「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.86
  • (210)
  • (356)
  • (200)
  • (47)
  • (11)
本棚登録 : 2638
レビュー : 355
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478016879

作品紹介・あらすじ

名著「失敗の本質」を7つの視点から解説した入門書

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 凄く示唆にとんで、考えされられた!!
    会社や仕事の中でおこっていることに、これほどまでに合点のいく解説が加えられるとは! 思わず笑ってしまいます。

  • つい、空気読んじゃう危険な日本人的発想の本質に迫る。

    本書で主に扱うテーマは、大東亜戦時下にあった日本軍の作戦を分析し、その思想に迫った1984年の組織論研究『失敗の本質』の読解と、現代日本が抱える課題への適用です。

    戦争という、なりふり構ってられない総力戦において、組織に対する国民性は剥き出しとなり、同一であるということを強く求める日本の国民性が、個が相違することを前提とする米軍に、科学というプラットフォームで負けたということが克明に描かれています。

    有名な、空・雨・傘アプローチは、まさに本書で繰り返される「既存指標の発見」「既存指標の無効化」「新規指標の実行」に通じるなと考えさせられました。

    イノベーションのない組織は死ぬ。しかしイノベーションは誰にも怖い。そういう組織の感情を受容し、本質的にイノベーションの種を撒きフラットに評価するプラットフォームを自らに課すことこそ重要なのだと腹に落ちる一冊でした。

  • 良書ですね。

    太平洋戦争の日本軍 ≒ 現代ビジネスの日本企業。

    これが凄く似通った状況なので、日本軍の敗因を省みて今後ビジネスにどう生かせばいいか示唆する本です。

    面白い類の本ではないですが、
    随所に本質を突いた分析が出てくるので妙に納得します。

    特に日本人の特性を凄く的確に捉えてます。

    日本人は技術の錬磨が得意だけど、米国にルール(勝負の指標)を変えられてしまう。
    無能な幹部ほどその変化に対応出来ず、過去の成功体験をベースにした、意味のない戦略を現場に押し付け敗戦する。

    つまり、剣の達人になったけど、銃を出されてしまう。それなら戦車で…といけば良いのに剣技を磨け!と命令する感じ。

    逆に個々の力は優秀なので、幹部が戦略さえ間違わなければ勝てるということです。

    ・意味のない方針を押し付けず
    ・現場の意見に耳を傾け
    ・状況の変化を見逃さず
    ・自分に有利なルールを作り出す

    書いてて思ったけど、
    自分の会社の無能な上司は全部Xです。

    そうならないように気を付けなければ!
    と思いながらも忘れそうなので、またいつか読みなおそう。

    蛇足ですが、太平洋戦争の日本軍を知らないと比較にならないので、先に「永遠の0」とか読むといいかも。

    ビジネスマンにオススメ!

  • 日本人の特性や保守的な考え方、既存路線の延長でものを考える癖が、過去の大戦や今のビジネス環境で墓穴を掘ってゆくリスクがあること。 目指す指標は、過去の成功体験ではなく、指標は常に動いてゆくことを理解しなければならない。

    すぐに読めてしまうので、ポツポツ読み返せる。

  • 大東亜戦争での日本軍と米軍の組織戦略から今日の日本企業が直面する課題に応用して触れている一冊。もとは30年前に出版された『失敗の本質』を入門版として記されたもので、原書を読んだことがないので、是非とも読んでみたくなった。

  • 名著『失敗の本質』から、私たちは何を学べるのか。現代日本の問題と重ね合わせて書かれたダイジェスト。

    とてもわかりやすく面白い。
    『失敗の本質』が、今の日本にも必要な本だと思えた。 今の日本もまだ抜け出せていない問題がたくさんある。

    読みごたえは少ないが、もっと深く知りたい、物足りないと思わせるのは、この本に限っては寧ろ成功。『失敗の本質』を読めばいいのだから。

    そんな訳で、『失敗の本質』も買ってきた。文庫だったから、この本の約半額だったことに少し驚いた。

    ☆内容☆
    ★累計52万部の組織論の名著を23のポイントからダ イジェストで読む!
    ★『失敗の本質』の著者・野中郁次郎氏推薦! 「本書は日本の組織的問題を読み解く最適な入門書 である」

    ■なぜ日本は同じ過ちを繰り返すのか?

