「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.86
  • (210)
  • (356)
  • (200)
  • (47)
  • (11)
本棚登録 : 2637
レビュー : 355
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478016879

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恥ずかしながら原書『失敗の本質』を知らずに読んだ。内容としては、引用されている他のビジネス書と共通する部分があると思うけど、戦争という史実に基づいた「日本人論」は哀しい程に説得力を帯びていて、我々が陥りがちな思考・行動について非常に示唆に富む内容だと思う。『「超」入門』と謳うだけあって、解説が丁寧で理解しやすかった。ただ欲を言えば、そういった課題を浮き彫りにしつつ、日本人の特性をいかにこれからの時代に活用していくかという考察まで発展してくれたらなと思った。

  • 名著『失敗の本質』に学ぶ日本の組織の構造的な弱点を、経営コンサルタントが最近の事例も合わせて(いい意味で)ざっくり解きほぐした。
    日本軍も日本企業も、個別の経験からつかんだ成功体験に縛られて突き進む。型を研ぎ澄ます修練に邁進する。
    だから、変化に弱い。ルールを変更されたら対応できなくなる。

    ほんまに、どないしたらよろしおまんねやろ。

  • 日本軍の失敗と現代日本の失敗に共通するものを解説している。
    その共通具合に憂鬱な気分になった。教育の問題な気がする。

  •  勝つためには戦略の「指標」を見つけ出すことがきわめて重要なのだが、具体的にそれを実行するのはとても難しいだろう。確かに日本人は不得手かもしれないが、これは日本人に限ったことではないと思う。
     日本人なりの良さが発揮できるのは、もしかしたらこの本に書かれている枠組みの外にあるのかもしれない。

  • 日本軍の太平洋戦争での”失敗”は現代日本の組織的ジレンマに共通するものがある。「過去の失敗」から学ぶべきことが多々ある。

    戦略とは、敵にはない新しい指標を使って勝負することだ。

  • 同僚からの推薦で一読。
    太平洋戦争での敗北を論じた「失敗の本質」を、さらに噛み砕いて解説してくれた本。
    「失敗の本質」をそもそも知らないんだけど、それでもわかりやすい教訓を示してくれる良書。
    論文の類でもにく、内容も決して難しくはない。

    軍隊は本来、会社組織以上に現実主義で、徹底してシビアに現実を直視する必要がある。
    本書によれば、日本軍にあった「空気を読む」「型の継承」が、要所要所で負けの選択を強いているそうな。
    あるいは現場と司令部を、単純な上下関係として見てしまったり、リーダーシップの誤認が日本軍には認められたらしい。
    読んでて「現実を直視する」どころか、会社員根性丸出しの構成員だったように思えた。

    日本軍を「日本文化」の象徴としてとらえたとき、現在直面している日本の国としての問題のいくつかは、太平洋戦争に負けたときの理由に酷似している。
    高度経済成長を成し遂げた「一点突破全面展開」戦略は、もう過去の手法だと認めるべき。
    戦い方というより、ルールごと作り変える発想が必要なんだとおもう。

  • 「失敗の本質」という本から現代日本になぜ日本は失敗するのかをわかりやすく説明した一冊

    もし悪い点のみの列挙なら、評価に値しないが、改善点が挙げられているので、思わずうなずきたくなることが多かった

    いつの日か原本を読んでみたい

  • 日本軍の敗戦の原因を組織論から紐とく名著のダイジェスト版。優れた戦略を作るとは、適切な指標を設定し追い求めることであると定義した上で、ではなぜ、日本的組織、日本的思考は「適切な指標」を設定できないのか。その理由を、戦時中の日本軍の状況と現代日本の企業行動と絡めた上で、7つの視点23個のポイントから分析している。深い。

  • 元となる著作「失敗の本質」は読んでいない前提で。
    超入門とあって日本の戦史の知識がある方にとっては読みやすいビジネス本だと思います。戦時中の日本(敗者)と米国(勝者)の組織・リーダーシップ・戦略・戦術等々…あらゆる角度から比較し、現代の日本企業に通ずる“弱み”として解説が展開される。
    日本人の気質として「努力の積み重ね」「練磨」「改善を極める」「型にはまる(型を伝承する)」、言い換えると「イノベーションの欠如」「新しい戦略(指標)を見出すことの弱さ」など、まさにそうだと腑に落ちる点ばかりだった。

  • 経営者、特に歴史ある大企業の経営者は読んで、受け止めなければいけないでしょう。
    ビジネス書としては、disりがほとんどで、結論は?という印象。
    しかしよくネタ元を読み込んであるのか、日本史として非常に面白く読ませていただきました。

全355件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1972年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論 、マーケテイングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に 従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略論や企業史を分析し、新たなイ ノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。『超入門 失敗の本質』『古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室』(ダイヤモンド社)、『実践版 孫子の兵法』(プレジデント社)など多数。

「2017年 『信じる覚悟 超訳 西郷隆盛』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマのその他の作品

「超」入門 失敗の本質 Kindle版 「超」入門 失敗の本質 鈴木博毅

鈴木博毅の作品

ツイートする