自分のアタマで考えよう

著者 :
制作 : 良知高行 
  • ダイヤモンド社
3.96
  • (584)
  • (893)
  • (451)
  • (78)
  • (18)
本棚登録 : 6144
レビュー : 870
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017036

作品紹介・あらすじ

"おちゃらけ社会派"として超人気のブロガーが教える「自分だけの答え」の見つけ方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  著者がブログに書いているトピックスは、どれも“素人意見”で、使っている情報も特別なものではありません。それでも多くの人に読まれている理由は、「ちきりん」の視点のもち方や感覚がユニークなことです。
    「ちきりん」が情報どのようにアンテナにひっかけ、どういう道筋で加工・分析しているのか?大いに気になるところですね。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=2083

  • とても面白い。普段何気なく生きてると本当に考えることって面倒くさくて疎かにしちゃうから、どうにか考えるくせをつけたいと思った。
    マッキンゼー出身で人気ブログを書き続けるちきりんは特別だと思ってたが、考える習慣をつけた賜物なんだなーと。
    買い物で悩みやすい自分は選ぶ際にフィルターを付ける必要がある。

  • 考えるためのノウハウが詰まった一冊!
    たくさん情報取り入れて、本も読んで、インプットしても
    本当に大切なのはそのあとなんだろうな。
    そして、わたしはそれがうまくできてない。
    知ってわかったつもり、考えたつもり、になってる。
    この本を読んで、なるほど~!!とわかったことも、
    このあとなにもしなかったら同じこと。
    この“思考の技術”をちゃんと身につけるには、
    日々の生活の中で実践するしかないのかな?頑張ります!!

  • 頭の良い人って、知識を沢山持っている人じゃないんだな。
    インプットした知識を、自分のアタマでしっかり考え、アウトプットしなければ、意味のないものになってしまうのだ。
    つい批評家、評論家の意見は正しいものと信じ、自分で考えることもなく肯定してしまうことのほうが多い。
    情報に振り回されるのもこの手の人達なのだ。
    多くの人が情報操作に乗っかってしまうのは怖ろしいことである。
    ちきりんさんのように、思考する習慣を身につけるよう頑張ろうと思った。

  • 言うまでもない名著ですが、後輩に貸そうと思ってパラパラ読み返しました。
    「さいごに」が改めてよかったです。筆者は受験期に、数学を知識を覚える科目と誤解した(問題に関してろくに考えずに、解答、解法のヒントまで読み、理解し、解法を暗記した)ようですが、現実の(初めて見る)問題にはたちうちできないことを悟ったため、考えずに答えをみることの限界を感じたそうです。また、その経験から古典や名著に、「人生の答え」「世の中の事象に関する回答」は書いてあるが、「このことについては、私はもう十分に考えた!」と思えるまでは読まないことにしたそうです。
    ついうっかり本ばっかり読んでしまう、素直ないい子たちへの警鐘ですね。やっぱり、自分のアタマで考えないとですね。

  • いかに自分が考えてきていないか、思考力の浅さを思いしることが最近良くあるので読んで見た。
    少しでも考える時間を長くしたい。
    最初は幼稚な考えしかできないだろうけれど、シンプルかつ深く、きちんと、考えられるように。
    わかりやすい言葉で書かれているけれど、それはちきりん氏の中で、考えるということがすでにある程度訓練されてまとまっているからなんだろうな。
    とりあえず頭つかって、たまにこの本に戻って来たいと思う。
    そうじゃなきゃこの内容も知識としてしか自分の中に残らない、かも?

    11/12

  • 「なぜ?」「だからなんなの?」っていうのが難しかった。
    正確にいうと、「なぜ?」はイメージできるけど、「だからなんなの?」がピンとこなかった。

    あとは、試験は手段だと考えられるようになってとても楽になった私は、
    解法は暗記でいいじゃん とは思うけれども。

    1 グラフをもとにして考えを発表してください の例題
      すでに持っている知識をグラフに当てはめて、それを意見として発表していないか?(しかもその結果が必ずしも間違っていないから厄介)

    2 はじめにきちんと考えれば、無駄な時間を過ごさなくて済む
      考えずに「作業」をして、翌日上司から それやらなくて良くなったよーとか言われる例

    3 なぜ会議が終わらないか?
      決定するのに必要な情報だけ見ればよい。

    4 お互いの話のレベルを揃える
      相手の意見に反論するときは、相手の意見を細かく要素ごとに区切って、または分けて、それぞれを検討する。
      ここでは、「レベル」とは頭の良さの高低とかの意味でなく、階層のことをいう。