    今、ロングセラーの古典『失敗の本質』が再び脚光 を浴びています。 震災や原発事故への国の不十分な対応、リスク管 理、情報の隠蔽……。

    また、長年日本を牽引してきたソニーをはじめとす る製造業の混迷、 国際競争の中で次々と日本企業が敗れていく現実を 前に、 『失敗の本質』が明らかにした、日本的組織の特性 に再度注目が集まっています。

    ■日本軍と現代日本に潜む共通の構造

    『失敗の本質』は大東亜戦争において、 米軍より物量や技術面で劣っていたのではなく、 日本という組織が持つ構造的・精神的な特性こそが 最大の敗因であることを明らかにしました。

    戦局の前半で快進撃を続けた日本軍は、 数々の作戦の失敗から学ぶことなく、雪崩を打って 敗戦へと向かいますが、 その裏では、組織が陥りやすい意思決定の矛盾や、 大本営と現地とのコミュニケーション不全といった 極めて今日的な問題が起きていたのです。

    そうした日本的な組織の特性は、戦後の日本組織一 般にも 無批判に継承され、今日の日本企業の凋落と衰退を 生み出す大きな要因となっています。

    ■途中で挫折した人でも大丈夫!

    『失敗の本質』は素晴らしい示唆を含みながらも難 解で、 最後まで読み通せた人、きちんと理解できた人は少 ないかもしれません。

    そこで、本書は若手戦略コンサルタントが23のポイ ントに整理して、 日本軍と日本企業が直面する「共通の構造」を、 普通のビジネスマンでも理解できるようにやさしく まとめた本です。 みなさんが所属するあらゆる組織への応用も可能で す。

    「あのとき」と変わらない日本人が陥る思考・行動 特性を 明らかにした名著には、組織再生、日本再生へのヒ ントが満載です。

  • 読み易い!
    それでいて、内容も面白い!!

    日本軍が大東亜戦争で敗北した原因を大きく分けて7つ挙げ、それぞれについて現代日本の組織に通じるところを指摘しているが、納得できる点が多い。

    「組織全体に対して『勝利の本質』ではなく、『単なる型』を伝承している場合、型を伝承している側(大多数)は、同じ組織内で新戦略やイノベーションを発見した人物(少数派)を排除しようとする意識を持つことになります。なぜなら、まさに自分たちが信じてきたことを覆すネガティブな存在の出現に映るからです。」(p.149)

    例えば、職場に新しく配属されてきた人が、その職場で常識を打ち破る頓珍漢なことをいう。

    以前よりその職場にいた人は頓珍漢と思うが、新しく配属された人物は至極真っ当なことを言っているのかもしれない。

    もしかしたら、自分自身、排除する側になっているかもしれないので、注意したいところ。

  • 単に戦争の事例だけでなく、ビジネスの事例と比較しながら説明してくれていて分かり易かった。
    勝利の条件をしっかりと理解して取り組むことが重要。そのための分析、情報収集が大切だと改めた感じました。

  • 現代の日本の組織・リーダー論につながる事例・考察が非常に面白い。日本人に固有の考え方・思想・文化はぬぐえないと十分に認識した上で、対応していくことの大切さを痛感した。図書館の予約で借りてあわただしく目を通した感じだったが、是非またじっくりと読んでみたい。

  • 組織論の古典『失敗の本質』の解説本。ポイントが絞られていて「超・入門」に相応しい一冊。

    組織のあり方、リーダー論は平社員の私に刺さるものがありました。

    ・結果につながる勝利が大局的な勝敗を決める
    ・新しいルールを作ったものが勝つ

    これで、原作に挑戦できる地盤作りはできたはず!いざ!

  • 非常にわかりやすい本でした。経験から学ぶ日本は、改善を重ねることで、逆にイノベーションから遠ざかってしまう。。。組織を考えていくことで最高の経営学の本になっています。
    今の日本は、「ガダルカナル島の戦い」あたりかな。。。

  • 先日読んだ『失敗の本質』が難しかったので読んでみた。

    「失敗は成功の母」と言う。
    確かに日本は大東亜戦争で数多くの失敗をした。

    が、これも含めて「日本人」なんだろうな。

    アメリカとの比較をわかりやすく解説されている。
    アメリカがすべて正しいように書かれているのが悔しい(笑

  • 戦略とは「目標達成につながる勝利」を選ぶこと。

    「指標」の発見
    《日本的》
    ・経験から偶然気づく。
    →体験的学習で察知。
    →勝利に内在する指標を理解せず、再現性がない。
    《欧米的》
    ・敵・味方の行動うと結果を分析。
    →勝利につながる効果的きな戦略を選ぶ。
    →常に戦略があることで勝利の再現性がある。

