入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.98
  • (153)
  • (207)
  • (105)
  • (23)
  • (4)
本棚登録 : 2311
レビュー : 207
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478014585

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 入門書としてお勧めです。その理由は以下の三点です。
    ・考える技術書く技術と比べ、日本語が分かりやすい点
    ・練習問題と解説の内容が非常に明快な点
    ・分量がそれほど多くない点
    先にこの入門書から学び始めることをお勧めします。

  • 入門書としては良いと感じた。特にメールについてのことは役に立ちます。できる限りピラミッドを作りたいと感じました。

  • ロジカルシンキングを学びたくて読みました。

    基礎的なことを学ぶには、とても良かったです。

    この本を元に、ピラミッド型に思考を整理する際のルールや、論理展開のパターンの型を身につけることができそうです。

    本の中に、例題がいくつか出てくるので、それらを用いて訓練ができます。
    ただ、それでは不十分なので、さらに身につけるために、実際の仕事において、自分の文章や他人の文章を題材にして、論理的な文章に書き換えるトレーニングをしようと思いました。

  • 入社1年目のときに、そのまま翻訳版を先輩に薦められたものの、ちゃんと読まず、、4年目にしてやはり必要だと思って読みました。

    なんとなく働く中知っていることだけど、本として整理されて、ポイントをまとめられると、あらためて気を付けようと思いました。
    この本に書いてあることを徹底的に気を付けるくせをつけたら、仕事面で、ほんとにいろんなことがクリアになるんだろうな。気が抜けて、やみくもに文を書いてしまいそうになったら、読み返そうと思います。

    でも、やっぱり先輩のお薦めどおり、入社1年目に読むのが、きっとベスト。笑

  • ロジカルシンキングとロジカルライティングについて合わせてまとめられている。結果として考えをまとめ、それを文書に書くことができるようになる。

    まず、読み手を意識する、という観点でOPQ分析が紹介される。
    その後ピラミッドに関して解説されていくなど、構成がはっきりしておりスラスラと読める。

    また、「しりてが」接続詞の禁止や「So What?」の利用など細かなテクニックも充実していた。メールのPDFは早速利用していきたい。

  • やりましょう!!

    【課題を適切に把握する】
    読み手の立場に立ってOPQを徹底的に理解すること
    ・objective(望ましい状況)
     読み手が考えている達成すべき目標や改善後の姿
    ・problem
     望ましい状況とのギャップ
    ・question
     ギャップの解決にむけて自然に抱くであろう疑問

    最後にquestionに対して明快なanswer(Message)を書く。

    【考えを形にする】
    ロジカルツリーを作る
    ・主メッセージ(要約メッセージ)⇒3~5の根拠グループ⇒3~5の根拠グループの根拠グループ・・・・・・以下繰り返し

    要約メッセージを考えるときの注意点
    ・名詞表現、体言止めはやめる(中身のないメッセージとなるから)
    ・曖昧な言葉は使用しない(できる限り具体的なメッセージにする)
    ・メッセージは一文で終わらせる(2文以上作ると、結局何が言いたいか伝わらない)
    ・複文で表現する場合は、必ず、文の間の関係が明確になるように意識する(「しりてが」接続詞の使用禁止)

    So Whatを繰り返す

    帰納法と演繹法(3段論法等)を使い分ける
    ・帰納法の注意点:前提条件が同じ種類の事実かどうかをチェックする。チェック時は、つなぎ言葉(なぜならばetc)を活用する。
    ・演繹法の注意点:前提条件が必ず正しいかをチェックする。
     ※帰納法の場合は必ずしもMECEのうちCollectively Exhaustiveである必要はない。

  • 読み手を動かせる、読みやすくロジカルな文書を書くためのエッセンスがコンパクトにまとまっている。
    すぐにできはしないので、実践が必要。その方法も提案されている。

  • 本の文字数は少ないが、内容量は非常にボリューミー。
    自分が何かを相手に話すというシチュエーションの全てに適応しうる手法だと感じた。ピラミッドを意識する訓練を今日からでも始めたい。

  • OPQ分析は役立ちそうだ。

  • 自分のためにメモ

    ・ターゲットとなる読み手を具体的に設定すること。

    ・OPQ
     O: Objective 相手が目指している望ましい状況。
     P: Problem 現状とOとのGap、解決すべき問題。
     Q: Question 問題Pに直面した読み手が、その解決に向けて自然に抱くであろう疑問。

    ・読み手を中心として「書く目的」を考えることにより、考えの中心軸を読み手にセットする。

    ・考える時には、
     名詞表現、体言止めは使用禁止とする。
     「あいまい言葉」は使用禁止とする。→見直し、再構築、適切な、問題
     メッセージはただ一つの文章で表現する。
     「しりてが」接続は使用禁止とする。 → ~し、~であり、~して、~だが、

    ・つなぎ言葉で機能的な論理的接続の矛盾をチェックする。
     「なぜそう判断するかと言えば」
     「なぜならば」
     「たとえば」
     「具体的には」

    ・「前提」の後に、本当に正しいと言えるか?」と自らに問いかけることで
      演繹的な論理的接続の矛盾をチェックする。 

    ・感謝の言葉にPDF
     感謝の言葉
     P:Purpose Message
     D:Detail
     F:Follow-Through -> 今後のアクション

    ・一日一回ピラミッドの薦め

     

全207件中 1 - 10件を表示

入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法のその他の作品

山崎康司の作品

入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法を本棚に登録しているひと

ツイートする