100%好かれる1%の習慣

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.66
  • (46)
  • (76)
  • (75)
  • (15)
  • (5)
本棚登録 : 791
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017340

作品紹介・あらすじ

毎日の行動を1%変えれば人生が変わる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マナーの話がメインの本です。
    『マナーは所作ではなく、「相手を気づかう心」が大切である』
    本を読み進めていくと、マナーをきっちり守ることが正しいわけではなくて、臨機応変に相手に合わせて行動することが大切だと書かれています。
    相手が気持ちよく過ごせるように、それはまさしく相手を気づかう心がなければできないことです。
    例えば、去年流行語大賞にも選ばれた「おもてなし」という言葉。
    あれも、型どおりにするべきことをするってだけだと何も温かみがないですよね。

    さらに読み進めていくと、マニュアル的な対応で嫌な気持ちになった、という著者の体験した出来事が書いてあります。
    それを読んで、ちょっとどきっとしました。
    今、仕事の仕方をマニュアルで決めてしまっている会社って多い。
    この事例ではこう発言してこう対処する、こういう方法で仕事を進める。
    チェーン展開しているような大きなお店だったら、各店舗の水準を一定にするために必要なことだと思うし、効率的っていうこともあるのかもしれませんが、ただマニュアル通りに仕事している時、その人はロボットみたいになっているんじゃないかと思いました。
    ロボットみたいになって心がなくなってしまうのなら、マニュアルなんてない方がいいのかもしれません。
    やっぱり「おもてなし」されるなら、温かいお店がいいのです。

    『見返りを求めずに、「与えよう」の気持ちで行動することを、私は「幸せの預金」と呼んでいます。』
    そう考えている著者は、具体的な例として次のようなことを挙げています。
    『電車の席を譲る』『自分から挨拶をしてみる』
    『自分から連絡する』『「ありがとう」を、いつもより1回多く言う』
    そうするのがマナーだよ、と学校で教えられたけれど、実際には、こういうことを積極的にやっている人はあまりいないような気がします。
    みんながみんなそうなったら、穏やかな優しい世の中になりそうな気がします。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「「与えよう」の気持ちで行動する」
      素晴らしい、、、
      「「与えよう」の気持ちで行動する」
      素晴らしい、、、
      2014/06/17
    • 国中千鶴さん
      猫丸さんへ
      「与えよう」の気持ちで行動する。
      なかなかできることではないですよね。
      小さなことでもそういう気持ちで行動できるようになり...
      猫丸さんへ
      「与えよう」の気持ちで行動する。
      なかなかできることではないですよね。
      小さなことでもそういう気持ちで行動できるようになりたいものです。
      2014/06/19
  • ちょっと意識を変えて、誰でもできる気づかいができれば、人生が変わる。かなりオススメできる1冊となっております。本のまとめ、ブログは以下に載せています。

    http://kashiwabaray.com/blog/index.php?itemid=127

  • ANAのキャビンアテンダントだった著者による本。

    人生において多くの重要なことが、著者の経験に基づいて書かれていた。

    例えば、割り箸を割る際は他人に割っているところを見せない、など。(縁起が悪いため。)

    最後に一言。

  • 小さなことの積み重ね。

  • 2018/03/07
    辛い時など、ついつい内側に意識を持ちがちだが、
    周りの人を大切にしようと思わせてくれる本。
    それが結局回って自分にやってくる。
    縁を大事に。


  • 自分に自信がなくなったときに購入した本

    相手を大切にしようという気持ちが湧いてくる

  • 縁は財産である、ということがひしひしと分かる本だった。
    相手のことを思いやれるか、相手の為を思ったつもりになっていないか。仕事をしていく上で、再確認しなくてはいけないと思った。
    「妄想する力で、その日に備える」というのはすぐに自分でできるなーと。理想の自分を妄想して、当日に焦ることなく対応できるのは素敵かもしれない。

  • 元CAでマナー講師の筆者が、相手の心に残る気遣いのヒントを綴った本。
    人の心に残る行動ができる、ってすごい力だと思います。タイトルは、あと1%を頑張ればできるという意味ではなくて、1%の人だけができる意識と行動を習慣にするということ。求めるレベルはとても高いです。

    人に100%伝わることは絶対にない。だからこそ、丁寧にできる限り100%伝えようと努力する姿勢。常に相手のことを考え抜く思慮深さ。

    行うは難しですが手元に置いて一歩ずつ、意識して取り組みたい内容です。

  • 「相手の承認欲求を満たすこと」こそが、人間関係を円滑にするキーワード。
    相手の存在を認めることって、何気ないことだけど実は大事なことなんだな。
    中古でもいいから、手元に置いておきたい1冊。

  • 割り箸を見えないところで割る。

全75件中 1 - 10件を表示

100%好かれる1%の習慣のその他の作品

【図解】100%好かれる1%の習慣 単行本(ソフトカバー) 【図解】100%好かれる1%の習慣 松澤萬紀
100%好かれる1%の習慣 Kindle版 100%好かれる1%の習慣 松澤萬紀

松澤萬紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

100%好かれる1%の習慣を本棚に登録しているひと

ツイートする