    ⇒有効な指標を見つけることが重要で、競合と同じ指標を追いかけてもいずれ敗北する。


    ゲームのルールを変える
    ①フィールドを支配する既存の指標を発見する。
    ②競合の使いこなしている指標を無効化する。
    ③支配的だった指標を凌駕新たな指標で戦う。


    コンティンジェンシー・プランの策定

  • 分かりやすかった。戦略の失敗は、戦術ではリカバリーできない。そうだね。

  • 日本軍の組織論の分析から始まり、「ゲームのルールを変えた者だけが勝つ」という法則を導き出している。日本は1つのアイデアを洗練させていく練磨の文化。しかし、閉塞感を打破するためには、ゲームのルールを変えるような、劇的な変化を起こす必要がある。という教訓が現状の日本にマッチしている点に共感したため。

    ぐっさん

  • これまでいろいろ見てきた映画の中の日本軍と照らし合わせると確かに・・・

    現場は見てないわ、楽観的やわ、根性論で片づけようとするわ・・・

    映画を見ていた時でも「なんじゃそりゃ」と思っていた理由がこの本でよ~~~くわかりました。

    一方で、自分も陥りがちなものの考え方もあるので、気をつけなきゃな。

  • ものすごく分かりやすい。日本てまだまだ個人とか現場とかが重要視されてないとわかる。

  • No.489
    「失敗の本質」で分析された日本軍とアメリカ軍のマネジメントの差を現在のビジネスに当てはめた事例の解説がとてもわかりやすい。

    ・ホンダのスーパーカブ:新たな指標を体験学習で発見
    ・家電メーカーの苦境。新指標で戦えない。性能重視では勝てない時代。
     Appleの戦略は常に過去の指標を変更させてきた。
    ・購入する動機を変化させるサイズがイノベーション。ウォークマン。
    ・インテルがDRAMを手放した決意

    戦略とは、追いかける指標。指標が変わることこそイノベーションである。
    日本では型の伝承が重視されてきたが、型よりも本質の伝承が必要。
    セミナーでツールを学ぶのが型。それを使う動機を引き出すのが本質。
    あとがきで失敗の本質に書かれていたのは日本人論であるというのが印象的だった。

  • とても面白かった。今も昔も日本人は変わらない。
    でも、この本で分析されているように、失敗の原因とどうすればよいかがわかっているのだから、もう少し変われたらいいのにと思う。
    第6章の、なぜ真のリーダーシップが存在しないのか、が一番面白かったが、ここで出てくるような愚かなリーダーにこういった本を読んで、行動を改めてほしいと思うものの、愚かなリーダーは「自分が信じたいことを補強してくれる事実しか見ない」ので、本を読んだりしないだろう。読んだとしても、自分が愚かとは認めないだろうし、本の言ってることが間違っていると思うだろう。

  • 「失敗の本質」が字が小さくて、、

    ・戦略とは追いかける指標である。
    ・体験的学習では一時的に勝利しても成功要因を把握できていないと(戦略がないと=指標がないと)敗北する
    ・ゲームのルールを変えたものが、勝つ。負けそうならルールを変えればよい。
    ・イノベーションの創造
     1既存の指標の発見 零戦は旋回性能
     2敵の指標の無効化 2機組で戦えばいい
     3新しい指標で戦う 挟み撃ちで有利に!
    ・体験の伝承ではなく、勝利の本質を伝える。戦略は過去の成功体験のコピーではない。型の伝承は戦略では、ない
    ・上層部が自分たちの理解していない現場を蔑視している、上層部が現場の優秀な意見を参照しない。
    ・人事の重要性。結果で首をきれるかどうか。人員の交替。プロセスを評価しすぎると結果で評価できず、更迭のかわりに昇進など?になってしまう。
    ・人事は組織の限界と飛躍を決定する要素である
    ・トップが現場をしること。トップの行動力は組織の利益に直結する
    ・チャンスをつぶす人
     1.自分が信じたい事実だけをみる
     2.他人の能力を信じず、理解する姿勢がない
     3.階級の上下をこえて、他者の視点を活用する能力がない
    ・グループシンク・サンクコストの罠に陥らないこと。
    ・リスクには
     最大限早く、真実を正確に把握し、隠すのではなく周知徹底することで予防、再発防止につなげる

  • 何度もうなずく事ばかりが出てきて、笑ってしまいました。
    企業、特に大きい企業にありがちな組織のジレンマが日米の戦争という歴史的事実に基づく大変分かりやすい事例をもとに、ビジネスが組織の在り方、日本人として改めるべき考え方など様々な角度から明快に解説されています。特にリーダーのあるべき姿は納得することが多々。自分がそうならないよう何度も読み返しました。会社で働く中で「これっておかしくない?」と思った時に、立ち戻って確認することができるバイブル的な本です。

  • 『失敗の本質』に挫折気味だったのでこっちを読んで正解でした!