    以上、残しておきたい部分!
    偶然、10月28日のほぼ日手帳の下の部分に
     日本人は 目の前の仕事だけを見て最高レベルに持ってくのは得意
     だが そのために本当にやるべきことをわからなくなっている
    っていう趣旨のことが書いてあって、
    この本にもそんなことが書いてあって、
    なんか落ち込みました。

  • 昨年買っておいてずっと積読していた本。伊賀泰代氏の『採用基準』を読んで、その裏の顔であるちきりんの本も読みたいなということで積読から解放。
    一言で言えば、グロービスで教わったクリティカル・シンキングをもっとわかりやすい実例と表を用いて解説した内容。
    今まで「自分の頭で考えている!」と思っていたことは、ほとんど知識や受け売りや経験から来るもので実はほとんど自分の頭で考えてなんかいなかったということがよくわかる。
    誰かが「無知の知」と説いたように、まずは「自分はたいして考えていない」と認識することが、「自分の頭で考える」ための第一歩。

  • 上司、先生、親などから「自分の頭で考えなさい!!!」と言われ、
    どうやって考えたらいいのか分からない人へ。
    思考のヒント、ちきりんさんが独自の視点でおもしろ分かりやすく、教えてくれます。

  • ・意思決定するためのプロセスを最初に決める
    ・判断基準はシンプルに
    ・xxがわかればyyがわかる,というように自分の思考の状態を整理しておく
    ・知識と思考は別物

  • 知識と思考を分離すること。インプットと同じだけアウトプット(考える時間)をもつこと。
    プロ野球の今後の件は、秀逸です。

  • 今まで漫然と考えていたが、それは思考と呼べるほどたいそうなものじゃなかったことに気付いた。
    それはきっと作業だったり、思い込みだったり。
    ただまだまだ足らない。
    なぜかを考えても、結局どうすればいいかには結びつかなかったり。
    全部の可能性を考える前に諦めてしまったり。

    この本を読んで、考え方のクセの付け方が少し身についたような気がするので、まずは一歩前進?

  • 「知っていること」と「考えること」がいかに違うのかということを考えさせられました。それから、自分がほとんど考えていなかったということも・・・
    少しずつでも、自分のアタマで考える癖をつけていきたいの思います!
    まずは「なぜ?」と「だからなんなの?」を問うことからはじめます!

  • 以前から読むか読むまいか悩んでいた本。kindleを買って、つい購入してしまった。ただ、結果的にはシンプルで良本。この人は本当に頭が良いんだな、と思う。本当に頭の良い人の書いた文章は、シンプルでとても読みやすい。かつ、漠然と頭の中で行っている思考整理を、これだけ分かりやすく説明できるんだから、舌を巻くしかない。まだ、自分の思考形式が凝り固まっていない部下に読ませたい。

  • 【思考の棚に整理する最初の一冊】





    「本当に『考える』とは何か」を考えさせてくれるクリティカルシンキング系の本。

    著者のちきりんさんはブロガーで、語り口調で書かれているところが分かりやすいと思いました。





    ・知識と思考の『バカの壁』(養老孟司)に似た話。

    ・情報の分類方法。

    ・就活での学生のフィルタリングの話。



    ・「思考の棚」の話。

    など。

    今の自分にとって、ゼミでの研究や就活など、全て当事者に感じてどれもかなり重要な話だったので、このレビューを書くことで改めて読み返せて良かったなと感じます。



    ブログの方も面白いので是非。



    そんじゃーね

  • 「知っている」と「考える」はまったく別モノ
    「思考」は「知識」にだまされる。
    「知識」は過去、「思考」は未来!
    「意思決定」のプロセスは超具体的に
    「考える」とはインプットをオウトプットに変換すること
    考える時間を「見える化」する。
    「なぜ?」「だからなんなの?」と問うこと。
    「情報」と「思考」のバランス。

    「ありえるすべての可能性を検討する」
    すべての分析のはじまりは「比較」

    比較の基本は「縦と横」

    縦 時系列比較

    横 他者比較 国際的な視点でみる

    世界経済の縦横比較をする

    判断基準はシンプルが一番

    選んだ基準において、ものごとを”白黒”に明確に分ける

    「自分のフィルター」を身につける。

    自分のフィルターで勝負する。

    成長 支援 運営 再生 の仕事

  • 人気ブロガーちきりんさんの思考法が丸裸になって公開されている本。一つのニュースに対するアプローチの仕方や、分析手法が事細かに書かれていて非常に参考になった。

  • 図書館で借りたのだけど、手元に残しておきたい一冊。

    自分のアタマで考えるためのは、どうしたらいいのか。
    グラフから何を読み取るのか。

    あらゆる事象の裏の裏の表かもしれないものを読み解いて
    自分の考え、意見を持ちましょうということ。
    自分の考えがない人なんてつまんないじゃん?

