ネオ・デジタルネイティブの誕生―日本独自の進化を遂げるネット世代

  • ダイヤモンド社
2.94
  • (0)
  • (13)
  • (25)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 161
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478013113

作品紹介・あらすじ

「レポートも報告もケータイメールで」「広い世界よりも身近な"世間"とつながりたい」「頑張るのはイタい」…、誕生しつつある"非常識"な若者の謎。東大教授と電通マンが解き明かす、若者の意識と行動。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 悲しいのは自分がこのどちらの世代にも当てはまらないことだ。今の若い人(20代) 達は最近凄くしっかりしていて逞しいように感じる。自分の20代と比較して雲泥の差だ。
    ただこの本はなんか軽薄と言うか内容が薄く感じてしまうのは何故だろう。電通だからかな。TVを過大評価している印象もある。

  • 本書のテーマは、デジタルネイティブ(76世代・PCインターネット)からネオ・デジタルネイティブ(86世代・携帯インターネット)へシフトしていっているということなのだが、普段からソーシャルメディアを活用している立場から見ると、PCから携帯へのシフト、テレビと携帯の親和性、個人と個人のつながり、リアル性、テキストから動画へのシフト等、ソーシャルメディア上や類似書で既出の内容が多く、あえて本書を読む必要がなかった(ソーシャルメディアを利用したことのない40代以上のビジネスパーソンには、入門書としてよいかもしれない。)

    「一般的信頼」という概念は今まで聞いたことがなかったので、参考になった。

  • 図書館

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784478013113

  • デジタルネイティブのその先のネオ・デジタルネイティブが、デジタルネイティブとはずいぶんと違うことがわかりました。

  • デジタルネイティブからさらに下の世代を知るためには、分析データが役立つ。世代間の溝やズレをデータと世代が育った背景をもとに解説。なるほどそうなのか、と納得。76,86,96それぞれの世代の特徴を知ると、つきあい方がわかってくるような気がする。
    デジタルネイティブではない世代に役立つ世代間の知識。

  •  テレビを見ながら携帯でやりとりをする実態など、いろいろと研究のヒントになりそうなことは書かれているが、電通が一般向けに書いた本なので、グラフは多いものの数値が示されていないので卒論に直接使うことは難しいであろう。これを読んで卒論のアイディアが見つかったら橋元良明の本にもどってデーターをよく見ることが必要であろう。コンビニで売っている雑誌記事よりはまとまっているというぐらいの気持ちで気長に読む流す本で、文献としては卒論には載せないほうがいいような本である。

  • これからの若者を知るにあたって読んだ書籍です.

    これまでの若者についてはよく書かれていました.
    しかし,これからの若者については情報不足でした...

    しかし,情報環境の変化が与える影響は大きそうです.それはこれかも継続して影響を及ぼしそうでもあります.


    【情報環境の発展と…】
    各世代での情報機器に対するイメージが違う

    (背景)
    ・70年代生まれは,情報化社会に突入した時期にあり,PCがすばらしい機器として持ち上げられていた
    ・80年代生まれは,PCといった環境が既に形成されており,身近な存在として携帯が一気に普及した時期であった.

    (PCについて)
    70年代生まれは,くつろぎ,癒し,書く道具,世界とつながる
    80年代生まれは,立ち上がりが面倒,プライバシーが不安,ケータイで書いた内容の確認

    (ケータイについて)
    70年代生まれは,メール,情報取得,画面が過小
    80年代生まれは,書く道具,身近とつながる,通話回帰

    (テレビについて)
    70年代生まれは,VOD的視聴,関心外情報を入手するもの
    80年代生まれは,テレビ回帰傾向,ケータイで絡んで参加するもの


    70年代生まれの価値観:「自分流」

    80年代生まれの価値観:「調和型」

    90年生まれの価値観:「即時性追求志向」
    「モバイルを駆使する新人類」

    70年代生まれの価値観 【自分流】
    ・他人にあまり影響されずに自分らしい生き方をすることがカッコいい.
    ・自分らしい考え方がカッコいい
    ・世の中が言う事よりも自分の情報の方が正しい
    ・社会が何と言おうと自分だけの価値観が大切

    80年代生まれの価値観 【調和型】社会との調和,他人との調和
    ・自分だけの考え,信念を貫き通すのはかっこ悪い
    ・1人で生きているわけではないので我を通すのはおかしい
    ・社会があるからこそ自分も生きていける
    ・周りの人ともっと絡もうよ

  • デジタルネイティブから更に進んだ世代をネオデジタルネイティブとしてその主な年齢層96年生まれ辺り以降はモバイルデバイスによる情報収集などを当たり前のように行う。
    というようなことを解説した本。
    割りと入門向け。読みやすいのでお勧め。

  • 全世代共通なのはネットリテラシー。
    でも、ネットへの関わり方等が大きく違う。

    76世代:利用デバイスの主はPC、ネットは世界へ繋がってるイメージ

    86世代:利用デバイスの主はモバイル(ケータイ)、ネットは身近と繋がる

    86世代まで含めデジタルネイティブ。
    そこから96世代で、ネオ・デジタルネイティブ。

    特徴はモバイルの尖鋭化+デバイスがモバイルゲーム機にも広がる。
    そして最大の特徴が映像処理能への進化とのこと。

    使用デバイスはアーキテクチャの進化に依っている気もするけど、面白い分析。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

橋元 良明
橋元良明:東京大学大学院情報学環教授

「2016年 『日本人の情報行動 2015』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋元良明の作品

ネオ・デジタルネイティブの誕生―日本独自の進化を遂げるネット世代を本棚に登録しているひと

ツイートする