットプールの縮小または移動、②新しい競争モデルもしくは既存の事業モデルを破壊するような技術をもたらすコア事業モデルに対する直接的な脅威、③成長法則の失速と、差別化要因の縮小、といったジレンマに陥っている。

    ■混乱して未知の領域に飛び込まないで、現在のコア事業に対する理解を深めること。より有望なコア事業に集中して成長するために、成長のための一時的縮小を厭わないこと。戦略は重要であるのだが、卓越したオペレーション、経済性がなければ、戦略は効果を発揮しないこと。現在ある資産、もしくはすぐに手に入る資産をベースに変革を成し遂げることが重要である。

    ■上記のテーマを成功させるために、守るべき教訓が4つある。①再定義はコア顧客から始まる、②再定義するためには隠れた資産は4つの条件を満たす必要がある、③隠れた資産に気づくには新たな視点が必要である、④隠れた資産を利用するには組織の再定義が必要である、という4つの教訓である。

  • べイン&カンパニーによる「成長戦略」の考えは結構好きだ。
    コンサルティング会社が主張するだけあって中身も分かり易い。

    要は得意分野にフォーカス(Focus)して、周辺事業に拡大(Expand)し、上手く行かなくなる前に事業内容を転換(Redfine)することを繰り返すってことなんだよね。

    上手くいってる会社(GoogleやFacebook、Appleなんか)は大所帯の割に投資も撤退も激はやで24時間単位で大規模な意思決定をしている。

    やみくもに一発逆転を狙うのではなく、自分の中の隠れた得意分野を発見すること。それを十二分に活用する形で戦略を再定義すれば成功の確率は格段に高くなる。


    第1章 企業永続の条件
    第2章 コア事業を再定義するタイミング
    第3章 隠れた資産:過小評価されている事業基盤
    第4章 隠れた資産:未活用の顧客インサイト
    第5章 隠れた資産:埋もれたケイパビリティ
    第6章 「成長サイクル経営」の重要性
    第7章 永遠の企業価値向上への挑戦に直面する日本企業へ

  • 【要旨】
     環境の変化による構造的な寿命を打破するために、事業転換が必要。企業の成長は、コア事業への集中(focus)−コア事業の周辺領域への拡張(expand)−コア事業とその基本的なケイパビリティの再定義(redifine)、という「FERサイクル」をうまく回すことが求められる。本書はその最後の「再定義」に関した考察である。
     コア事業を再定義するタイミングは「コア顧客」、「コア事業の差別化」、「業界のプロフィット・プール」、「コア・ケイパビリティ」、「組織などの現状」によって見えてくる。ただし、再定義の前に、既存の事業基盤を再強化しておいた方が望ましい。
     さて、再定義の際に重要なのは「隠れた資産(Hidden Asset)」の再発見と活用である。この隠れた資産は主に3つのタイプがあり、「過小評価されている事業基盤」「未活用の顧客インサイト」「埋もれたケイパビリティ」が挙げられる。


    【感想】
     経営学は組織論も戦略論も「柔軟性」がポイントになっている。環境の変化が激しい昨今の世の中において、凝り固まった組織や戦略では取り残されてしまう。
     本書は企業がどのように変わっていけばよいのかという命題を「リソースベイスド」で論じられたもの。研究・対象の位置づけや意義を含め、非常に完成度の高いものだと感じた。

    【目次】
    第1章 企業永続の条件
    第2章 コア事業を再定義するタイミング
    第3章 隠れた資産:過小評価されている事業基盤
    第4章 隠れた資産:未活用の顧客インサイト
    第5章 隠れた資産:埋もれたケイパビリティ
    第6章 「成長サイクル経営」の重要性
    第7章 アンストッパブル(永遠の企業価値向上)への挑戦に直面する日本企業

  • 「困難な問題を抱えた時は、いつも誰かが別の状況でそれを解決しているのではないかと自問してみる」「最良のアイデアは、コア顧客を掘り下げることから生まれる」

  • 既存戦略の見直し
    持続成長に向けたコア領域の暫時的設定
    自社環境の徹底的見直しからの気づき

  • 1.事業のコアを理解
    2.成長のための縮小さえ厭わない
    3.卓越したオペレーションと低コスト
    4.隠れた資産を活用

  • 成功事例を理論だけで説かれると違和感あるなー。間違ってはいないんだけど、世の中には同じ事やろうとしても成功しない企業がもっとある訳だし。個人的にはパタゴニアとか、スタバの社長の話の方が説得力あるな。

  • 成熟産業にいる会社が再成長するためには、
    本業の中で培われた隠れた資産を活用することが鍵だと
    説いている本です。

    経営戦略としてではなく、
    自分のキャリアを考える上でも役立つ本だと思いました。

    例えば、SEからプロジェクトマネジャーに役割が変わったときに、
    ・設計する力を使って、中間成果物を定義する
    ・わかりやすく、誤解なく説明する力を使って、
    メンバーや顧客に働きかける
    ・自分の経験を生かして、メンバーの気持ちを理解する
    といった具合に過去の自分の強みを細分化して活かすといった具合です。

  • 難しい!!!
    自分の知識じゃ、無理でした。
    いろんな本を読んで、もう一度挑戦したいです。

    概要把握より
    アメリカの企業を例にとって、コア事業を見つけて進化するという内容です。
    成長が終わらない企業の条件ということで、一般化もおこなっています。

    FER(集中ー拡張-再定義)サイクルをまわす
    ノキアは、ゴム長靴の複合企業体から、テレコミュニケーション企業になった

    インサイト、ケイパビリティ・・・という単語が分からないと、意味が追えません。

    日本企業を永続的な成長企業にする七つの成功法則
    というのがありました。訳書なのに、ちょっと新鮮。

    自分が理解できていないので、支離滅裂な書評ですいません。

  • コア事業を通じて培った隠れた資産生かすことがキーである。
    サムスン、アメリカンエキスプレス、ボストンサイエンティフィック、Apple、駿河銀行などが取り上げられている。
    7章は翻訳者による書き下ろしで、日本企業を取り上げている。

全14件中 1 - 10件を表示

クリス・ズックの作品

コア事業進化論―成長が終わらない企業の条件はこんな本です

コア事業進化論―成長が終わらない企業の条件を本棚に登録しているひと

ツイートする