もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.59
  • (1728)
  • (3559)
  • (3020)
  • (860)
  • (289)
本棚登録 : 22457
レビュー : 3966
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478012031

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女子高生みなみが、公立高校野球部のマネージャーになったことから話ははじまり。
    「マネージャーって何?」
    と思ったことからドラッカーって人が書いた『マネジメント』を購入。
    それをもとに野球部を強くしていくため、
    それこそ「マネジメント」していく・・
    そんなストーリー。
    ドラッカーの『マネジメント』をみなみの野球部改革になぞらえて、
    解説してくれてる1冊です。


    めっちゃおもしろかった。
    あっという間に読破。
    このままいくと・・・
    買っちゃうかもぉ、ドラッカーの『マネジメント』

    この本を書いた岩崎さん。
    あのおニャンコクラブとかAKB48を作り出した秋元さんに師事。
    AKB48のプロデュースのお手伝いもしてたみたい。
    仕事に関わらず・・
    日常生活のなかでドラッカーの『マネジメント』に書かれていることは必要なことではないかって。
    それでこの『もしドラ』を書いたとか。
    確かに・・ 日常生活のなかのふとした場面で『マネジメント』に書かれてる言葉を思い出したら 役立つことがあるかもしれない。
    少なくてとも・・・いろんな形、人数・・・大なり小なりのコミュニティでできてる社会だから、人の集合体のなか、組織のなかで役立つことがたくさん盛り込まれてる気がします。
    ビジネス書だけど。
    すっごい読みやすい1冊です。

  • これをきっかけにドラッカーの本を買ってみたら、予想以上に難しかった。

  • ちゃんと、小説として面白かった。

  • 「野球をナメてるのかな」と思わないでもないが、高校野球は日本人にはとっつき易い題材だし、入門書としてはありなんだろう。しかし、表紙絵も含め、大の大人が読む本ではないな。家人が借りてきたまま放置されてたので、手に取ってはみたものの。

  • 思った以上に面白く、ドラッカーの本を読みなおしたくなった。

  • ベストセラーで、1年かけて待ったのだからと敢えて購入しなかった本がやっと手元にやってきた。AKB絡みかとあえて映画やドラマ観ずにいたが、内容はマネジメント書で、一気に読めて凄く感動した。
    主人公のみなみの様に甲子園を夢みてきた少女時代だったから余計に楽しませてもらったかも。仕事に応用すべくドラッカー著の「マネジメント」、是非読みたくなりました。

  • 本家ドラッカーとは全然関係ないが、、
    最後はホロリと^^;

  • ドラッガーのことが、とってもわかりやすい例えで書かれていました。何かレボリューションを起こさないと、と。とても勉強になりました。

  • 薦められて読んでみましたが、マネジメントをわかりやすく解説してあるのはとても良かったのですが、最後のストーリー性が要らないのではと正直思いました。

  • 「総合」分野第8位

全3966件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

岩崎 夏海(イワサキ ナツミ)
作家
1968年生まれ。東京都日野市出身。東京藝術大学建築科卒。大学卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。
放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』等、テレビ番組の制作に参加。その後、アイドルグループAKB48のプロデュースなどにも携わる。
2009年12月、初めての作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』を著す。
近著として『エースの系譜』『宇宙って面白いの?』(講談社)、『小説の読み方の教科書』(潮出版社)、『チャボとウサギの事件』(文藝春秋)、『まずいラーメン屋はどこへ消えた?』(小学館)、『部屋を活かせば人生が変わる』(部屋を考える会著、夜間飛行)がある。

「2014年 『『もしドラ』はなぜ売れたのか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらのその他の作品

岩崎夏海の作品

ツイートする