かくれ佛教

著者 :
  • ダイヤモンド社
4.00
  • (5)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478014639

作品紹介・あらすじ

鶴見俊輔、米寿にして宗教を語る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鶴見俊輔さんの著作は、一本筋が通っていて、読むとこちらの背筋も伸びる気がします。

  • かくれ切支丹、ならぬ、かくれ佛教。
    堂々と真理をとくことの野暮ったさ。
    鶴見氏は、聖書も読めば、仏僧との付き合いもある。その点、かれはかくれ切支丹でありながら、かくれ仏教徒でもある。
    大事なのは、「縁」であると言いたげだ。これまでに出会った魅力的な人物が、結果的に、キリスト教徒で、仏教徒だったのだと。あるいはその他の新興宗教でもよい。
    宗教にとって必要なのは、こうした柔軟さなんだと実感。そう思うと、神仏習合という「いい加減さ」に、けっこう活路が見出せるような気がした。

  • 11/09/30。

  •  本書はたったの220ページですが,巻末にある「人名索引」に出てくる人が150名以上,参考文献が60冊以上もあることでも分かるように,大変多岐にわたった内容となっています。
     2007年から2010年,6回にわたるインタビューからできた本書は,今までの鶴見の哲学が随所に現れていてとても刺激的です。もちろん,初めて目にする人や事柄もたくさんありますが,脚注が優れているので,そんなに気にしないで読み進めることができます。その脚注も本文と同じページの下欄に書かれていることもとても親切です。こういったことは,ちょっとハードルの高い本を読むときには大切なことですからね。
     本書を読んで,秋野不矩という画家に興味を持ったので,図書館で見てみました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1922年東京生まれ。哲学者。15歳で渡米、ハーヴァード大学でプラグマティズムを学ぶ。アナキスト容疑で逮捕されたが、留置場で論文を書きあげ卒業。交換船で帰国、海外バタビア在勤部官府に軍属として勤務。戦後、渡辺慧、都留重人、丸山眞男、武谷三男、武田清子、鶴見和子と『思想の科学』を創刊。アメリカ哲学の紹介や大衆文化研究などのサークル活動を行う。京都大学、東京工業大学、同志社大学で教鞭をとる。60年安保改定に反対、市民グループ「声なき声の会」をつくる。六五年、ベ平連に参加。アメリカの脱走兵を支援する運動に加わる。70年、警官隊導入に反対して同志社大学教授を辞任。著書に『鶴見俊輔集』(全17巻、筑摩書房)『鶴見俊輔座談』(全10巻、晶文社)『鶴見俊輔書評集成』(全3巻、みすず書房)『戦後日本の大衆文化史』『戦後日本の精神史』(岩波書店)『アメノウズメ伝』(平凡社)ほか。

「2015年 『昭和を語る 鶴見俊輔座談』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鶴見俊輔の作品

ツイートする