ふりまわされない~会社、仕事、人間関係がらくになる7つの物語

著者 : 信田さよ子
  • ダイヤモンド社 (2010年9月17日発売)
3.73
  • (7)
  • (14)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :108
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478009314

ふりまわされない~会社、仕事、人間関係がらくになる7つの物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イージーがベスト
    ベネフィットかコストか
    迷わずベネフィットを選ぶ。いくら正しくても損になることはしない、など目から鱗。
    ベネフィットとイージーを選択すると自分の利益になることが増え、ストレスが減る。人間関係で摩擦が減る。なるほど。
    自分に優しくなれると他者にも優しくできるものね。
    ちゃらんぽらんバンザイと思う。

  • 「無理しなくていいんだよ」「楽に生きればいいんだよ」というようなことが、7人の例で物語風に書いてあります。始めは、正直、あまり期待せずに読んでいたのですが、素直に読むといろいろな気づきがあって、非常に良い本だと思います。いろんなことに疲れている人にお薦めです。

  • 7つのケースから人間関係が楽になる方法を学ぶ。力強いお答え。
    ・正しくても損になることはしないでおく
    ・願いをしっかり肯定するとモチベーションは高まる
    ・不安定パワー=これから変えられること

  • 私には役に立たない。紙の精パピルが馴染めない。と思っていたが1年ぶりに読んでみると心がスッキリした。
    大事なポイント
    善悪では無く損得で判断する。正しくても自分の損になることはしない。
    望ましい未来を考える。
    これまででホッとできる体験を思い出す。
    その体験を安心できる場所としてしまつておく。
    人間関係で損をするコストなレンズをかけていないか。
    他人が褒めてくれることを素直に信じるベネフィットなレンズを掛けよう。
    ハツカネズミにならないためにバリューフリー、選択肢は色々ある。
    願い事はふたつより3つが良い。そうすると選択の2ではなくバランスの3になる。
    イエスでもなくノーでもない。ノエスの魔法。
    そうなんだと受け入れる。ノエス。
    迷っているときはとりあえず保留。
    白黒はっきりしないのが自然。不安定はエネルギーがある。
    嫉妬は当たり前。そんな時は嫉妬マンに侵されている。
    嫉妬を願いに変える。相手を恨むのではなく今自分に出来ることに置き換える。

  • 7つの物語を元に、「ふりまわされない」生き方についてヒントを与えてくれる本。
    内容を集約すると、①既存の価値観に縛られない②自分の感情を肯定する③自分の生きやすいように生きる、ということだと思う。
    悩みを抱えた時にまた読み直したい本。

  • この本に出てくる7つの物語全て、自分に思い当たる部分がありました。
    落ち込んだり、悩んだりした時に、また読みたいなと思います。

  • 疲れた時は誰かに甘えること。大切なのは上手にやること、さりげなく、そっと、ひそかに甘える。
    人に助けを借りるのは依存ではない。必要に応じて他人のリソースを借りるのは良いこと。
    迷っている時は無理して決めない。

  • ・自分が世の中を見るときに知らずのうちにかけているめがねに気がつくこと
    ・自分の中に沸き起こる嫌な感情には名前をつけること
    これは自分をコントロールするための基本的なことなのかな

    色々なタイプの人を主人公として書かれていたので感情移入しやすく、分かりやすかった。

  • 物語になっていて読みやすかった。一度目よりも2度目読んだ時の方がすんなりと入ってきた。イージーイズベストがいいということです

  • んー、まあ、おっしゃることはごもっともなんだけど。

全17件中 1 - 10件を表示

ふりまわされない~会社、仕事、人間関係がらくになる7つの物語のその他の作品

ふりまわされない Kindle版 ふりまわされない 信田さよ子

信田さよ子の作品

ふりまわされない~会社、仕事、人間関係がらくになる7つの物語はこんな本です

ふりまわされない~会社、仕事、人間関係がらくになる7つの物語を本棚に登録しているひと

ツイートする