  • 大東亜戦争における日本軍の6つの作戦を題材とし、失敗の原因について分析し、反省点を現代ビジネスにおいてどのように生かしていくべきかを論じた本。

    名著『失敗の本質』の入門書。すぐに読めるので、是非ご一読あれ。

  • なんと分かりやすく、現代日本組織の問題、課題を言い当てているんだろう!戦後生まれ世代が日本の中枢を占めている今、やはり歴史に学ばなければならない事を痛切に感じさせてくれた間違いなく良書。

  • 著者は組織論のコンサルタント。分かりやすい内容で、重要な点を指摘しているのだが、どこか表現としての重厚さが足りない。”超入門”という、タイトルなのでこれでいいのかもないが。
    眼前の事象に対して、”追いかける指標”換言すると”戦略”を理解せずに、体験的学習から特別な発見を導き出して、”一点突破全面展開”を行う傾向が日本人にある、と指摘している。
    自分が所属する組織にも、まさにこの”日本人的発想”による組織の硬直化を感じる節がある。組織の限界となるリーダーには、ゆめ成らないよう気を配っていかなくてはいけない。

  • 太平洋戦争における日本軍の失敗を分析した名著を、コンサルタントである著者が今の日本の企業戦略になぞらえて示唆する本。

    展開される知見は、企業を問わず当てはまるものであると思う。

    著者は日本人で構成される組織の中で、どこか旧態依然とした部分をズバリ指摘し、このままでは日本企業が日本軍と同じ轍を踏んでしまうと示唆している。

    小気味良いほどに日本人の弱さを実感でき、大変勉強になる本。

  • 太平洋戦争の敗北を分析し、日本人の特性を読み解く。日本人は目の前の見えている問題に立ち向か練り上げることは得意。だが、大局を理解せず、流れの変化に極端に鈍い。気が付くと、戦いのルールが変わってしまっており、練り上げた技術を封じ込められてしまう。結果、戦いに敗れてしまう。戦いに勝つという目的をぶらさずに、今ある戦いのルールを時代の流れに合わせて更新する活動ここそがイノベーション。欧米諸国が得意とする思考。かたや日本人は、今あるルールの中で技術を磨き上げることが得意。ルールが変わらない中ではその能力を発揮出来るが、戦いのルールが目まぐるしく変わる現代で、苦戦を強いられている。時代の流れの先を察知して、自らルールを更新していくことが必要。

    この先達の経験学びを、活かしていかないと。この業界の次なる戦いの指標は何だろか。

  •  題名のとおり、名著『失敗の本質 日本軍の組織論的研究』を現代ビジネスの例を用いるなどしてわかりやすくまとまた『失敗の本質』の入門・ダイジェスト本。
     戦前の日本とアメリカを比較することで浮き彫りになるダメな組織のポイントを、本書では23項目に絞って解説してあります。
     太平洋戦争に材を取っている『失敗の本質』は、軍事と歴史に関する知識が無いと読みづらい部分もあると思います。そういう部分は大胆に省略し、現代のビジネスの例に置き換えて説明することで『失敗の本質』そのものにもアクセスしやすくなり、これ以上無い入門書としての役割も果たされています。もちろん、ダイジェストとして読んでも楽しめますし、読み応えは十分です。
     組織に関して本格的に論じた本は堺屋太一『組織の盛衰』(http://booklog.jp/users/tomiyadaisuke/archives/1/4569568513)しか読んだことがありませんでしたが、本書(と『失敗の本質』)もこれに負けず劣らずの名著だと思いました。

     第1、2章で、戦略と変化への対応について述べられていた部分では、日本がある価値観のもとで練度を上げることは得意でも、大目標(戦略)を設定したり、大目標自体を変更してしまうことが極端に苦手であることが指摘されています。これは青木高夫『ずるい!? なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか』(http://booklog.jp/users/tomiyadaisuke/archives/1/4887597797)などでも指摘されていることです。
     なるほどねぇ、と思って読み進めていましたが、ページが進むにつれ、自分が去った組織のダメなところがドンドン出てきました。あまりにそのままな指摘が多すぎて、もう笑うしかありませんでした。

