日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.87
  • (79)
  • (170)
  • (82)
  • (13)
  • (5)
本棚登録 : 1264
レビュー : 162
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017159

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 為替、金利の仕組みの基本を理解するのに役立った。一番肝心のこれから日本が取るべき選択肢については、それほど目新しさは感じなかった。

  • とてもおもしろかった☆特に税制のところ。所得税に関しては、所得に応じた傾斜が他国と比べて大きすぎて能力のある人たちのモチベーションをさげている、あるいは海外に流出させてしまっている。法人税は他国と比べて高過ぎて、優良企業の海外移転の後押しをしていると。どちらもなるほど、と思った。
    それから、今の少子高齢化にあって国を支えてくには、ひとりひとりの能力をあげてくしかない。改めて気を引き締めて、もっと付加価値のある仕事ができるようにならないといけないなぁ。

  • 中古で購入予定

  • 経済学のエッセンスを解説してから、どのようにするのが日本にとってよいのかということを提案する本。

    基本的には市場主義経済の人だからそれに沿った主義主張をしていたが、それは正しく日本の経済を押し上げるとは思う。今までの既得権益から卒業するってのは誰もが嫌がるだろうから。

  • 国や日本人への提言ではあるが、競争のある自由な世界であっても生き抜いていくことができるskillを常に鍛えていくことが重要と認識した。
    そして、自分や自分の子供のためにも、既得権を享受している層と戦う政治行動をしていかなければいけないと思います。
    それが親と戦うことになろうとも、です。

  • 主張はブログと変わらないけど、経済学学んだのにいろいろ説明できない僕は何回も読まないといけなさそう。

  • 素人でも、理解出来るように基礎的な理論・概念を分かりやすく説明している。
    金融危機、原発、デフレ、グローバル化など日本を大きく動かした事件のメカニズムが理解出来る。

    で、ラストが提言になっているけど、これは日本政府へってことなのかな。
    内容的には、教育バウチャーとか法人税の引き下げとか、農業の自由化、解雇規制撤廃、等々。テレビには出ない多くの経済学者などが主張していることで、目新しさは少ないかな。

    ラストを読むと絶望的な気分になるのは、僕だけだろうか?
    とても実現する気がしない。。。これらの政策は、直感的に弱者から搾取するように見えるから。

    こういう本を通じて、理解できる人から地道に少しずつ変えていくってことなのかな。それまで持つか分からんが。

  • 方向性は悪くないが、緻密さに欠けると思う。

  • 題名そのとおり。
    ところどころ同意できないところもあるけれど、おおむね賛成。
    わかりやすいと思います。フラット10は明日にでもやってほしい。ほんと。

  • 著者作成のグラフがひじょうにわかりやすい。実態経済、市場との関連性がわかりにくい経済学をわかりやすく解説してくれている。「代案はありません」として提案される政策について同意しながらも若干わだかまりを感じてしまうのは既得権益にすがる勢力へのあきらめがあるからだ。
    紹介されている参考文献もこれから読んでいきたい。

全162件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。

「2017年 『ぼくは愛を証明しようと思う。(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありませんのその他の作品

藤沢数希の作品

ツイートする