なるほど ナットク! ビジネス文書の達人になるためのQ&A41 (なるほどナットク!)

  • ダイヤモンド社
3.46
  • (2)
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478009932

作品紹介・あらすじ

文書・メール作成のお悩み、即解決!誰でも!すぐに!ビジネス文書が上手く書けるようになる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ビジネス文書作成にあたって社会人1~2年目の人向き。初心者にはわかりやすい内容。

  • 【速読】内容は国語力の基礎的分野に及んでおり、たしかにうまく文書をつくれない人ってのは目についたりする、ってそんな私も目につかれてるかもしれん、という自戒を込め、文章を書く上での基本と甘く見ず、読んでみるとつまずくポイントの発見につながります。もし自分に当てはまらなくても、他の方が苦労しているようならば教えて上げやすくなるのではないでしょうか。

  • この歳ではじめて理解したこと。
    ビジネス文書、「箇条書きで体言どめ」。
    周りを見渡せば確かに。
    超絶にハッとし、慌ててこの本を購入した。

    感想。自分のニーズには合致せず。でも細かい一般論が結構補足できた。

    備忘録。
    ・文書の定型パターンは、①状況説明、②状況説明→結論求む、③状況説明→結論を出す、の3つ。
    ・文書を書く目的、読み手を意識して作成。
    ・「の」の連続は以下の置き換えを検討。場所→にある、時→における、対象→について、所有→が所有する。
    ・長い文章は、句点で切るか、接続詞でつなぐ。
    ・一つの文章に自動詞と他動詞わ混ぜない
    ・「れる」「られる」に注意。
    ・読点の打ち方。①主語の後、②重文を分けるとき、③修飾語の明確化用、④接続詞の後
    ・語順。いつ、どこで、誰が、何を、した、とするのが読みやすい。
    ・語順の例外。長い文章は、主語と述語を近付ける。
    ・タイトルは、主題は体言どめ、副題は動詞表現。

  • 基本編、実践編、それぞれに対してのQ&Aがあるため、何が悪くて、どう修正すればよいのかが分かり易かったです。

    文章の書き方は分かるのですが、実践するとなると、いろいろなことを忘れがちだと気づきます。対象は誰か?求めている情報は何か?簡潔な文章になっているか?など、まずはひとつひとつを忘れない様に実践し、さらなるレベルアップへとつなげたい。

  • メールの書き方などわかりにくい文書になることも多く参考になった。文例があるのがいい。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役。早稲田大学グローバルエデュケーションセンター客員教授。英語のほか、ロジカル・コミュニケーション、プレゼンテーション、対人対応トレーニング、交渉術などのビジネス・コミュニケーションの領域で、上場企業、官公庁を中心に1700の会社、団体でのセミナー講師、コンサルタントとしての指導実績を持つ。また東京大学、京都大学、一橋大学でも教鞭を執る。

「2018年 『面白いほど役に立つ 図解 超一流の時間力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安田正の作品

なるほど ナットク! ビジネス文書の達人になるためのQ&A41 (なるほどナットク!)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×