つい、相手も話す気になる! 「聞き出す」技術

著者 :
  • ダイヤモンド社
2.70
  • (0)
  • (1)
  • (18)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 65
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478012147

作品紹介・あらすじ

上手に「聞く」だけでは、相手が話してくれるとは限らない。言いたくないことまで言わせてしまう、心理テクニック。数多くの企業で「聞く技術」研修を行ってきたビジネス心理学のプロが教える、ビジネスでも日常生活でも使える、信頼関係を壊さずに、相手の話したくない話題を引き出すスキル。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上手に「聞く」だけでは、相手が話してくれるとは限らない! ビジネス心理学のプロが、信頼関係を壊さずに、相手の心の奥底にあるホンネやニーズを引き出す方法を紹介する。

    プロローグ なぜ「聞き出す技術」が必要なのか
    1章 相手が「話してくれない」のには理由がある
    2章 相手から話を聞き出すには、雰囲気づくりで9割が決まる!
    3章 つい話したくなるしぐさ、話す気がなくなるしぐさ
    4章 話す気にさせるかどうかは、「コメント力」にかかっている!
    5章 「質問力」を徹底的に磨け!

  • 明日から、いろんな方にインタビューするってことで
    こわくて、あせって、大急ぎで読んだ。
    (2時間くらいで読める)

    ま、私みたいな初心者にはちょうどよい
    「インタビューの心得」かなー。
    質問の具体的な技術はあんまりのってないから
    上級者には物足りないでしょう。

    でも、確かに当たり前のことばかり書いてあったけど
    きちんと文章で読んで、頭を整理することは大事だと
    最近わかってきたので、自分としてはよし。
    何度も読んで、ひとつでも実践できるようにしたい。

    キーワード
    「まず自分を開示する」
    「世間話はポジティブな話題を」
    「線ではなく、面の質問を」
    「Yes、Butの法則(まず受け入れてから反論する)」
    「愚直に、素直に、感謝の気持ちを伝える」

  • コミュニケーションのKFCの紹介
    Know:目的をしっかり知る
    Feedback:コミュニケーションを知りながら、それが目的に沿っているかを評価分析する
    Change:目的からはずれたら、すかさず本来の目的に方向性を変える。
    コメント力
    アポ時には、聞きたい内容と理由を明示する。
    「いや」「でも」「しかし」はご法度→Yes(×3回以上)、But法
    質問力
    大きな質問と小さな質問を使い分ける。小さな質問の方が答えやすい。
    ホープフルクエッチョン:~ステキと思いませんか?相手をその気にさせるメリットがあるが、本音を封じ込めるデメリットがある。
    ネガティブクエッチョン:不満な点を一つ教えてください。
    メリット:本音を聞きやすい デメリット:ネガティブな要素を思いつかせてしまう。
    ニュートラルクエッチョン:ポジティブ、ネガティブ両方を聞く。

  • 聞き出したい相手がいる必要がある。出来ていること、出来ていないこと、やってはいけないことをやっていたり、気付きはあった。

  • 会社で学んでいる以上のことが書かれていない。 
    基本の基本としてはよいかも。

  • とにかく、聞き出すコツは、どれだけあなたの話を聞きたいか!その想いをしっかり伝えること。
    言い方ひとつで、引き出せたり、そうでなかったり。
    いろんなフレーズは参考になった。
    あとは、実戦あるのみ!

  • ネガティブワード
    いや、でも、しかし、だけど、いやだから、

    など、つい使ってしまいがちだが、意識して使わないようにしようと思う。

    書いてある内容は、聞くスキルとして基本的なことで、印象に残ること話。

  • 参考にさせていただきま^^
    なるほどねって感じなので、まぁ買ってまでは良いかなって感じ。

  • 営業だけど、お客さんのところでのヒアリング不足を感じるので読んでみた!
    でも、そう目新しいことは書いてなく、あたりまえのことが書いてあった。
    まぁ、当たり前のことができていないから駄目なんだろうけど。。。

  • (S)
     ビジネスのあらゆる場面、ひいては人生において「聞く技術」が重要だと筆者は説く。
     ビジネスの世界では、自分が聞きたいことを相手が素直に話してくれる訳でもないし、相手が話したがらない内容についても聞かなければいけない場面がたくさんある。そんな場面でも、「聞く技術」を発揮するためには、一段上のスキルである「聞き出す技術」が必要になると主張されている。
     聞き出す技術として、相手が話さない理由、話したくなる雰囲気作り、話す気にさせる仕草、コメント力、質問力と言った項目をとりあげる。
     人間の心理やNLPといった切り口から分かりやすい解説と例が書かれていて読みやすい。「聞く」と「聞き出す」を分けて考えた発想も面白い。
     こういったコミュニケーション本はたくさんあるが、どの本にもトレーニングの仕方が書いていないのが残念。書いてある内容は理解できるけど、それがサッとできるようになるためにどんな訓練をしたら良いのかが書かれているともっと評価が上がる。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

心理学者、東京心理コンサルティング代表

「2014年 『「中途ハンパ」は必ず直る!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

つい、相手も話す気になる! 「聞き出す」技術のその他の作品

伊東明の作品

ツイートする