「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.86
  • (210)
  • (356)
  • (200)
  • (47)
  • (11)
本棚登録 : 2637
レビュー : 355
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478016879

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  私の場合、同じ本を何度も読み直すことはまずしないのですが、「失敗の本質」はその数少ない例外です。(単行本も文庫本も持っています)本書は、ストレートにその「失敗の本質」の入門版と銘打っているので、どんな内容なのかちょっと気になって読んでみました。
     結論からいうと、原書の要約版ではありません。原書自体「要約」してしまうと、その充実した検証内容の価値は無に帰してしまうでしょう。その点では、要約版でなくてよかったとも思います。
     本書の実態は、「失敗の本質」で指摘されている日本軍の組織・行動面での課題・弱点を、現代ビジネスに敷衍して著者なりの示唆を加えた「入門編レベルのビジネス書」です。

  • ・戦術では戦略のミスは取り返せない。必要なのは戦略を立てること。
    ・旧日本軍の戦争での失敗と現代社会での失敗を比較して話を進める。
    ・予想していた様々な失敗からそれを活かす話ではなかったため残念。

  • 失敗の本質本体を読んでいると、あまり感動が少ないと思うし、逆に読んでないと少しよくわからないと思う。
    日本企業とのこじつけが少々無理やりに感じる。
    失敗の本質、自体の読み込みと復習という意味で勉強になった。

  • 名著「失敗の本質」を現在のビジネスに活かすために、ということで現在の事例を引用して解説している。解りやすい分、本来の歴史的背景の記載が乏しく薄い印象を受ける。
    過去から学ぶのであれば、きちんと原著を読んで歴史を学びつつ、本著を読むのが良いと思う。

  • 太平洋戦争の概要を仕入れて置かないとなかなか入り込めない。私の好きな石原莞爾がフィーチャーされておりそれは面白かった。

  • 『一生お金と仕事に困らなくなる20代の過ごし方』

  • 名著「失敗の本質」を7つの視点から解説した入門書です。

    本著では、変化に直面している会社、過去に成功した組織が内部で抱える次の失敗を避け、新たなイノベーションを成し遂げる方法を明らかにしております。

    私が気になった点は、以下のとおりです。

    ・新しい指標を発見することが、すなわち戦略そのものを発見する

    ・イノベーションを創造する3ステップ
     ①既存の指標を発見
     ②敵が使いこなしている指標を無効化
     ③新たな指標で戦う

    ・優れた点を現場に見つけたら、自主性・独立性を尊重し、最大・最高の成果を挙げさせる

    ・失敗するリーダーに共通するのは、周囲お意見や目の前の現実を否定し、自己の意見や思い込みに固執し過ぎてしまうこと

  • 面白くなかった。

  • 『失敗の本質』を読んだことがないので分かりませんが、内容がかなり異なると想像します。全体を通して日本批判・日本人批判が中心であり、失敗の本質には到底思えないからです。日本軍の失敗をビジネスの例でたとえていますが、これはよくある日本企業批判です。日本企業の業績が悪くなると必ず意思決定や指導者の問題、過去の成功体験から抜け出せていないと批判が起こります。しかし、多くの場合アメリカと対比し、日本でスティーブ・ジョブズがなぜ出現しないのかやイノベーションが必要という結果を導きます。『「超」入門失敗の本質』もその類と言えます。

  • 読み進むほど憂鬱になる。自虐的気質の日本人向けの本。示唆も目新しいものではない。

著者プロフィール

1972年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論 、マーケテイングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に 従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略論や企業史を分析し、新たなイ ノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。『超入門 失敗の本質』『古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室』(ダイヤモンド社)、『実践版 孫子の兵法』(プレジデント社)など多数。

「2017年 『信じる覚悟 超訳 西郷隆盛』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマのその他の作品

「超」入門 失敗の本質 Kindle版 「超」入門 失敗の本質 鈴木博毅

鈴木博毅の作品

ツイートする