入社1年目の教科書

著者 : 岩瀬大輔
  • ダイヤモンド社 (2011年5月20日発売)
3.90
  • (455)
  • (766)
  • (451)
  • (63)
  • (17)
  • 本棚登録 :5240
  • レビュー :804
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478015421

作品紹介

新人もベテランも今日から変わる一生使える50の指針。仕事のやり方が変わると、見える世界も変わる。

入社1年目の教科書の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 言われてみれば至極もっともな事が丁寧にまとめれていて、
    いい指針となりそうな一冊でした、ふむふむ。

    ちなみに新人さんは当然ながら、上司となる方にも有益かと。
    仕事の仕方や指示の出し方の、参考とできるかと思います。

    昨今、即戦力とのフレーズに踊らされていますが、
    失敗できない環境におかないようにしないとな、と再認識できました。

    また、そういった上司や組織の元であれば、新人さんも、
    のびのびと育っていくことができるのではないでしょうか。

    企業文化としても、人を育てるってのはどういうことか、との点に、
    強い軸をもって、組織として共有できていかないと厳しいのかな、とも。

  • 何度も読み返したい本。全部を鵜呑みにするわけではないけど、自分の頭で考えつつ体現したい!

  • 社会人12年目ですが、読んでみました。
    この手の本は読むたび、ああそうだと思うのですが、実践しないと何度よんでも同じですね。

  • <megukoの感想>
    新社会人に向けての仕事の技、ルール、心構えなどが50の項目で書かれており、指導する上で役に立ちそうだったので購入。
    しかし、まず自分が読んでみて、入社10年以上になる私にもたくさんの気づきがあった。
    内容は当たり前と言われるようなことが多いけれど、それによってどんな良い点、悪い点が生まれるか、成長し信頼を得ていくにはどのような行動をとったら良いのかが、具体的にかつ丁寧に書かれている。

    まず基本原則として、
    1.頼まれたことは、必ずやりきる
    2.50点で構わないから早く出せ
    3.つまらない仕事はない
    と挙げられている。

    自分も指導する立場になると、「まだできてません」「忘れてました」と言う人には次のことを頼む気にはならないし、雑用などをいい加減にされると良い気分はしない。
    逆に、悩みながらもこまめに相談してくれると頼もしいし、資料整理やコピーなどの単純と思われる作業を丁寧にやってくれたり何かの付加価値をつけて工夫してくれると、とても助かると思う。

    あるあるな場面がたくさん紹介されており、実体験を通し、そうそう、と納得できる部分が多かった。

    備忘録として、特に意識したい項目を・・・

    ・単純作業こそ「仕組み化」「ゲーム化」
    ・予習・本番・復習は3対3対3
    ・「何をやるか」より「誰とやるか」
    ・情報は原典に当たれ
    ・仕事は総力戦
    ・まずは英語を「読める」ようになれ
    ・社会人の勉強は、アウトプットがゴール
    ・ビジネスマンはアスリート
    ・チャンスをつかめる人になれ

    初心に返り、大切なことを再確認できる良い本だった。
    一つ一つの項目を心に落とし込んで、行動を変えてみようと思う。
    次はこの本を、新人さんに貸してあげるつもりです。

  • 仕事だけでなく、一人の大人としてどうあるべきか教えてくれる本

  • 4月から新社会人になるので、読んでみた。
    当たり前のこともそうでないことも色々と書いてあり、
    ほぼ全てが参考になった。
    折に触れて読み返したい。

  • タイトルにある通り、本当に教科書みたいな内容である。といっても難しさは無し、読みやすく役に立つトピックスに良く絞られていて大変親切な本という印象。
    また、著者の経験などはもちろん、ただの無機質な文章ではなく著者の存在がよく感じられるつくりのため、親しく尊敬できる人の話を聞くような感覚で読み込める。
    購入する価値のある本だと思う。

  • 『若手はみな荒削りです。当面のところ、仕事では差はつきません。信用できる人物か、仕事を任される人物か、一緒に仕事をしたい人物か。結局のところ、差がつくポイントはそこです。そのときに大切なのは、自分のブランディングです。身だしなみはきちんとしているか。挨拶はしっかりできるか。言葉遣いは丁寧か。伝えたことをしっかりきいてくれるか。他人に対して物事をはっきり言えるか。嘘をつかずにいったことをかならずやってくれるか。それによって社内の評判は決まります。』171

  • ビジネスパーソンにとって「大事なこと」が学べる本!!
    入社して数年が経過した若手や中堅の人が読んでも、学べることはあります。私が特に心に残ったのは以下の2つ

    ①always be a student
    ②叱られたら意味を見出せ

    ①のフレーズからは生きている限り、学びつづけ、自分を成長させていく大切さを学びました。
    ②のフレーズは、叱られたときに感情的になるのではなく、「叱られていることが自分に何を教えてくれようとしているのか」を考えるきっかけとなりました。

    読む人によって、学べることは違うとは思いますが、現状のビジネスライフを改善したい人は読む価値のある一冊です。

  • これから社会人として働いていく上で、何度でも読み返したいと思える一冊。

全804件中 1 - 10件を表示

入社1年目の教科書のその他の作品

入社1年目の教科書 Kindle版 入社1年目の教科書 岩瀬大輔

岩瀬大輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堀江 貴文
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

入社1年目の教科書に関連するまとめ

入社1年目の教科書を本棚に登録しているひと

ツイートする