「日本人」原論

著者 :
  • ダイヤモンド社
2.91
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478013755

作品紹介・あらすじ

日本人の原理と欧米人の個人主義とは全く別ものである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本民族国家、存亡の条件は何か?
    http://www.amazon.co.jp/review/R2F8TMI8KX830I/ref=cm_cr_rdp_perm

  • 私には少々読みにくかった。ところどころ同意できる言及もあったが、太平洋戦争のジャングル戦の生存者である著者とは、考えがマッチしない部分もあった。著者が生きていた時代に読むべきだったのかもしれない。私が相当若い頃であるが・・・。

  • 日本社会の見えざる規範とは?
    欧米の人たちは、絶対的な規範、宗教がある。宗教が、絶対的なよりどころとなり、その人たちを支えている原理となる。しかし、日本人は、宗教が、よりどころではないが、見えざる宗教がある。つまり、見えざる自分を支える原理がある。われわれは、誰もが、原理とその原理に基づく規範をもっており、大部分の日本人は、無規範とは、言えないが、それが、何に基づくかを自覚していない。
    これは、日本人にとって、問題である。国際社会において、国や地域によって異なる歴史や、伝統文化に由来する困難を避けて通ることはできない。その際、相手国との違いの認識がなければいけない。違いとは、己を知り、相手を知ることに他ならない。それなのに、日本人は、相手を知るどころか、己の姿さえ、ちきんと捉えることができない。


    むづかしい…

  • どうも、読みにくかった。
    内容については、各トピックスの標題どおりの説明だと思うのだが、時代背景など文章が書かれた時点の情報を共有できず、実感を以って理解できなかったと思う。漠然と問題を確認したに留まり、後日再挑戦したい。

  • 近代がどうしてもテーマにならざるを得ない。
    東北関東大震災のなかで規律が保たれる日本人の行動様式を自覚する。

  • やっぱり日本の経済を理解するには、「日本人」を理解しないと。きっと、日本人の判断・行動の原理がわかると、その先を読めるようになるんじゃないかなあ。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

山本 七平(やまもと しちへい)
1921年12月18日 - 1991年12月10日
東京都に生まれる。1942年、青山学院高等商業学部を卒業。野砲少尉としてマニラで戦い、捕虜となる。戦後、山本書店を創設し、聖書学関係の出版に携わる。1970年、イザヤ・ベンダサン名で出版した『日本人とユダヤ人』が300万部のベストセラーに。
著書には『「空気」の研究』(文藝春秋)、『帝王学』(日本経済新聞社)、『論語の読み方』(祥伝社)、『なぜ日本は変われないのか』『日本人には何が欠けているのか』『日本はなぜ外交で負けるのか』『戦争責任と靖国問題』(以上、さくら舎)などがある。

山本七平の作品

「日本人」原論を本棚に登録しているひと

ツイートする