日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.87
  • (79)
  • (170)
  • (82)
  • (13)
  • (5)
本棚登録 : 1263
レビュー : 162
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017159

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 語り口が軽妙で読みやすいが、金融の基礎知識の復習と言った内容で新鮮味はなかった。

  • 少し前に読んだ「新自由主義の復権」(八代尚宏)や「通貨経済学入門」(宿輪純一)の復習として読む. 今後日本のとるべき道筋については基本的にほとんどの部分で賛同できるのだけれど、サブプライムから金融危機に至った原因を「国策」だけに求めるのは流石にどうかと思う. 他人のカネで「踊り過ぎる」原因の追求も併せて行うべき. すでに今、更なる景気悪化とそれに続く非伝統的金融緩和を当て込んで、他人のカネを目一杯張るという歪んだ行為が世界中で行われているのだから.

  • 少し前に読んだのだがすっかり記憶にないくらいだが、丁寧にさらっとグローバル経済がわかる良書

  • ★★消費税法案成立の日に読了。経済学部の学生の多くは4年間経済学を勉強しても、ニュースで話題になっている現実の世界経済の問題は理解出来ないという。。。世界同時金融危機と福島原発事故との類似点、マドフの6兆円詐欺事件と日本の年金問題との類似点などは分かりやすい。

  • グローバル経済についての入門書ということで読んでみたところ、入門書とは言えやはりある程度の経済学の理解は必要なことを痛感!

    これ一冊だけの知識でニュースでやりとりされている内容の本質を正確に理解するまでには至りません。

    また、微妙に著者の持論に偏り過ぎてて、多角的で客観的な説明が不足している章もあるので、その部分はもう少しフラットな視点で自分の気持ちを脇に置いた分かりやすい説明が欲しかったところ。

    かなり分かりやすくはあるけれど、個人的には「入門」という名前を関するにはあと一歩という印象

  • 経済学の各理論を現実経済を例示にして解説。証明ばかりの大学の講義よりこの本の方が有意義に学べます。例えば、ユーロ危機をマンデルフレミングモデルで分析。

  • 外資系金融機関勤務でメルマガ「金融日記」の管理人が著者。今のグローバル化した経済の中で日本がどのような政策を取るべきか、かなり具体的な提言が書かれています。

    よくよく考えると、大学でマクロ経済学もミクロ経済学も学んでいない(正確には出席していない)ため、途中の計算式や論理は、相当簡単に書かれている(らしい)のですが、良く理解できませんでした。ちゃんと机に向かいながら読むべきだったかも。

    ただ最後の提言は分かりやすく、賛成できる内容なので、それだけでも十分読む価値はあると思います。この提言に違和感を感じないのは、自分が外資にいるからかなぁと思いつつ。あと、社会人である以上、経済学はちゃんと基礎からやるべきだと感じました。。

  • 図書館で借りて 1/3 位までしか読めなかったけど、
    これは買ってじっくり読みたいと思いました。
    細部をバッサリ切り捨てて明快でシンプルな論理で
    乱暴に断定しているきらいをちょっと感じるけど、
    今の経済をざっくり俯瞰で理解するのにはとても役に立つ
    わかりやすい内容だと思います。

  • 平易な言葉で書かれており、読みやすく理解し易い
    これは家族に読ませたいのでbuy
    詳細は後日

  • ようやく読み終えた。
    読みやすいし、わかりやすい。

    ただ、著者の主張が基本的に「自由主義経済万歳」、そして、「頭のイイ人はもっと稼ぐべき」という2つの明快すぎる。
    結果として、「努力している(つもり、も含む)けど、できない人」へのモチベーションは下がりますよね。
    起業して成功する人や、いわゆる「高付加価値(金融がすべてではありませんが)」なお仕事だけが尊ばれる、ではそれ以外のひとは?となってしまうんじゃないかと思います。

    個人的に主張は分かりやすいし、大筋では同じなんだけど、行き過ぎるのかなー、と。

全162件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。

「2017年 『ぼくは愛を証明しようと思う。(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありませんのその他の作品

藤沢数希の作品

ツイートする