「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.86
  • (210)
  • (356)
  • (200)
  • (47)
  • (11)
本棚登録 : 2638
レビュー : 355
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478016879

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 単に戦争の事例だけでなく、ビジネスの事例と比較しながら説明してくれていて分かり易かった。
    勝利の条件をしっかりと理解して取り組むことが重要。そのための分析、情報収集が大切だと改めた感じました。

  • 組織論の古典『失敗の本質』の解説本。ポイントが絞られていて「超・入門」に相応しい一冊。

    組織のあり方、リーダー論は平社員の私に刺さるものがありました。

    ・結果につながる勝利が大局的な勝敗を決める
    ・新しいルールを作ったものが勝つ

    これで、原作に挑戦できる地盤作りはできたはず!いざ!

  • 先日読んだ『失敗の本質』が難しかったので読んでみた。

    「失敗は成功の母」と言う。
    確かに日本は大東亜戦争で数多くの失敗をした。

    が、これも含めて「日本人」なんだろうな。

    アメリカとの比較をわかりやすく解説されている。
    アメリカがすべて正しいように書かれているのが悔しい(笑

  • 戦略とは「目標達成につながる勝利」を選ぶこと。

    「指標」の発見
    《日本的》
    ・経験から偶然気づく。
    →体験的学習で察知。
    →勝利に内在する指標を理解せず、再現性がない。
    《欧米的》
    ・敵・味方の行動うと結果を分析。
    →勝利につながる効果的きな戦略を選ぶ。
    →常に戦略があることで勝利の再現性がある。

    ⇒有効な指標を見つけることが重要で、競合と同じ指標を追いかけてもいずれ敗北する。


    ゲームのルールを変える
    ①フィールドを支配する既存の指標を発見する。
    ②競合の使いこなしている指標を無効化する。
    ③支配的だった指標を凌駕新たな指標で戦う。


    コンティンジェンシー・プランの策定

  • ものすごく分かりやすい。日本てまだまだ個人とか現場とかが重要視されてないとわかる。

  • 原書の「失敗の本質」が難解な人はとっかかりとして、こちらを先に読んでみるのがよいかもしれない。
    組織の中でのイノベーションを成功させるためには、同じ指標を追っていたり、単純な高性能・高価格であったりしては敗北の原因となる。
    自分の頭の中の限界を、組織の限界と決めつけたりしてはいけない。
    組織の可能性を無限に見いだせるのがリーダーなのである。
    過去の成功の要因を把握しつつ、常に想定外の変化にも対応できるようにし、生き残りをかけるのだ。

  • そのまま組織論に移れる内容。

  • 日本は一点突破、全面展開。
    論理ではなく、経験則による成功法則になってしまう。

    イノベーション=支配的な指標を差し替えられる新しい指標。
     既存の指標の発見→敵の指標の無効化→新指標で戦う

    組織の意識構造によって、イノベーションの芽が奪われわる。

    リーダーは、自分が認識できる限界を組織の限界にせず、
    組織の可能性を無限に引き出し、活用する。
    プロジェクトごとにベストなリーダーを決定。

    リスクは隠すものではなく、周知させ、管理されるべきもの。

  •  『失敗の本質』を題材に、今の日本人や日本企業が抱える問題点にどう対処すべきかを、わかりやすく論じてみせた本。原著の難解なイメージを払拭させるためか、活字やイラストがやたら大きく、何となくわかったような気になる。
     一方、書かれていることは普遍的な内容ばかりで「わざわざ大東亜戦争の日本軍までさかのぼる必要があるのか?」という印象を持ったのも確か。この本から『失敗の本質』の抜粋を抜くと、凡百のビジネス書と変わらなくなる。
     少なくとも、原著に興味を持たせることには成功している。ダイヤモンド社による『もしドラ』商法を使った一冊。

  • 太平洋戦争でなぜ日本は負けたのか。
    過去に学んで未来に生かす。
    負ける確率を少しでも減らすために。
    なかなかいい本でした。

著者プロフィール

1972年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論 、マーケテイングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に 従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略論や企業史を分析し、新たなイ ノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。『超入門 失敗の本質』『古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室』(ダイヤモンド社)、『実践版 孫子の兵法』(プレジデント社)など多数。

「2017年 『信じる覚悟 超訳 西郷隆盛』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマのその他の作品

「超」入門 失敗の本質 Kindle版 「超」入門 失敗の本質 鈴木博毅

鈴木博毅の作品

ツイートする