「まじアポ」を確実に!90秒テレアポ営業術―ゆるアポ、かすアポ、すっぽかしは、もうゴメン!

著者 : 吉野真由美
  • ダイヤモンド社 (2009年9月18日発売)
3.57
  • (4)
  • (6)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :66
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478011768

「まじアポ」を確実に!90秒テレアポ営業術―ゆるアポ、かすアポ、すっぽかしは、もうゴメン!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • テレアポのバイブル的な本。営業リストの選定基準や法人、個人の顧客への電話のかけ方。メリットの伝え方、アポの誘い方など。

  • 凄い!忠実に実行したら成果UP!

  • 実践に繋がりますように。他のも色々かじって、意識を高めないと。

  • いいアポが取れるテレアポとは。
    具体例を交えながら、どうトークスクリプトを組み立てる化を実践的に解説。

    営業職に移って5ヶ月が経つが、よく考えたらテレアポのやり方って誰にも教わっていない。我流でやっていて、その日の自分自身の調子に左右される部分が大きいことに危機感を覚えてひとつ手に取ってみた。

    感想としては、かなり分かりやすいし納得性も高い。
    メリットを盛り込む、悩みズボシ(要するに課題)を盛り込むなど、普段から実践しようとしていることが明文化されていて頭の整理にもなったし、責任者を読んでもらう、当日中・遅くとも3日以内の日時設定をするなど、初めて知る手法も多くあり勉強になった。

    中には「ちょっと強引?」と思うような部分もあるが、大体において王道な手法である気がするし、実践に落とし込むことを重視した構成もよく、テレアポのテクニック本として最初に手に取る本としては悪くなかったように思う。

  • ■営業
    ①3回断られるまでは切り返す。
    ②自分は何者で、相手の会社にどんなことをしてあげられるのか?を数字を含めて明確に伝えると、怖いものなし。 
    ③へたアポ:1.トークが長い。 2.専門用語を使う。 3.自社商品の説明をしたがる。
    ④受けつけをなめるな:受け付けは、自社にメリットがあるか?おかしな人ではないか?のスクリーニングをしている。
    ⑤テレアポが成功する2つの条件:電話を掛ける企業リストの選定が正しい。テレアポのトークスクリプトが十分な出来である。
    ⑥コンタクする客は担当者ではなく、責任者か社長。
    ⑦潜在客:漠然と考えているものの、自分からは行動を起こさない。
    ⑧テレアポは恋のきっかけと一緒

  • 人によってその抵抗の壁の高さや厚みはあるかもしれません。

    電話での営業の第一歩のやり方の紹介が
    具体的で「試してみること」が小さく一杯ある。

    根本は、自分が提供する
    サービスや商品への信頼があるところから始まりますが、
    捉え方の心の壁についても
    吉野さんの実体験の言葉から
    「もう一歩!もう少しやってみよう!」
    なんてところにつながることもありそうです。

    そして、
    電話だけでなく名刺交換のときの一言PRであったり、
    「どんなお仕事で?」とか「今何しているの?」なんていう
    何気ない出会いからの「最初の一言」をもつ視点づくりに役立ちそうです。

    吉野さんのイメージしやすい言葉で
    ポイントごとに視覚的にまとめがあって
    わかりやすい!

    テレアポのためのみならず
    セルフイメージ構築につながるのでは?
    なんて思う一冊。

全6件中 1 - 6件を表示

「まじアポ」を確実に!90秒テレアポ営業術―ゆるアポ、かすアポ、すっぽかしは、もうゴメン!のその他の作品

吉野真由美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

「まじアポ」を確実に!90秒テレアポ営業術―ゆるアポ、かすアポ、すっぽかしは、もうゴメン!はこんな本です

ツイートする