兵法三十六計の戦略思考―競合を出し抜く不戦必勝の知謀

制作 : 辻谷 一美 
  • ダイヤモンド社
3.41
  • (4)
  • (4)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478004517

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • THE ART OF THE ADVANTAGE: 36 STRATEGIES TO SEIZE THE COMPETITIVE EDGE ― http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=4-478-00451-7

  • 戦術の実践例。
    戦の教訓を実際ビジネスにあてはめた事例を紹介。

  • 兵法36計に現代のビジネス事例、古代中国史の戦いを当てはめながら解説。

  • 競合対策に困って、つい本買ってしまいました。。。
    自分たちだけで、意地悪考えるのも限界があるので。
    事例を元に、いろんな作戦が分かりやすく書いてあるので、どこかの場面で役に立つかも?

  • 各戦略が、同種のものごとに分類され、ふんだんな事例とともに紹介されているので、読み物としてよりも、戦略の演習テキストとしてもってこい。

  • 兵法36計というのは非常にわかりにくく、単なる中国人の策略、あざむきの手法のように私は思っていた。

    しかしこの本を読むと、現在の主要な巨大企業が兵法と同様の手法を使って競争力を高めている事がとてもよくわかった。

    この書籍は兵法36計を説明した書的の中ではベストなのではないかと私は感じました。

    是非一読をお勧めします。

  • 明確なコンペティターがいたら読むべき本。
    コカコーラVSペプシなど、
    知名度が高い企業をよく調べている良書。
    スケールでかめ。

    日本人は性善説に基づき、
    相手を蹴落とす思考がニガテなので稀有書。
    翻訳本ならではの攻撃系。

  • 本のコンセプトは非常に良いと感じた本。

    戦略には、どんなものがあるのか、どの様に考えて実践していくかが書いてあります。
    どうとらえるかは読書次第ですね。

    期待が高かっただけに、読み終わってちょっと残念。

全10件中 1 - 10件を表示

兵法三十六計の戦略思考―競合を出し抜く不戦必勝の知謀を本棚に登録しているひと

ツイートする