地元の逸品を世界に売り出す仕掛け方―「知る人ぞ知る」を「カネのなる木」に変える

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.67
  • (1)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478009376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 各中小企業とどのように出会って、どのように商品を作って売りだしていったかが事細かに書かれているのでこれから仕掛けたいと思っている人にとっては、単なる手法論で終わっている本より全然参考になる本だと思う。
    タイトルが「世界に売りだす」なのにブランディングのターゲットが首都圏中心であるのは残念だった。

  • 展示期間終了後の配架場所は、開架図書(3階) 請求記号 602.1//A47

  • 地方ブランドの売り出し方。

  • 地元の逸品のブランディングについての体験記。

    実体験に基づくリアルなマーケティングが伝わってきたのが良かった。

  • 「地域ブランドづくり」について知りたいと、購入。
    著者は、サムライ日本プロジェクト・総合プロデューサー。
    http://www.samurai-nippon.jp/

    「サムライ日本プロジェクト」のことは知らなかったが、プロジェクトの経緯を綴った経験談は、参考になるし、読みやすい。

    サブタイトルの“「知る人ぞ知る」を「カネのなる木」に変える”はちょっとヤラシイ感じだけど、「地域の良品を適正な価格で世界に知ってもらうためのブランディング実戦例」を示してくれている。

全6件中 1 - 6件を表示

地元の逸品を世界に売り出す仕掛け方―「知る人ぞ知る」を「カネのなる木」に変えるのその他の作品

安藤竜二の作品

ツイートする