    いつまでも誰かと一緒だと、
    気がついたら淘汰されちゃうよ。

  • 『自分の頭で考える』
    ーよく聞く言葉ではあるが、その意味について理解してる人は少ないのではないか。
    知識を語ることは自分の頭で考えたことではないということに、非常に納得させられた。
    思考するためのポイントが、本書には分かりやすくまとめられている。
    実際にそのようにできるかは難しいところであるが、そのポイントを知れたことが、思考の第一歩なのだと感じた。

  • 知識と思考ははっきり分ける。
    意思決定のプロセスは最初に決め且つ超具体的に。データを見たら条件反射でなぜ?だからなんなの?を考える。情報と思考のバランスが大事。一つのデータであれこれ考えるのが大事。構成要素に分解し、あらゆる組合せを考える。比較の基本は縦と横(時系列比較と他者比較)。比較表を作るとなお分かりやすい。判断基準に優先順位をつける。マトリックスを作る。レベルを揃えて考える。情報ではなくフィルター(選択基準)が大事。階段グラフ(大括り)の活用。プロセスと階段グラフを組合せる(出版ビジネス)。まずは言語化し、視覚化する。言葉で考えたことを図化するとどうなるかを常に考える。知識は思考の棚に整理。無駄な情報収集時間を費やさないために、その情報が手に入ればわかることを事前に考える。

  • ○クライテリアは思い切って絞る!今自分に一番足りないところ ○そのためには、目標、理想の姿が必要 ○知識と思考を切り分ける。特に自分の専門分野では知識に固執しがち ○思考が先、その後、思考の棚に知識を入れる ○考えるとは、なんでもいいから結論=アウトプットを出すこと ○意思決定のプロセスを最初に決める ○why, so what ○30年後、就職氷河期時代の人が年金をもらう時代、生活保護はもっと問題に ○イチゴの方向が並んでるのは日本だけ ○失敗したことがある、というキャリア ○縦(時系列)と横(比較)の意識 ○仕事を選ぶ一つの基準として、タイムライン(1日、数か月、数年~)を意識 ○欧米の学生のときからの職業体験

  • データ解析とかコンサルティングとかそういう仕事を日々していた人なんだろうなぁ、と。知識を溜め込んでよしとしてしまいがちな自分に自戒。でもなかなか難しいよね、考えなくても生きていけるしさ。

  •  自分の頭にある「知識」を「考える」方向へ持っていくことについてかんがえさせられました。「考える」ことの重要性、どう判断するか1つものに対する考え方が変わった気がしました。
     途中、難しいことが書かれていましたが、グラフを活用することで理解しやすくなるように説明されていました。
     「おちゃらけ」と作者は言っていますがそうではないんじゃないでしょうか。しっかりとしていると思いますよ。
     ビジネス書に近いところもありますが、こういう考え方もあるんだなと新しい考え方がわかりました。
     ほかは優しい言葉で書かれていたところもあり、親しみを感じました。
     実際、私にとって活用するには思考時間がかかりそうです。もっと頭の回転を早くするよう「思考の棚」を作って置けばいいのでしょうが。
     

  • 思考系は難しい本が多そうだけど、これは分かりやすい、私向けの本。身近なニュースを例にとって解説し、より理解しやすい内容になっている。しかも著者も気取らず親近感が持てるので楽しく読み終えることができました。
    また知ることと考えることの違いを教えてくれ、考えることの大切さをシンプルに学ばせてくれた本です。☆5つ!

  • 最近本を読んでいて不安に感じていたことが解消された感じです。
    ハウツー本や自己啓発の本、著者があるテーマについて自分の意見を書いている本などを読んだ時に感じる、なるほどという気持ちと、これでいいのか?という焦燥感。つまり、専門家が長い思考の末に出した結論(答えに近い)を知ってしまうことで、自分で考える力が衰えるんじゃないかという不安感。(実際衰えている)

    この本は自分で考える際のポイントを10に分けて説明してます。

    こういう本こそ今の若い学生の人たちが読むべき本じゃないかな〜と思う。
    なぜなら、学校で学ぶことは考える科目ではなくて知識を覚える科目だから。問題の解法を暗記すればテストの点はとれる。反面、初めて見る問題には手も足もでなくなってしまう。そして現実の社会には、誰かがあらかじめ用意した解法が存在しないことが多い。(著書から引用してます)

    もっと価格設定高くてもいいんじゃないかと思うくらいいい本です。

    そして、知識にだまされずに自分で考えることが大事だという結論をこの本で教えてもらったというパラドックス(笑)。
    本来は自分でこの答えを見つるべきなんでしょうね。

