絶対内定2011 面接

  • 27人登録
  • 3.92評価
    • (4)
    • (4)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
  • ダイヤモンド社 (2009年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478011607

絶対内定2011 面接の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【推薦文】
    大学生協で一番売れてる就活本。100のワークシートで夢、やりたいことなどを自己分析していく。

    就活に向けてスタートを切ろうとしている方にお勧めの1冊!!
    (推薦者:物理情報システム専攻 M2)

    【配架場所】
    すずかけ台:2F-ペリパトス文庫 377.9/Su/2011

  • 我究館という人材育成コンサルティング会社の会長を務める杉村太郎氏による面接対策書。
    本書はちまたに蔓延るテクニックに終始した対策本とは一線を画する。

    本書において私がオススメする部分を引用する。

    ●面接では、「内定したい」「入社したい」という気持ちを前面に出さない。
    ●子供のように「あれがやりたい」「これがやりたい」と面接では言わない
    ●面接は減点法。落されうる要素を徹底的に排除する、という考え方で準備する。
    ●面接では、単に仕事ができるかだけではなく、人間性が見られている。
    ●ありのままの自分を出そうとしない。
    ●アピールとは、自分で伝えることではなく、相手に「感じさせる」こと。
    ●やる気があるからこそ、声のトーンは低く。
    ●面接では全てを出すな。もっと奥深い存在であることを相手に悟らせろ。
    ●面接ではとにかく良い靴を履け。


    もうお気づきの方も多いかと思うが、本書は一見すると危うい内容である。
    なぜならば、ちまたの面接対策書とは書いてある内容が正反対であることが多いからである。
    そういったテクニックに終始した面接対策書は、物事の表層部しか捉えておらず、本質をとらえていない読者がそれを読んでしまうと、往々にして就活病にかかってしまう。
    就活病とは、あまりにも多すぎる就活情報、ウワサに流され、本質を見失い、自分というものがわからなくなってしまうという、冬頃になると就活生の間に蔓延する病気である。(季節性インフルエンザと感染拡大時期が被っているのは、泣きっ面に蜂である)

    ではなぜこういった就活病が流行ってしまうのか。
    その答えは一つである。
    それは多くの就活生が「自分」を持っていないからである。
    いや、正確にいえば、これまで「自分」というものについて考えて生きてこなかったからである。
    ただ漫然と毎日を生きてきたのである。

    就活を始めると、「自己分析」なる言葉を聞くことが多くなる。
    これは「自分」とは何なのか、ということを分析してみよう、というものである。
    最近よく耳にした「自分探しの旅」の就活バージョンである。
    そして自己分析につまずく人が就活生では圧倒的に多いのである。
    これは恐らく日本特有のことである。
    自己主張を教育方針に掲げるアメリカや欧米においては、自己分析なる言葉がこれ程まで叫ばれることはないだろう。
    日本におけるこの状況はハッキリいって危機的状況である。

    冷静に考えていただきたい。
    「自分」がどういったものか分からずに今まで生きてきたのならば、私は今まで誰であったのか。
    私は人生という舞台において、一体だれの役を演じてきたのか。
    舞台の終わりに名前さえ紹介されないエキストラとして人生という舞台を生きてきたのか。
    それではあまりにも悲しい。

    人の価値とは、今まで生きてきた人生で決まるのである。
    つまり自己分析という行為は、言うまでもなく「現在」のあなたを知るために「過去」のあなたを分析する行為なのである。
    つまり、今の私はもう今の私でしかなく、そのことを今頃悔やんでも遅い。
    就活という茶番劇において判決が下されるまで残された時間はわずか数カ月。
    数ヵ月後には、これからの数カ月は私にとっての過去となり、その過去は私自身へと変化する。

    我々就活生に残された時間はもう少ない。
    就活という茶番劇において、主役を演じ切れるか。
    それが、試される。

全2件中 1 - 2件を表示

杉村太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トニー・ブザン
フィリップ・マグ...
堀江 貴文
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

絶対内定2011 面接はこんな本です

ツイートする