あなたの脳が9割変わる! 超「朝活」法―脳科学の最高権威がはじめて明かす

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.32
  • (13)
  • (48)
  • (76)
  • (14)
  • (5)
本棚登録 : 442
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478013786

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 脳科学的に正しい、ストレスに勝つ3種の神器
    ・7時間睡眠
    ・運動習慣
    ・健康的な食事

  • 7時間睡眠を提唱。
    睡眠、運動、食事の三本柱で健康に。

  • 睡眠時間を短くしなければ、というプレッシャーのようなものがありましたが、この本を読んで少し気が楽になりました♪ 本の中で紹介されていた「養生訓」も読んでみようと思います。朝目覚めたらすぐ動くこと。身体に悪い習慣に打ち勝つには、別のさらなる「快感報酬システム」のネットワークを構築すること。何もチャレンジしないと、脳はめちゃめちゃ悪くなる。身だしなみに気をつかうと人間にしかない前頭極が活性化する。パソコンづけの毎日なら、耳を使う作業を取り入れてみる。

  • "起床後20分が最もストレスに強い

    身だしなみに気を使うと前頭葉が活性化

    朝はカレーか、納豆ご飯&みそ汁

    90-120分ごとに休憩を入れる"

  • 著者は46歳の時に自分の生活習慣を見つめなおしジョギングを始めたそうで、それ以来30年以上続けているそうです。

    ストレスフリーの生活に大事なのは「食事」「睡眠」「運動」とのことでこれは大納得です。

    とてもわかりやすい楽しい文章で読んでいてもわくわくしていきます。

    おすすめです。

  • 目当たらしいことはほとんどなかった。。

    〈本から〉
    ストレスホルモンのコルチゾールが起床後20分にその濃度が1日の最高値になる。(略)厄介なことは午前中、なるべく早い時間にすませたほうがうまくいく。

  • かなりおススメ!

    僕は何度読み返しただろうか。
    特に著者は医学会の最高峰に値する前頭葉のプロ。
    書いている内容もわかりやすく、身につきやすい。
    買わないとそんな本。

  • 7時間睡眠(6時間半~7時間半)が最適。
    時間は自分で管理する。
    一日トータルで7時間を確保する。
    ノンレム睡眠からレム睡眠に変わるところで起きる。
    記憶した情報が新しいうちに眠ると、脳に鮮明に記憶される。
    パソプレシンの分泌が減るため、トイレに起きる。抗利尿ホルモン。
    寝ないとグレリンが多く分泌され、肥満になりやすい。食欲増進ホルモン。
    ぬるめのお湯につかる、クラシック音楽、アロマテラピーなど。カフェインは4時間前から避ける。ナイトキャップ1杯程度。

    ランナーズハイ。
    夜30分程度、晩ごはんの前。寝る前1時間には終える。
    一日30分、週3回でよい。
    ジョーバ、e-ジョグ。

    朝目覚めたらすぐ動く。
    朝ラン、シャワー、6時25分からのみんなの体操。

    コリン=レバー、肉、卵黄
    DHA=青魚、マグロの目玉
    クルクミン=ウコン=ターメリック
    ポリフェノール、
    ビタミンB12=魚、貝、のり、レバー
    葉酸=ブロッコリー

    朝食は、大豆、味噌汁、カレー

    肉は一切れでも10切れでも味は同じ。たくさん食べて胃をそこねるより少し食べて、その味を楽しむ。
    お酒も同じ。少し楽しむ。

    食べ過ぎは肥満、飲み過ぎは失態は二日酔い、肝機能障害。
    途中でやめられないのは快感報酬システムのせい。
    途中でやめることの報酬体系を作る。
    食べるのをやめる→体重が減る、
    飲むのをやめる→読書、翌朝すっきり、など。

    ストレスホルモンは起床後20分に最高値になる=午前中に厄介なことを済ませる。

    腹7分目、一日5色。

    ストレスは海馬を傷つける。2週間以上は危険。
    ストレスに勝つには、7時間睡眠、運動習慣、健康的な食事

    90分前頭前野活性化法=90分以上は集中できない。

  • 図書館

  • 朝活がどれほどの効果をもたらすか、脳科学研究をされている筆者が実際に生活に取り入れている方法を書かれています。
    各章の間の奥様のコラムも面白く読めます。

全66件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1932年大阪府生まれ。医学博士。京都大学名誉教授。
1957年に東京大学医学部を卒業後、同大学院に進み、3年目に米国のオレゴン州立医科大学に留学。大学院修了後は、京都大学霊長類研究所でサルの前頭葉の構造と機能の研究に従事。同教授、同研究所所長を歴任。1970年から前頭前野の研究をはじめ、図形認知や記憶に関わる視覚中枢を発見するなど、大脳における前頭前野研究の第一人者。

あなたの脳が9割変わる! 超「朝活」法―脳科学の最高権威がはじめて明かすのその他の作品

久保田競の作品

あなたの脳が9割変わる! 超「朝活」法―脳科学の最高権威がはじめて明かすを本棚に登録しているひと

ツイートする