     ダブル・ループ学習(121頁)が成立する前提として、組織の上層部が自らの思考・判断について間違いうる可能性を認めなければなりません。また、上層部は、自分たちが現場の実情に疎くなりがちで気をつけなければならないことを常に認識しておかなければなりません。逆に、これらのこと(あるいは「知的誠実さ・謙虚さ」と言い換えても良いかもしれません)を認識しないと、必然的に自分の知りたいことしか知ろうとしなくなり、耳の痛いことを言う部下を遠ざけるようになります。
     自分は正しい情報を全て知っており、常に正しい判断をしていると考えるトップは、組織が上手く回らなくなるとそれを構成員のせいにし、耳の痛い指摘をする部下を遠ざけます。…うん、まさにこのとおりでした(笑)。

     身につまされるくらい実践的で本質的なことが書かれている本書は、組織論を考える上でも、日本人の気質と弱点を考える上でも必読です。
     はじめから『失敗の本質』を読むのもいいかもしれませんが、本書から『失敗の本質』に進む方が、よりスムーズに、より深く内容を理解できると思います。

  • デジャヴ感があってもしや…とは思っていたけど、いつだかに読んだことありました。笑
    でも一応最後まで読了。
    第二次世界大戦での日本軍の問題点をズバッと斬り込んでいるのが失敗の本質という本ですが、この本はそれをビジネスの中で活かせるようにわかりやすく、つながりのある説明を加えてあります。
    そろそろ失敗の本質を読んでみる時が来たかしら。笑

  • 第二次世界大戦での日本軍の敗北を分析した「失敗の本質」をビジネスの視点から説明した著作。今度は原本を読んでみよう。

    【敗戦7つの理由】
    ①戦略性:日本人は大きく考えることが苦手であり、俯瞰的な視点から最終目標への道筋を作り上げる事に失敗しがちである。
    戦略=目標達成につながる勝利を選ぶこと。
    =追いかける指標のこと。
    戦略のミスは戦術でカバーできない。
    ②思考法:日本人は革新が苦手で練磨が得意。
    プロセス改善だけでは、問題を解決できなくなる。
    ゲームのルールを変えたものだけが勝つ。
    ③イノベーション:自分たちでルールを作り上げることができず、既存のルールに習熟することばかりを目指す日本人気質。
    ④型の伝承:創造ではなく「方法」に依存する日本人。文化と組織意識の中には、イノベーションの芽を潰してしまう要素がある。
    成功の法則を「虎の巻」にしてしまう。→成功の本質ではなく、型と外見だけを継承する日本人。成功体験が勝利を妨げる。
    ⑤組織運営:日本軍の上層部は、現場活用が徹底的に下手だった。
    ⑥リーダーシップ:現実を直視しつつ、優れた判断を下す事が常に求められる。
    ⑦日本的メンタリティ:「空気」の存在や、厳しい現実から目を背ける危険な思考への集団感染、そして日本軍の敗北を象徴する「リスク管理の誤算」

    ◯シングルループ学習
    目標と問題構造を一定とした上で最適解を選び出す学習プロセス。
    ◯ダブルループ学習(ほんまかいな?という疑問を持つ)
    想定した目標と問題自体が間違っているのではないかという、疑問・検討を含めた学習スタイル。

    ◯イノベーションを想像するスリーステップ
    ①戦場を支配している「既存の指標」を発見する。
    ②敵が使いこなしている「指標を無効化」する。
    ③支配的だった指標を凌駕する「新たな指標」で戦う。

    イノベーションの想像を考える場合、ダブルループの学習者は常にシングルループの学習者を一方的に攻撃できる能力を持つ。

全355件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

1972年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論 、マーケテイングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に 従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略論や企業史を分析し、新たなイ ノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。『超入門 失敗の本質』『古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室』(ダイヤモンド社)、『実践版 孫子の兵法』(プレジデント社)など多数。

「2017年 『信じる覚悟 超訳 西郷隆盛』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマのその他の作品

「超」入門 失敗の本質 Kindle版 「超」入門 失敗の本質 鈴木博毅

鈴木博毅の作品

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマを本棚に登録しているひと

ツイートする