とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法

制作 : 山田 仁子 
  • ダイヤモンド社
2.94
  • (2)
  • (3)
  • (6)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 79
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478004838

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館

  • パーソナリティ別ポーカープレイングスタイル。

  • 人に話をする仕方によって答えが変わる。
    この答えにミソがありチェックするポイントもある。
    そのことを示してくれた。

  • なんだか攻撃的なタイトルだなあと手に取ってみました。
    心理学というよりは、アメリカ発対人対処法や、自己啓発的な要素が強いのではないかと思って著者のプロフィールを見ると、学術論的心理学者というより実践応用的な対人関係指導者のようです。
    ここまで強烈なタイトルを掲げる以上は、内容もさぞかしセンセーショナルなことが描かれているに違いないと、読んでみました。

    はじめから、(騙されないぞ、お手並み拝見)と斜に構えていたら、意外にも内容は、非現実的でも、活用不可能なものでもありませんでした。
    人が誰でも持っている自尊心と自制心と自信を調整することが、著者の説く方法に繋がるようです。
    プライドや劣等感のバランスとその歪みに沿ったアプローチが、例文と一緒に紹介されていました。

    言い方を少し変えてみることが、真実を引き出す方法だとする著者。
    確かにその通りですが、「事例レッスン」の通りに会話が運ぶとも限らず、またその方法は完全ではありません。

    反応する相手の行動心理やメンタリティでは、まだまだいくらでも本心を隠しとおせる段階です。
    日本人の間では、「探りを入れる」ような言い方は、普通に行われることですが、ストレートな物言いを常とするアメリカでは、珍しい着眼点なのでしょうか。

    対面セラピーなどはアメリカの方がはるかに進んでいるので、斬新なアイデアだとも思えませんが、たとえばカウンセリングや警察の取り調べ室で使われる方法を、一般用に紹介したというところが真新しいのかもしれません。

    逆に、タイトル通りの内容だったらどうしましょう、と内心動揺していたので、無難な内容に安心しました。

    タイトルを忘れてみると、なかなか面白い内容です。
    「恋愛関係で暴力的になる人の危険信号」に、「僕は君なしでは生きられない」という人が挙げられていました。
    なるほど、気をつけなくては。

    自尊心と自信は全く別のものだ、ということを心得ていれば、対人関係で卑屈になりすぎることも、簡単に動揺するようなことも減りそうだと気がつきました。
    自尊心はプライドのことだと思うと、高すぎるのは考えものだ、という気持ちになりますが、この本では、自尊心が高いほど自己実現要求が高く、人としての質が向上する、と書かれていました。

    やはり自分の感情をきちんと把握し、ある程度コントロールできる人間になることが、社会生活や人間関係を送る上では大切なのだな、とこの本を最後まで読んで思い、それは本のタイトルの「人の隠したい心理を暴く」とは正反対の話になることに気がついて、なんだかおかしな気持ちになりました。

  • ~1028
    第1部 七つの人間考察
    相手を素早く、簡単に読み取るテクニック

    第1章 隠し事をしていないか?
    ・「マインド・リーダー」で相手を丸裸にする
    ・「猫に鈴」で反応を引き出す
    ・「二つの反応」が明確な答えを出している
    ・「一つの事実」が見えない部分を見抜く
    ・「恐れる気持ち」を抱いているのは誰か
    ・「あなたならどうする?」の答えがわざとらしければ、、、

    第2章 本当は好きか嫌いか?
    ・「世界は鏡」ー相手は何を投影している?
    ・「湾曲な言葉チェック」で真実が見える
    ・「よい兆候」に共感するか無視するか

    第3章 自信は本物かハッタリか?
    ・「見せかけの素振り」を削ぎ落とす
    ・「印象操作」のパターンを知る
    ・「追い詰められて」どう出るか

    第4章 本心はどこにあるのか?
    ・「自己認識」三つのタイプをつかむ
    ・「悲観か楽観か」質問を投げ掛けてみる
    ・「矛盾するジェスチャー」は本心のサイン
    ・「未来予測」がいまの気分を決めている

    第5章 興味はあるか無関心か?
    ・「自分本意」という人間の基本に立ち返る
    ・「好奇心」は関心の高さに比例する
    ・「状況変化」に対する反応を見る

    第6章 味方か敵か?
    ・「お手伝いしましょうか」の裏を読む
    ・「自由な情報交換」を常日頃からしておく
    ・「人当たりのいい人」の怪しさを見抜く
    ・「六つの要素」で好意を測る
    ・「油断させる」と本音が引き出せる
    ・「感情コントロール」に使われる言葉

