ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質

制作 : 望月 衛 
  • ダイヤモンド社
3.79
  • (129)
  • (178)
  • (163)
  • (28)
  • (6)
本棚登録 : 1980
レビュー : 150
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478008881

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • じっくり読むとなかなかいいことも言ってる。
    実は哲学の入門書?

  • 価値観レベルで意識が変わる本。

  • 内容は高度であるものの、エッセイとしては冗長かと。もっとコンパクトな訳文のほうが読みやすいのでは…。上巻よりも、下巻のほうに価値があります。

    巻末の註解と文献一覧は、とても参考になります。

  • ブラックスワンの下巻です。

    この本でちょくちょく取り上げられている、有名な作家らしく、文学史上最大にして、もっとも奇妙な成功を収めた「イェフゲニア・クラスノヴァ」にはやられます。

    面白い。表紙はかっこいいです。

  • 今まで読んだ本の中でもこれ程知的興奮を覚えたことはあっただろうか。経済や統計学の知識があれば作者の考えをもっと深い部分まで読み取ることができたのだろうが、未来が自分たちの想像している以上に複雑だということが理解できただけでも読む価値があったと思う。社会人の方もこれから社会に出る方も読んでおいて損はないビジネス書だと思います。

  • 資料ID: W0159562
    請求記号: 304||N 55||2
    配置場所: 本館2F手動式書架(千葉)

  • あなた自身がブラックスワンだ!!
    に、納得しつつ爆笑

  • 下巻では、黒い白鳥に立ち向かい、黒い白鳥を利用できる方法を提示。

    「地震が起こるオッズはわからないが、起こったらどんなことになるかは想像はできる。意思決定をする時は、確率(これはわからない)よりも影響(これはわかるかもしれない)のほうに焦点を当てるべきなのだ。不確実性の本質はそこにある。」

  • 338.18/2/2 新宿3階
    ※詳細はOPACを検索してください。詳細検索画面でISBNでの検索も可能です。

    下巻まで、読み通せた方はすごい!私は上巻でギブアップしました。

全150件中 91 - 100件を表示

ナシーム・ニコラス・タレブの作品

ツイートする