入社1年目の教科書

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.90
  • (466)
  • (791)
  • (467)
  • (66)
  • (17)
本棚登録 : 5420
レビュー : 839
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478015421

作品紹介・あらすじ

新人もベテランも今日から変わる一生使える50の指針。仕事のやり方が変わると、見える世界も変わる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 言われてみれば至極もっともな事が丁寧にまとめれていて、
    いい指針となりそうな一冊でした、ふむふむ。

    ちなみに新人さんは当然ながら、上司となる方にも有益かと。
    仕事の仕方や指示の出し方の、参考とできるかと思います。

    昨今、即戦力とのフレーズに踊らされていますが、
    失敗できない環境におかないようにしないとな、と再認識できました。

    また、そういった上司や組織の元であれば、新人さんも、
    のびのびと育っていくことができるのではないでしょうか。

    企業文化としても、人を育てるってのはどういうことか、との点に、
    強い軸をもって、組織として共有できていかないと厳しいのかな、とも。

  • 50パーセントでいいから早く提出する
    つまらない仕事はない
    頼まれた仕事は最後までやりきる
    3日読了

  • 当たり前のことは多いことなれど「なるほどね。」と思う点がいくつかあった。意識を持って動いてきたのだろうな。この人は。

  • ○「お聞きしたほうが良い仕事ができると思いますので、差し支えなければ、教えてください!」

    ○ 早く帰ることが認められたとしても、どこかでその埋め合わせをしましょう。

    ○すべての予定をキャンセルしてでも行くべき場面があることを心に留めておいてください。
    何があろうとも、この波には絶対に乗る。次にもっと大きな波が来るかもしれないからこの波はパスしようと思わない感覚。そういう世界観、人生観を持つことが大事だと思っています。チャンスをつかめる人と言うのは必ずしも人より運がいいというわけではありません。チャンスが目の前に来たときに、それに気づき、思いっきり飛ぶことができる人なのです。
    いつ勝負どころが訪れるかを予測することは容易ではありません。最初に訪れたチャンスをつかみベストの働きをするためには十分な準備をする以外にできることありません。

    ○人間が抱くすべての印象は初めての機会で形成されます。

  • 「入社一年目の教科書」、今回新しい職場に就くことになったので、原点に立ち返ろうと思い再読しました。

    入社一年目、とはタイトルにありますが、社会人になって何年も経った人にこそ(自分も含め)読んで欲しい一冊です。

    社会人になって何年も経つと、自分では「わかってるよ」という事でも、慢心により出来てなかったりします。

    例えば、

    ・頼まれたことはやりきる
    ・朝の挨拶はハキハキと
    ・つまらない仕事はない
    ・メールの返は24時間以内
    ・叱られたら意味を見出せ
    ・仕事は盗んで、真似るもの
    ・etc...

    など、出来て当たり前だけど忘れがち、そして新たな気づきになる50の指針が書かれています。

    岩瀬大輔さん自身の体験談やこれまでの経験からのアドバイスなど、社会人や組織の中で働くにあたっての行動指針になると思います。

    社会の暗黙のルールは自分で気付かなければ意外と誰も教えてはくれません。

    自分自身で行動し、成長していくために必読の一冊と言って間違いないと思います。

  • ●塩の歴史を学べ
    塩は生命に必要不可欠
    だから、生産国と非生産国の格差が生まれた
    金融、貿易、関税、などの金融史・世界史が学べる

    ●脳に負荷をかける
    むず過ぎる本を熟読せよ

    ●社会人の勉強は、アウトプットがゴール

  • 何度も読み返したい本。全部を鵜呑みにするわけではないけど、自分の頭で考えつつ体現したい!

  • 社会人12年目ですが、読んでみました。
    この手の本は読むたび、ああそうだと思うのですが、実践しないと何度よんでも同じですね。

  • <megukoの感想>
    新社会人に向けての仕事の技、ルール、心構えなどが50の項目で書かれており、指導する上で役に立ちそうだったので購入。
    しかし、まず自分が読んでみて、入社10年以上になる私にもたくさんの気づきがあった。
    内容は当たり前と言われるようなことが多いけれど、それによってどんな良い点、悪い点が生まれるか、成長し信頼を得ていくにはどのような行動をとったら良いのかが、具体的にかつ丁寧に書かれている。

    まず基本原則として、
    1.頼まれたことは、必ずやりきる
    2.50点で構わないから早く出せ
    3.つまらない仕事はない
    と挙げられている。

    自分も指導する立場になると、「まだできてません」「忘れてました」と言う人には次のことを頼む気にはならないし、雑用などをいい加減にされると良い気分はしない。
    逆に、悩みながらもこまめに相談してくれると頼もしいし、資料整理やコピーなどの単純と思われる作業を丁寧にやってくれたり何かの付加価値をつけて工夫してくれると、とても助かると思う。

    あるあるな場面がたくさん紹介されており、実体験を通し、そうそう、と納得できる部分が多かった。

    備忘録として、特に意識したい項目を・・・

    ・単純作業こそ「仕組み化」「ゲーム化」
    ・予習・本番・復習は3対3対3
    ・「何をやるか」より「誰とやるか」
    ・情報は原典に当たれ
    ・仕事は総力戦
    ・まずは英語を「読める」ようになれ
    ・社会人の勉強は、アウトプットがゴール
    ・ビジネスマンはアスリート
    ・チャンスをつかめる人になれ

    初心に返り、大切なことを再確認できる良い本だった。
    一つ一つの項目を心に落とし込んで、行動を変えてみようと思う。
    次はこの本を、新人さんに貸してあげるつもりです。

  • 仕事だけでなく、一人の大人としてどうあるべきか教えてくれる本

全839件中 1 - 10件を表示

プロフィール

ライフネット生命社長兼COO

「2014年 『楽しい仕事はない。だから楽しくやる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

入社1年目の教科書のその他の作品

入社1年目の教科書 Kindle版 入社1年目の教科書 岩瀬大輔

岩瀬大輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
堀江 貴文
伊賀 泰代
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

入社1年目の教科書を本棚に登録しているひと

ツイートする