プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策

  • 924人登録
  • 3.32評価
    • (31)
    • (75)
    • (108)
    • (37)
    • (9)
  • 96レビュー
著者 : 田島弓子
  • ダイヤモンド社 (2010年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478012116

作品紹介

プレイングマネジャーのコミュニケーションは、「人づき合いのスキル」ではありません。人を動かして結果を出せる人間になるための「業務志向型コミュニケーション」です。日々の業務に追われている多忙なマネジャーほど、その効果を実感できる58のアイデアを紹介します。

プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本に限らずビジネス書でよく仕組み化という言葉が出てくるが、イマイチ理解できていなかった。仕組みというと何もしなくてもそれがあれば自動で動くシステムやルールをイメージしていたからだ。読みながら気付いたが、仕組み化とは作業のやり方を定型化することだ。論文やプレゼンに型があるように、マネージャー業務にも型があるというのが本書の主張だ。だからこそ型を身に付けることで人柄性格に依らずコミュニケーション力を高めることは可能といっている。
    仕組み化の具体例としては、1. Aさんに困っていることないか聞く/Bさんに声かける、といった対人コミュニケーションをToDoに載せる。こうすることでコミュニケーション実施が見える化されて意識的になる。2. 部下のスケジュールをメモしリマインドする。これによりPJT全体のスケジュール遅延を防げる。3. Outlookなどでスケジュールをオープンにする。部下が見た時に何が起こっているか共有できる等々、マネージャー業務に当たっている人にはヒントになるかもしれない。仕組み化の他には部下や上司に対して効果的にコミュニケーションをとれるフレーズ、苦手な相手とのコミュニケーション方法の例題が載っており、全部で58の具体策により構成されている。
    本文中にもあるが、これらのフレーズはそのまま使っても響かないように思うので、真意を汲んで自分流を編み出したいところだ。なおタイトルにはプレイングマネージャーとあるが、それ特有の問題は少ないように感じた。よく言えばそれだけ汎用的な内容になっているということか。

  • 上司が普段何気なくやっていたことをこの本読んでこういう理屈があるのだなと理解した

  • 中間管理職の教科書とも言える本書。上司であり部下である人の立場の本。
    内容はコミュニケーションのコツや、スタンスについてであり、すぐに実践できる内容で実入りも多かった。
    マネジャー初心者におすすめしたい。

  • ・「最近どう?」
    →いつでも気にかけているし、いつでも話を聞きに来てくれていいのだ、という空気醸成

    ・話しかけられたら「良い話?悪い話?」
    →悪い話をしてもいいんだな、と思わせる

    ・トラブルが起きた部下が相談に来た場合「でも、お客様のことを一番知っているのはあなただからね」

    ・やりにくい相手ほど相談する形式で
    →「今回の販売キャンペーンですが、まずこのプランをレビュー頂けますでしょうか?
    できらば今回はこのやり方で協力を願いたいと思っていて、そのためにまず●●さんの意見を頂きたいと思っています」

    ・さりげなく断る方法。直球で伝えるのはダメ(これが不得意)
    →Fixしている内容に上司からこれに変更できないか?と言われたら
    「そんなに良いなら検討してみます」と一旦持ち帰る
    →後日「スケジュール的に無理でした」と説明しても上司は本意を理解した上でのNGなのでやむをえなかったと引き下がってくれる(顔を立ててくれた)

    ・相手が感情的になっているときは本音を聞き出すチャンス
    →全て聞き出したうえで「検討させてください」と引き下がる

  • 自分が動きつつも部下を見るためのハウツー。
    中身は実践的な小技集なので、どれだけ
    自分に腹落ちした状態で使いこなせるか。

  • 久しぶりにビジネス書を読んだ。本文中には重要と思われる個所に網掛けが施してあり、読みやすさに配慮されている。逆にそれほど読解力を使わなくても済むような工夫が新鮮だった。内容としては、職場におけるコミュニケーションを円滑にするための58のコツが紹介されている。管理職でなくとも身につけておくべき基本的な事柄が多いと感じた。もちろん、その中にはシチュエーションによっては、使いにくいものもあるので、好みとケースによって取捨選択し、自ずと口から出てきそうなものを取り入れればよいだろう。個人的には特に㉙番の仕組化の章で、「コミュニケーションのto doリスト」が紹介されているがとても参考になった。業務や作業以外に、コミュニケーションもその対象にする発想が新鮮だった。「人間関係のストレスというモヤモヤを、タスク処理できるようになる」(p.105)という効用があるという。その他の事柄は下の引用のとおり。近年は、本書でいうところのシマウマ的な行動を心がけていたので、その効用が明瞭になり勇気づけられた。

  • 人を動かして結果を出す、チームで大きな課題に取り組むことは、ビジネスパーソンとして成長するために欠かせないプロセス
    業務責任を果たすため、親しさよりもビジネス上の信頼を築くことが大切
    解きほぐしの注意点として、イライラせず、部下の気付きをアクションにつなげる
    ビジネスコミュニケーションとは自分の言いたいことを伝えるためのツールではなく、あくまで仕事の目標達成のためのツール

  • 必要なのはコミニュケーション。
    そしてプレイングマネジャーの役割を自覚すること。
    時にはそれを演じる必要がある。

    右も左も分からない状態であれば読んでみる価値あり。

  • "「自分一人だけで回せる仕事」は遅かれ早かれ終焉を迎えるのです"

  • 根回し調整、コミュニケーション、認識合わせ、目的・目標の共有・・・

    なんていうか、やっぱどれもこの話が出てくるってことは、基本これなんですね、という感じです。

    中間管理職の方のための本。

    自分に当てはまるダメパターンもありで、少しずつ直していくしかないな・・・と思う次第。

    この本は結構大きい企業の場合になるのかな。小さい企業とかだと違うのだろうか・・・


    作業してもらう人に必要性を説いて、認識共有するのは大事ですね、と。

全96件中 1 - 10件を表示

プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策のその他の作品

田島弓子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 和成
レオ・バボータ
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策を本棚に登録しているひと

ツイートする