となりのバフェットがやっている凄い投資

制作 : 小野一郎 
  • ダイヤモンド社
2.87
  • (0)
  • (4)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 67
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478015032

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  アクティブファンドのファンドマネージャーがベンチマークとなるインデックスを上回れると自分を信じているがごとく、それらのファンドマネージャーを出し抜いてその成績を上回れると自分を信じている個人投資家であれば、読んでもいいかもしれない本。

     自分は、インデックスに投資して、コツコツ積み立てる以外には何もしないというスタイルのほうが合っているので、イントロを読んだだけで、この本は自分が読んでも意味がないことがわかった。

  • もうけるテクニックをバフェットからも学ぼうと手にしてみた。テクニカルな手法がしっくりくるな〜。

  • 世の中には色んな投資家がいるなーという感想しか。
    バフェットの名前が使われているが殆ど関係ないのでは?

    色々な投資の手法で成功した投資家が紹介されているが、
    割と表面的な話が多く、手法として学べるほどもものでも無さそう。
    データとして残っている部分を使っているからだと思うが、成績の評価期間もばらばらでしかも短い。

    サバイバーシップバイアスの問題もあって、この手法をしたから成功したというよりも、成功した投資家の中から手法を紹介しているだけのような気がする。

  • 正直、成功した個人投資家の話が自分に役立ったことって少ないかもしれない。

    成功した人のはるかに何倍もの失敗者がいるわけだし、しかも同じような投資方法で(笑)

    普遍的な成功方法なのかただのまぐれなのか、その見極めが難しいですよね。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする