「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.86
  • (210)
  • (356)
  • (200)
  • (47)
  • (11)
本棚登録 : 2638
レビュー : 355
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478016879

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 良書ですね。

    太平洋戦争の日本軍 ≒ 現代ビジネスの日本企業。

    これが凄く似通った状況なので、日本軍の敗因を省みて今後ビジネスにどう生かせばいいか示唆する本です。

    面白い類の本ではないですが、
    随所に本質を突いた分析が出てくるので妙に納得します。

    特に日本人の特性を凄く的確に捉えてます。

    日本人は技術の錬磨が得意だけど、米国にルール(勝負の指標)を変えられてしまう。
    無能な幹部ほどその変化に対応出来ず、過去の成功体験をベースにした、意味のない戦略を現場に押し付け敗戦する。

    つまり、剣の達人になったけど、銃を出されてしまう。それなら戦車で…といけば良いのに剣技を磨け!と命令する感じ。

    逆に個々の力は優秀なので、幹部が戦略さえ間違わなければ勝てるということです。

    ・意味のない方針を押し付けず
    ・現場の意見に耳を傾け
    ・状況の変化を見逃さず
    ・自分に有利なルールを作り出す

    書いてて思ったけど、
    自分の会社の無能な上司は全部Xです。

    そうならないように気を付けなければ!
    と思いながらも忘れそうなので、またいつか読みなおそう。

    蛇足ですが、太平洋戦争の日本軍を知らないと比較にならないので、先に「永遠の0」とか読むといいかも。

    ビジネスマンにオススメ!

  • 名著『失敗の本質』から、私たちは何を学べるのか。現代日本の問題と重ね合わせて書かれたダイジェスト。

    とてもわかりやすく面白い。
    『失敗の本質』が、今の日本にも必要な本だと思えた。 今の日本もまだ抜け出せていない問題がたくさんある。

    読みごたえは少ないが、もっと深く知りたい、物足りないと思わせるのは、この本に限っては寧ろ成功。『失敗の本質』を読めばいいのだから。

    そんな訳で、『失敗の本質』も買ってきた。文庫だったから、この本の約半額だったことに少し驚いた。

    ☆内容☆
    ★累計52万部の組織論の名著を23のポイントからダ イジェストで読む!
    ★『失敗の本質』の著者・野中郁次郎氏推薦! 「本書は日本の組織的問題を読み解く最適な入門書 である」

    ■なぜ日本は同じ過ちを繰り返すのか?

    今、ロングセラーの古典『失敗の本質』が再び脚光 を浴びています。 震災や原発事故への国の不十分な対応、リスク管 理、情報の隠蔽……。

    また、長年日本を牽引してきたソニーをはじめとす る製造業の混迷、 国際競争の中で次々と日本企業が敗れていく現実を 前に、 『失敗の本質』が明らかにした、日本的組織の特性 に再度注目が集まっています。

    ■日本軍と現代日本に潜む共通の構造

    『失敗の本質』は大東亜戦争において、 米軍より物量や技術面で劣っていたのではなく、 日本という組織が持つ構造的・精神的な特性こそが 最大の敗因であることを明らかにしました。

    戦局の前半で快進撃を続けた日本軍は、 数々の作戦の失敗から学ぶことなく、雪崩を打って 敗戦へと向かいますが、 その裏では、組織が陥りやすい意思決定の矛盾や、 大本営と現地とのコミュニケーション不全といった 極めて今日的な問題が起きていたのです。

    そうした日本的な組織の特性は、戦後の日本組織一 般にも 無批判に継承され、今日の日本企業の凋落と衰退を 生み出す大きな要因となっています。

    ■途中で挫折した人でも大丈夫!

    『失敗の本質』は素晴らしい示唆を含みながらも難 解で、 最後まで読み通せた人、きちんと理解できた人は少 ないかもしれません。

    そこで、本書は若手戦略コンサルタントが23のポイ ントに整理して、 日本軍と日本企業が直面する「共通の構造」を、 普通のビジネスマンでも理解できるようにやさしく まとめた本です。 みなさんが所属するあらゆる組織への応用も可能で す。

    「あのとき」と変わらない日本人が陥る思考・行動 特性を 明らかにした名著には、組織再生、日本再生へのヒ ントが満載です。

  • 読み易い!
    それでいて、内容も面白い!!

