ビジョナリー・リーダー―自らのビジョンを確立し、組織の成果を最大化する

著者 : 北垣武文
  • ダイヤモンド社 (2010年3月12日発売)
3.70
  • (6)
  • (15)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :99
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478013021

作品紹介

「3つの輪」のフレームワークで、周囲を巻き込む強力なビジョンを創る。もはや組織目標だけでは人は動かない。ネットワーク型社会で価値を創出する新たなリーダーシップ論。

ビジョナリー・リーダー―自らのビジョンを確立し、組織の成果を最大化するの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『満足要因は達成、表彰、仕事自体、責任、成長/不満足要因は衛生要因、つまり組織方針、管理監督方法、対人関係、作業条件、給与』
    『過剰な中途介入は元も子も無くなる。まずは話し合いを』

  • 意思や未来像として、どうありたいか?からビジョンを創り上げる。それだけのことだが、重要であることは確かである。

  • 納得ポイント
    優秀なリーダー=マネジメントテクニックに長けている人、ではない。方向性(ビジョン)を明示し、周囲に共有し、達成に向けてリソースを巻き込み前進して行く人。周囲をマネジメント(管理)するのではなく、強いビジョンに導かれた周囲に手伝いたいと思わせる人。
    管理だけでは人はアガらない、続かない、方向を見誤る。揺るがない、人が共感できる明確なビジョンを自分の本当にやりたいことに立ち返って設定する。発信する。し続ける。
    自分の本質と目の前の業務ミッションを結び付けることが難しく仕事は仕事(義務)、と考えがち。ただ人の本質、何に喜びを得るかは変わらない。WillとCanとMustの連携。目の前のミッション(Must)から検討を始めない。まずWillありき。そのためには自分の振り返り、掘り起こしが必要。
    Keyword
    エンパワーメント、サーバント リーダーシップ
    Memo
    やりたい仕事とWillのリンク付け。そこから現業での道探し.

  • will -> can -> must
    時代の変化 マネジメントからリーダーシップ

    ビジョンの作り方
    今何をなぜしたい
    自分史
    20年後の自分との対話

    良いビジョン、悪いビジョン

    階層型からネットワーク型の組織
    エンパワーメントのプロセス、注意点

  • スキルも大事だけど、まずは心の中に確固たるビジョン。
    目の前の業務をこなすだけでは楽しくない。メンバーと同じ方向を向き、業務に取り組むことが価値を作り出す。最近、多くの方々と接するようになって実感できる。

  • 私が通っていたビジネススクールで、同じクラスを受講
    していた仲間の1人に、舩木さんというお医者さんが
    います。経営大学院の先輩なのですが、まだ30代前半。
    医者でありながら経営を学んでいる理由は、自らが在宅
    クリニックの経営者であるから。
    そんな舩木さんが本書に紹介されています。

    高齢者が安心して暮らせる医療モデルを作りたい、
    という使命感で、起業されたそうです。
    この本にも書いてありますが、上記の志から想像
    されるバイタリティ溢れる熱血漢みたいなイメージ
    とは異なり、ご本人とても物静かで穏やかな方です。
    どちらかと言うと目立つタイプの方ではないのですが、
    自らの意志と行動力で、”想い”を実現されていることは
    凄いなぁと思います。

    舩木さんのように、リーダーは想いを込めたビジョンを
    持たねばならない、と著者は指摘しています。
    「Want」「Must」「Can」のフレームワークについても
    独自の解釈がありました。「Want」を「Will」=リーダー
    の想い・ビジョン、と置き換えたうえで、「ビジョンの
    ピラミッドモデル」という三角形を描いています。
    一番上に「Will」、その下に「Can」、底辺に「Must」
    を位置づけたピラミッド。まずwillがあり、その実現の
    ために遂行能力であるCanを磨き、環境からの要請で
    あるMustに応えていくという、ビジョン構成プロセス
    を示したもの。
    この解説は、個人的にかなり腹落ちしました。

    どうやったら揺るぎないWillを持ち得るか、という
    ヒントも紹介しています。自分にとって「在りたい姿」
    を探求し、それに忠実なWillを明確化していく、
    そのために、過去・現在・未来の自分と向き合い、
    自分が最も喜びや充実を感じられること・実現したい
    ことを確認することが有効だそうです。
    以前紹介した「個性化」「自己実現」概念と同じですね。

    この本に、こんな一文があります。

     リーダーにとってのビジョンは、「やらねばならない
     こと」という義務的な側面だけではなく、「心から
     その実現を望むこと」という強い意志により支えられて
     いる。

    こうした強いビジョンをもった人の講話を聞いたり対話
    すると、とても心が揺さぶられますよね。

  • ビジョンをなし得るためには他者を巻き込む必要があり、そのビジョンが他者の共感を得る事により、リーダーが誕生する。Will→Can→Mustの順番を頭に叩き込みたい。
    忙殺されがちだけど、大切な概念で、繁忙期にこそ読むべき本。
    まずは、自分のビジョン形成から始めます。

  • リーダーシップの発揮にはビジョンが大切であるということ。
    読みやすく、腹落ち感はあるが、きれいごとのような気がする。
    リーダーシップを発揮するには、スキル的な要素も必要なんだと思う。ビジョンももちろん大切ではあるが、全てはバランスである。

  • リーダーシップとマネジメントには、①課題の特定、②課題達成を可能にする人的ネットワークの構築、③実際に課題を達成させる、という3つの共通点があるが、手法が異なる。リーダーシップにおける方法論は、「方針の決定」「心の統合」「動機付けと啓発」。近日リーダーシップが求められるのは、社会組織がフラット化し、個人の関係性で社会が成りたつという複雑系の組織が増えているため。以上を踏まえたうえで、著者の主な主張は下記の通り。

    ・want→can→mustというフレームワーク。これらがすべて重なりあう点で勝負する。
    ・wantは、be(ありたい姿)→do(やりたいこと)と分解する。
    ・いずれにしても、まずwillがあってこそのリーダーシップ。
    ・よいビジョン:①contribuite、②curiosity(あくなき好奇心)
    ・ビジョンを達成するためのエンパワーメント:what型 or How型
    ・エンパワーメントのプロセス:【事前フェーズ】①相手の見極め、②ビジョンの共有、③課題の設定、【実行フェーズ】④サポート、⑤事後の振り返り

  • P16 「リーダーシップとは、集団に目標達成を促すよう影響を与える能力である」
    P30 リーダーシップを発揮するためには、その人が優秀かどうかではなく、自分自身が深くコミットできるようなビジョンを明確にできているかどうかである。
    P128 
    ① 過去の自分  印象に残る経験を年表に列挙。なぜそれが印象に残ったのか、それらが価値観の形成にどのような影響を与えたのか。
    ② 現在の自分  価値観の分析。重要なのは、なぜそのようなことを大切にするのかを掘り下げていくことだ。
    ③ 未来の自分  1年や2年といった想像がつく未来ではなく、10年、20年後に自分がどうありたいのかをイメージする。どう死にたいかも重要な想像となる。

全14件中 1 - 10件を表示

ビジョナリー・リーダー―自らのビジョンを確立し、組織の成果を最大化するのその他の作品

ビジョナリー・リーダー Kindle版 ビジョナリー・リーダー 北垣武文

北垣武文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームス W....
ジェームズ アレ...
ロンダ・バーン
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

ビジョナリー・リーダー―自らのビジョンを確立し、組織の成果を最大化するはこんな本です

ビジョナリー・リーダー―自らのビジョンを確立し、組織の成果を最大化するを本棚に登録しているひと

ツイートする