  • ロジカルシンキングを極力平易に解説。また著者自身の独自の視点も垣間見える。新人や若手に進めたい1冊

  • 思考とは、知識の引き出しから知識を取り出すことではない。現実を見るとき、考えているようで、実は先人が創りだした知識体系から考えを借りているだけになりがちだということが、本の初めで述べられている、なるほど、と思った。
    『自分の頭で考えること、それは「知識と思考をはっきりと区別する」ことからはじまります。「自分で考えなさい!」と言われたら、頭の中から知識を取り出してくるのではなく、むしろ知識をいったん「思考の舞台の外」に分離することが重要です。』(p21)

    日頃、仕事で頭を使っている気になっていても、振り返ると実は、(思考の時間)<(作業の時間)となっていることが多い、ということも書いてある。確かにそうかもしれない。でも、作業に裏付けられるものもたくさんあるから(プレゼントかだと、アイデアが素晴らしくても表現方法が稚拙だと効果が落ちる)、偏りがあってしかるべきな気もする。

    2章では「なぜ?」「だからなんなの?」という問いから結論や予想を導いていくやり方を紹介している。シンプルで使いやすそうなフレームワークだと思う。

    途中で、「もっともらしいデータ」は「疑わしいデータ」より危険であるとも言える、と書いている。どこかで見た台詞だと思った。仕事でデータを分析したりしている人はよく感じるのだろうなあ。

    「思考の棚」、と書いていたが、これが知識の棚でないのは、自分で処理した知識や、自分から生まれた考えを保管しておいて、いつでも手を伸ばして取れるようにしておく、という意味合いだと解釈したのだけど、合ってるのだろうか。

    最後に知識はネットなどで簡単に検索できるようになったいま、もはや単純な知識の記憶は大して意味のある行為ではない(p138)と述べられている。前提条件ではあると思うけど…そうなのかもしれない。

  • ▼全体的な感想
    ・すごく読みやすい
    ➡これはちきりんさんの文章全般的に言えることですが、とても読みやすい印象があり、一日でさくさくと読み終わって快感でした。

    ・データを基に自分で考察を続けようと思った
    ➡この本は、ちきりんさんの思考のプロセスが書かれているだけで、それはよくも悪くも”世の中の正解”を提示しているわけではなく、”いかに正解に近づくか”を表しています。その中で僕が一番思ったのが、まず自分でしっかり考察してみようということでした。その後にもう一度これを読んだらまた違う発見があるような気がします。

    ▼その他知ったこと、思ったこと、考えたこと
    ・"自殺の例"に見る、世間の情報にはびこる”誤解”
    ➡データも少し見方を間違えると、全く本質を捉えない議論をしてしまうようです。この例はその一つではありましたが、きっと世の中のニュースとかで言われていることも、元のデータを突き詰めると違った側面が見えてくるのでしょうか。

    ・思考の基本はMECE,そして"why so?"と"so what?"
    ➡これは特に就活をしているとよく聞く言葉なような気がしますが、ちきりんさんの言う”考える”も、基本的にMECEにまず要素を洗い出し、各要素ごとに縦の論理を考える。と言ったことなようです。

    ・僕はきっと今まで全然何も考えてなかった
    ➡最後の方にある”グラフ”に関する話で、”すごくしっかり考えられないとvisualに物事を説明することはできない”と書いてありました。ああその通りだ。。。と思ってしまったのですが、僕はすごくvisualに物事を説明するのが苦手で、それはきっと自分の中で思考が中途半端なままどんどん次にいってしまっていることなんだろーなーと

    以上!

  • 思考のガイドラインとでも言える本。読んでいる途中で「自分はいかに考えていないか」を思い知ることとなった。
    ちきりん流ではあるが、だいたいこのフレームで考えてみれば思考が進むと思う。その反復で、自分なりの思考パターンが見つかるのだろうから。

    例示された話題が、私が苦手な社会関連なので、途中しんどい時もあったが、「この時間コストを掛けることで、得られるものがある」と感じたので、脳内の上司が読み進めることを承認w

    判断に迷ったときに、また読み返したい一冊。

  • 「自分のアタマで考える」ということが、どんなことを指すのかが分かった。
    何か新しい情報に触れた時、「知識」があることで、無意識的にそれに基づいた判断を下してしまう。ゆえに、「知識と思考をはっきり分ける」必要がある。
    だからといって知識を得ることは無駄なわけではない。知識は、自分の頭の中に、「思考の棚」を作るために必要なものなのだ。

全870件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

【ちきりん】社会派ブログ「Chikirinの日記」運営者

「2013年 『強く生きるノート 考え方しだいで世界は変わる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

自分のアタマで考えようのその他の作品

ちきりんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
堀江 貴文
有効な右矢印 無効な右矢印

自分のアタマで考えようを本棚に登録しているひと

ツイートする