    日本軍が大東亜戦争で敗北した原因を大きく分けて7つ挙げ、それぞれについて現代日本の組織に通じるところを指摘しているが、納得できる点が多い。

    「組織全体に対して『勝利の本質』ではなく、『単なる型』を伝承している場合、型を伝承している側(大多数)は、同じ組織内で新戦略やイノベーションを発見した人物(少数派)を排除しようとする意識を持つことになります。なぜなら、まさに自分たちが信じてきたことを覆すネガティブな存在の出現に映るからです。」(p.149)

    例えば、職場に新しく配属されてきた人が、その職場で常識を打ち破る頓珍漢なことをいう。

    以前よりその職場にいた人は頓珍漢と思うが、新しく配属された人物は至極真っ当なことを言っているのかもしれない。

    もしかしたら、自分自身、排除する側になっているかもしれないので、注意したいところ。

  • 分かりやすかった。戦略の失敗は、戦術ではリカバリーできない。そうだね。

  • これまでいろいろ見てきた映画の中の日本軍と照らし合わせると確かに・・・

    現場は見てないわ、楽観的やわ、根性論で片づけようとするわ・・・

    映画を見ていた時でも「なんじゃそりゃ」と思っていた理由がこの本でよ~~~くわかりました。

    一方で、自分も陥りがちなものの考え方もあるので、気をつけなきゃな。

  • No.489
    「失敗の本質」で分析された日本軍とアメリカ軍のマネジメントの差を現在のビジネスに当てはめた事例の解説がとてもわかりやすい。

    ・ホンダのスーパーカブ:新たな指標を体験学習で発見
    ・家電メーカーの苦境。新指標で戦えない。性能重視では勝てない時代。
     Appleの戦略は常に過去の指標を変更させてきた。
    ・購入する動機を変化させるサイズがイノベーション。ウォークマン。
    ・インテルがDRAMを手放した決意

    戦略とは、追いかける指標。指標が変わることこそイノベーションである。
    日本では型の伝承が重視されてきたが、型よりも本質の伝承が必要。
    セミナーでツールを学ぶのが型。それを使う動機を引き出すのが本質。
    あとがきで失敗の本質に書かれていたのは日本人論であるというのが印象的だった。

  • 何度もうなずく事ばかりが出てきて、笑ってしまいました。
    企業、特に大きい企業にありがちな組織のジレンマが日米の戦争という歴史的事実に基づく大変分かりやすい事例をもとに、ビジネスが組織の在り方、日本人として改めるべき考え方など様々な角度から明快に解説されています。特にリーダーのあるべき姿は納得することが多々。自分がそうならないよう何度も読み返しました。会社で働く中で「これっておかしくない?」と思った時に、立ち戻って確認することができるバイブル的な本です。

  • 『失敗の本質』に挫折気味だったのでこっちを読んで正解でした!

  • 大東亜戦争における日本軍の6つの作戦を題材とし、失敗の原因について分析し、反省点を現代ビジネスにおいてどのように生かしていくべきかを論じた本。

    名著『失敗の本質』の入門書。すぐに読めるので、是非ご一読あれ。

  • 著者は組織論のコンサルタント。分かりやすい内容で、重要な点を指摘しているのだが、どこか表現としての重厚さが足りない。”超入門”という、タイトルなのでこれでいいのかもないが。
    眼前の事象に対して、”追いかける指標”換言すると”戦略”を理解せずに、体験的学習から特別な発見を導き出して、”一点突破全面展開”を行う傾向が日本人にある、と指摘している。
    自分が所属する組織にも、まさにこの”日本人的発想”による組織の硬直化を感じる節がある。組織の限界となるリーダーには、ゆめ成らないよう気を配っていかなくてはいけない。

著者プロフィール

1972年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論 、マーケテイングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に 従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略論や企業史を分析し、新たなイ ノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。『超入門 失敗の本質』『古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室』(ダイヤモンド社)、『実践版 孫子の兵法』(プレジデント社)など多数。

「2017年 『信じる覚悟 超訳 西郷隆盛』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマのその他の作品

「超」入門 失敗の本質 Kindle版 「超」入門 失敗の本質 鈴木博毅

鈴木博毅の作品

ツイートする