荘内銀行はなぜ顧客に選ばれるのか?―勝ち残りに賭ける、ある地銀の挑戦

著者 : 宇井洋
  • ダイヤモンド社 (2008年11月29日発売)
3.71
  • (0)
  • (12)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 33人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478004777

荘内銀行はなぜ顧客に選ばれるのか?―勝ち残りに賭ける、ある地銀の挑戦の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 荘内銀行のインストアブランチや町田元頭取の取り組みを書いた本。
    ISBは確かに成功していて、その秘訣がきちんと取材した上で書かれています。
    簡単に読めるのに、内容は良かったです。

  • 荘内銀行のISB(インストアブランチ)の取組を記述。
    内容に共感することは多かったが、実践できるかは課題。しかしISBをすすめると、銀行という形体である必要があるのか。アンバンドリング化が進むかも。

  • 石巻WC参加者から紹介してもらった本。イオンなどの大型スーパーに、営業時間を合わせながら入り込んでいった、地方銀行の挑戦をまとめた本。銀行ってどこでも同じ仕事してるだけなんでしょと思っていたが、こうやって顧客目線に立って実践を繰り返している銀行が存在してることに感動。
    ・顧客が立っているのに行員が座って応対する銀行の非常識
    ・15時に店頭が閉まり、仕事帰りに利用できない。
    ・もっとも銀行を利用したい土日に開いてない。
    いやいや言われてみればその通り。1つ1つを解決しながらより親しみのある銀行を作っているそう。おもしろかったなー。人に紹介してもらわなければおそらく一生読まなかっただろう。感謝。

  • 殿様営業でふんぞり返り豊満経営により危機的状況に陥ってた地方銀行が、地元地域だけでなく県を跨いだ広域に亘って頭角を表し見事に再生して行った山形県の荘内銀行に関する詳細なレポートです。文章も平易で銀行素人でもわかりやすいです。

    「顧客志向(カスタマーセントリックス)」と気軽に言いますが、どこかで自分たちが得をすることを先に考えがちです。そうではなく、顧客を喜ばせれば、得は後からやってくるということ。これを見事に実践した例としても秀逸な内容だと思います。
    それにはやはり経営トップ(頭取)の力強さなくしてはこのような再生はならなかったんだなと、何度もうなづかされました。
    人が変わる、組織が変わるとはどれほど大変なことで、でも変わった時の人や組織はこれほどプラスに作用するものなかというのもよく分かります。

    もう少し失敗談も出してくれると良かったかなと思いますが、ページ数を考慮するとやむなしかと思います。

    厳しい財政事情、景気低迷にあっている地方の自治体、銀行、大学、企業等、何とかしたいと思われている方々は、ここから色々なヒントを貰えるはずです。国に頼らない、権力者に頼らない、自分たちで何とかする、同士を増やして連携すれば何とかなる。そんな勇気ももらえます。

  • 荘内銀行のSBIとイオンのそれは違うのだろうか?
    イオン銀行が設立から3年を経過したのに未だ赤字に陥っている事を考えると、荘内銀行のスピリットがハラに落ちていないんだろうと思わざるを得ない。

  • 「荘内銀行はなぜ顧客に選ばれるのか?」
    という問いに対して端的に答えると、それは
    「気分がいいから」
    である。

    荘内銀行は、ISB(インストアブランチの略)を武器に、買い物帰りの客をターゲットにして伸びていった。
    単にこう書くと、ISBが魔法の杖のような感じに思われるが、決してそうではない。
    あくまでもインストアとして、店との一体化を成し遂げた結果としての成長である。
    ISBに挑戦した銀行は多かったが、早々と夕方5時ごろにシャッターを下ろしていたところが多かった。
    一方、荘内銀行は店の開いている夜9時まで営業し続けた。
    このサービス精神を多くの銀行は持てない。

    それが伺える好例が仙台への殴り込みだ。
    荘内銀行が仙台圏で手に入れた顧客は七十七銀行からの乗り換えが大半とのことだ。
    七十七銀行はただ規模の優位性があるにすぎず、「近いから」という理由で口座を持っている人が多いはず。
    しかし、サービスレベルは最底辺だと思う。
    そんな中で、荘内銀行が圧倒的な「気持ちよさ」を提供すれば、ただ近いだけの人が乗り換えるのも時間の問題だろう。

    七十七銀行の口座を持っている人に読んで欲しい。
    言いたい放題だけど、僕の口座も七十七銀行です・・・

全6件中 1 - 6件を表示

宇井洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジーン ゼラズニ...
落合博満
宮部 みゆき
村上 春樹
村上 春樹
清水 久三子
有効な右矢印 無効な右矢印

荘内銀行はなぜ顧客に選ばれるのか?―勝ち残りに賭ける、ある地銀の挑戦はこんな本です

ツイートする