    第7章 穏やかで良識的な人か?
    ・「正常と異常のはざま」に気づく
    ・「抑えきれない怒り」はこうして生まれる
    ・「危険信号」はあらゆるところで点滅している


    第2部 心の詳細分析
    相手の意思決定プロセスがすべてわる

    第8章 性格分類と「SNAP分析」の違い

    第9章 人の思考を作り出す要素とは
    ・人の心を形成する三原色

    第10章 人読みの最重要ポイント=自尊心
    ・自尊心と自我は反比例する
    ・自我が強い人の思考回路
    ・自尊心の高低はどう表れるか

    第11章 自尊心を左右する六大要因
    ・利害関係
    ・自信
    ・努力
    ・価値観と理念
    ・正当化と合理化
    ・気分

    第12章 自尊心が高い人、高い素振りをしている人
    ・自尊心と自我の混同
    ・自尊心と自信の混同
    ・見た目の成功
    ・謙遜に隠されたいじけ
    ・自尊心と気分の混同

    第13章 たった一つの自尊心探知機

    第14章 プロファイリングが明かす三種類の人物像

    第15章 実例で身に付くプロファイリング技術
    ・「利害関係」の分類がポイント
    ・クラスA 結果と自分の利害がからんでいない場合
    ・クラスAで自尊心が高いと思われる人のプロフィール
    ・クラスAで自尊心が低いと思われる人のプロフィール
    ・クラスB 結果が大きく自分の利害とからんでいる場合
    ・クラスBで自尊心が高いと思われる人のプロフィール
    ・実践 なぜ、あの人はこんな行動をとるのか?
    ・実践 このとき誰がどう動くのか

  • 目次

    本書の使い方
    はじめに

    第1部 七つの人間考察
    相手を素早く、簡単に読みとるテクニック

    第1章 隠しごとをしていないか?
    テクニック1 「マインド・リーダー」で相手を丸ハダカにする
    テクニック2 「猫に鈴」で反応を引き出す
    テクニック3 「二つの反応」が明確な答えを出している
    テクニック4 「一つの事実」で見えない部分を見抜く
    テクニック5 「恐れる気持ち」を抱いているのは誰か
    テクニック6 「あなたならどうする?」の答えがわざとらしければ……

    第2章 本当は好きか嫌いか?
    テクニック7 「小さなこだわり」を刺激する
    テクニック8 「世界は鏡」──相手は何を投影している?
    テクニック9 「婉曲な言葉チェック」で真実が見える
    テクニック10 「良い徴候」に共感するか無視するか

    第3章 自信は本物かハッタリか?
    テクニック11 「見せかけの素振り」をそぎ落とす
    テクニック12 「印象操作」のパターンを知る
    テクニック13 「追いつめられて」どう出るか

    第4章 本心はどこにあるのか?
    テクニック14 「自己認識」三つのタイプをつかむ
    テクニック15 「悲観か楽観か」質問を投げてみる
    テクニック16 「矛盾するジェスチャー」は本心のサイン
    テクニック17 「未来予測」がいまの気分を決めている

    第5章 興味はあるか無関心か?
    テクニック18 「自分本位」という人間の基本に立ち返る
    テクニック19 「好奇心」は関心の高さに比例する
    テクニック20 「状況変化」に対する反応を見る

    第6章 味方か敵か?
    テクニック21 「お手伝いしましょうか」の裏を読む
    テクニック22 「自由な情報交換」を常日頃からしておく
    テクニック23 「人当たりのいい人」の怪しさを見抜く
    テクニック24 「六つの要素」で好意を測る
    テクニック25 「油断させる」と本音が引き出せる
    テクニック26 「感情コントロール」に使われる言葉

    第7章 穏やかで良識的な人か?
    テクニック27 「正常と異常のはざま」に気づく
    テクニック28 「抑え切れない怒り」はこうして生まれる
    テクニック29 「危険信号」はあらゆるところで点滅している


    第2部 心の詳細分析
    相手の意思決定プロセスがすべてわかる

    第8章 性格分類と「SNAP分析」の違い

    第9章 人の思考をつくり出す要素とは
    人の心を形成する三原色

    第10章 人読みの最重要ポイント=自尊心
    自尊心と自我は反比例する
    自我が強い人の思考回路
    自尊心の高低はどう表れるか

    第11章 自尊心を左右する六大要因
    第一の要因 利害関係
    第二の要因 自信
    第三の要因 努力
    第四の要因 価値観と信念
    第五の要因 正当化と合理化
    第六の要因 気分

