マンガFX入門

制作 : 野村 雅道  野村 雅道  武井 宏文 
  • ダイヤモンド社
3.04
  • (0)
  • (6)
  • (15)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :66
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478011362

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分の投資目的、手法、期間を考えよう

  •  分かるのとそれをやれるのとでは大違い。自動車運転方法を本で学んで覚えても、明日からすぐに路上で運転できっこない。路上にでたとたん事故ること間違いなし。一番理想なのは、教習所で先生について、実際に運転練習することに尽きる。FXで先生と呼ばれるひとは多いけど、信頼できるかどうかの判断は難しそう(嗤

  • FXとはなんぞや?レベルでもそれなりにわかりました。

    ちょっと古いので、基礎的なことを知るのみですね。

  • マンガで入門ということもあって、知識ゼロの私でも最後まで読めるだろうと思い挑んだが、難しかった。ほんとこれ入門?
    きっと基本の基本を教えてくれてるのだろうけど、専門用語も多くてついていけなかったのが正直な感想。これから頑張って勉強しますわ。

  • 読みやすいマンガではあるけれど、いろいろ複雑な専門用語が合って、わかりにくい面も。これを読んだからといって、FXに挑戦しようという気にはなれなかったな。

    つねにPCやスマホで海外の情勢をチェックしているというのは、経済通にはなれるかもしれないから、お金にこころが囚われているように感じるから。主人公が資金繰りの悪い会社の娘でという設定でのFX参戦で小遣い稼ぎというのも、一歩間違うと大損する可能性もあるかも、と。まあ、リスクをとれる人にはおすすめ。

  • 大学生の息子が「先輩がFXで1000万、儲けたらしいよ」と言っていました。
    FXってなんだろう?
    勉強するために読みました。


    FXは、レバレッジをかけた積極的な取引きをしなければ、外貨預金のようなものだとわかりました。
    でも、本当に1000万円も儲かるの?

  • これ一冊ですべてを知るのは無理だけど、初心者故に参考になる考え方がいくつもあった。
    はじめてそんなに時間が経っていないけれど、「波に乗る」という本書のたとえはまさにそのとおり、と実感しているところ。

    ・外為は価格変動が株ほど実は大きくない
    ・プラザ合意に起こったこと、為替は国家に操作が大変な火遊び
    ・年間15~20%のリターンを求める
    ・現在は金融危機対応優先で金利は下がるが、落ち着いてくれば経常収支が意識されて金利があがるかも?
    ・エントリーは意外に気楽でおk、損切は1日で稼げる平均額の3倍
    ・東京・ロンドン・NY市場それぞれの特徴
    ・連休明けと週末、5とびは米ドル買われる傾向多い
    ・2・5・8・11月はドル売り多め
    ・12月、3月末前後は資金移動がおこりやすい
    ・歴史の中では大波が何度もあった

  • FXとは何ぞやと思いちょこっと調べたいと思って、
    本屋でたまたま見つけた本☆


    タイトル通り、漫画形式なので、
    基本的な仕組み、特に儲けの仕組み、損の仕組みが分かる
    FXに興味がある人、これから実際にFXをやろうとする人は
    一度読んで、気温的知識を身につけるにはちょうどいいと本


    ただ、基本的な仕組みの紹介なので、
    テクニカルな分析などは、他の本を読む必要がある

  • FXがどういうものか分かりやすくまとめられていて、色々参考になった。繰り返して読めば実際の取引もなんとかできそうな気がする。

  • FXをマンガで紹介した一冊。
    マンガのため、読みやすい。

全12件中 1 - 10件を表示

マンガFX入門のその他の作品

マンガFX入門 Kindle版 マンガFX入門 古井一匡〈原作〉

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
デイル ドーテン
村上 春樹
ロバート キヨサ...
村上 春樹
スティーブ・シー...
佐々木 圭一
ヴィクトール・E...
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする