日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.87
  • (79)
  • (170)
  • (82)
  • (13)
  • (5)
本棚登録 : 1264
レビュー : 162
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017159

作品紹介・あらすじ

ユーロ危機、中国のバブル、アメリカ国債問題、デフレ経済…すべてがつながり、理解できる。そして示される経済学的に正しい日本の政策とは-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 経済学以外にもいろいろ学べる。

  • 藤沢流の、新自由主義経済バンザイ論。
    いつものとおり、現状分析までは理路整然としているのだが、政策論になると論理が飛躍してグダグダになる。人の言ったことを要約すればよいところは、手際が良いが、その後自分の作る部分が粗雑なのは、細かく自分のアタマで考えるというステップを踏んでいないからでしょうね。

  • 少しだけ難しい印象を受けた。

    やはり、勉強をしていがなければいけないなと感じた

  • ちょっとわかりにくいし、(仕方ないことかもしれないが)著者の断定的な物言いに疑問を抱いた。日本お裏的なところに関しての記述がアタのは興味深かった。
    最終的な結論として、日本の高所得者への重い税率を批判し、才能のある人がより金を持ち、そう行った人が日本に集まり、発展していける土壌を作ることが必要という意見が述べられている。が、どうしてもそれではさらに格差が生まれるだけではないのか、という疑問が残る。弱者に対しては限定的に彼らを守る施策を実施すべき的なことが述べられていたが、上述した税率問題に比べ、その具体的な対策や根拠が述べられておらず、とりあえず補うために言ったに過ぎない印象を受けた。著者の反対となる意見を提示し、それがなぜダメなのか説明するなど、もっと反論となる根拠を示してほしかった。お金持ちの保護的意見にしか感じない。

  • 式が出てくるとわからなくなることが多々。ただ、非常に楽しく読めた 競争を作り出すこと 自由化 グローバル

  • 古本屋へ

  • なかなか面白かった

  • 「金融日記」の藤沢氏の著書。経済学の入門的な内容から直近の日本の問題までわかりやすく説明されている。目新しい内容はない(マスコミのニュースしか見ない人には目新しいかも)が著者独特の毒舌ぶりが心地良い。好き嫌い別れるのでしょうが。

  • 経済について、非常にわかりやすく勉強になりました。代替案では、それを実行するためには具体的にどのようにするかが書かれていたらもっと良かったと思います。

  • 経済学の基本的教科書です。グローバリゼーション華やかなりし頃の本なのですが、グローバリゼーションは自然現象という主張は印象的。

全162件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。

「2017年 『ぼくは愛を証明しようと思う。(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありませんのその他の作品

藤沢数希の作品

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありませんに関連する談話室の質問

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありませんを本棚に登録しているひと

ツイートする