    第12章 自尊心が高い人、高い振りをしている人
    第一の落とし穴 自尊心と自我の混同
    第二の落とし穴 自尊心と自信の混同
    第三の落とし穴 見た目の成功
    第四の落とし穴 謙遜に隠されたいじけ
    第五の落とし穴 自尊心と気分の混同

    第13章 たった一つの自尊心探知機

    第14章 プロファイリングが明かす三種類の人物像

    第15章 実例で身につくプロファイリング技術
    「利害関係」の分類がポイント
    クラスA──結果と自分の利害がからんでいない場合
    クラスAで自尊心が高いと思われる人のプロフィール
    クラスAで自尊心が低いと思われる人のプロフィール
    クラスB──結果が大きく自分の利害とからんでいる場合
    クラスBで自尊心が高いと思われる人のプロフィール
    クラスBで自尊心が低いと思われる人のプロフィール
    【実践】──なぜ、あの人はこんな行動をとるのか?
    【実践】──このとき、誰がどう動くのか?

    読者のみなさんへ
    著者紹介





    著者

    デビッド・J・リーバーマン博士(David J.Lieberman, Ph.D.)
    デビッド・J・リーバーマン博士は、受賞歴もある作家で、人間行動や対人関係に関しては、国際的にも著名な指導者的立場にある。
    六冊の著書は十八か国語に翻訳され、そのうちの二冊は『ニューヨークタイムズ』紙でベストセラーになっている。その中で取り上げられているテクニックは、FBI、海軍、フォーチュン五〇〇企業、二十五カ国以上の政府、法人で利用されている。
    リーバーマン博士は、『トゥデイ・ショー』『フォックス・ニュース』『PBS』『ザ・ビュー』など、二百以上の番組に専門家として招かれ、その研究成果は世界中の雑誌等で発表されている。
    リーバーマン博士は心理学を専門とし、全国各地でさまざまなトピックについての講演やワークショップを行っている。現在、ニュージャージー州在住。

    訳者

    山田仁子(やまだ・じんこ)
    国際基督教大学卒業。米国留学を経て、現在はフリーランスの翻訳家としてビジネス関連、音楽・映像関連の翻訳、出版翻訳を行っている。
    訳書に、『眠りながら奇跡を起こす少女』(ウエイン・W・ダイアー著、三笠書房)、『煙草のささやき』(リチャード・クレイズ著、バジリコ)、『もう二度と死体の指なんかしゃぶりたくない! ―ある鑑識の回想』(デイナ・コールマン著、バジリコ)など。

  • ■心理
    ①人間は恐怖によって引き起こされる刺激から逃れようとする。恐怖を作り出せれば、人間の行動を変えることが可能になる。恐怖に駆られると、人間はだんだんと子供っぽくなり動物的な動機へと逆戻りする。
    ②瞳孔。面白そうだと感じたり、気持ちが高揚すると、瞳孔が拡張し、もっとよく見て情報を収取できるように、より多くの光を取り込もうとする。あまり相手を受け入れる気持ちがなければ、瞳孔は縮小する。
    ③発見とは誰もが目にしているものを見ながら、誰もが考えたことのないことを考えることである。

  • 著者は、デビット氏である。
    誰だ?と思われるかもしれないが、どうやら人間関係や対人関係については、
    著名な人らしい。(自分も知らなかった)

    そして、内容であるが、結論からいうと結構ためになると思うし、
    別にこれらのチェックポイントを暗記しなくても、このように考えれば応用が利く。
    というのは、出来ると思う。

    で、特に親友というか「友人」を図るものさしが記載されていたので、
    参考のために記載しておきたいと思う。
    友人を図る時は、以下を参考にする。

    1.関心:自分に感心があるか。
    2.忠誠心:秘密であるという事を秘密にしてくれるか。
    3.誇り:成功した時に、一緒に喜んでくれるか。
    4.正直:ダメなものはダメと叱ってくれるか。
    5.尊敬:相手を尊敬し、根掘り葉掘り聞く事をしないか。
    6:犠牲:譲歩をしてくれるか。

    以上の6つだ。
    まぁ、この中でも特に友人というか、親しくなれそうなのは、
    1、4、3あたりがキーポイントとなるだろうな。

    意外とここらへんってしないし、されないよなって思う。
    それをしてくれる友人は大切にしようかなってこっちも思う。

    まぁ、上記以外も結構おもしろい内容だったので、
    立ち読み程度にはいいかもしれない。

    以上

全9件中 1 - 9件を表示

とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法を本棚に登録しているひと

ツイートする