櫻井よしこの憂国―論戦2009

著者 :
  • ダイヤモンド社
4.05
  • (10)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 78
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478009598

作品紹介・あらすじ

誇りを失い、脆弱になり果てた日本よ。いまこそ覚悟を示し、まったき自立国家となれ。沈みゆく日本の活路を開く最新時論集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んでおいて損はない

  • 日本を代表する論客櫻井氏の考え方が分かります。これを読むと如何に学校の授業が民主党が中国共産党が間違がっているか分かります。

  • 「中国国民新党が提供したタングステンがナチスドイツの軍事産業を支えたのです。これによって生み出された軍事力がヨーロッパでのナチスドイツの勢力拡大を可能にした。」

    「1964年から1996年までに東トルキスタンのロプノルで46回の核実験が行われ、少なくとも19万人以上が死亡、129万人以上が被爆したという衝撃の事実が発表された。」

    現在の日本の状況に危機感をもって真正面から取り組む櫻井よしこ氏の激励本。

  • 政治家が危機に転ずる発想を持てず、日本の力を発揮せしめていないのは、何よりも自信が欠けているからだ。日本のリーダたるべき人々に己への自信、日本への自信がなければ問題への対処は逃げの姿勢が基調となり国際社会の激動にも受け身で対応するしかない。

  • 日本の実情(特に外交の問題)を、的確にとらえていると思う。
    少子化については何も語っていないので、それに対する意見も聞いてみたい。

  • 素晴らしすぎて言うことなしっ!!

  • 豪傑櫻井よしこさんの新刊

  • 論戦シリーズ本年度版、ピ4入、大3入、テ3入、高0
    2008年実績、大日10売18入、テラス3売3入
    6/20時点ブックオーダーにて注文可

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

ジャーナリスト

「2017年 『チベット 自由への闘い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

櫻井よしこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
天童 荒太
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

櫻井よしこの憂国―論戦2009を本棚に登録しているひと

ツイートする