勝手に売れていく人の秘密

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.70
  • (4)
  • (9)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017463

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 法人営業とマーケティングの売り方について参考になった。
    売上は、「顧客数」「顧客単価」「購入頻度」によって構成されて、それぞれに対して分けて施策を考える方が上手くいく。

  • マーケティングの視点と、セールスの視点。その2つを持たなければ成約は得られない。
    ■マーケティングの視点
     ・パルテノン神殿の法則
     ・プロダクトエンドミックス
     ・セールスファネル
    ■セールスの視点
     ・セールスのあり方の定義
      ⇒40%信頼構築/30%ニーズ把握
       20%プレゼンテーション/10%クロージング
     ・セールスとはお客様に買っていただくこと
      買っていただくためには、お客様に気付かせなくて
      ならない。お客様の意識を変えるためには、お客様との
      信頼関係が必要である

  • 他のビジネス本となんら変わりない。

     基本的なことが書かれていて、新しいことはほとんど
     書かれていなかった。

     すぐに読み終えてしまう。

     渋図

  • 天才マーケッター ジェイ・エイブラハムのマーケッティング7つの極意とNO.1営業コンサルタント ブライアン・トレーシーの営業7つの叡智が纏められています。
    特に、ジェイ・エイブラハムの第7章「卓越の戦略」の中で、卓越した存在(クライアントにとってなくてはならない存在)になって、リーダーシップを発揮し、クライアントを良い方向に導き、幸せにする。
    ここが大変参考になりました。

  • マーケティングの神、ジェイ・エイブラハムと営業の神ブライアントレーシーのエッセンスの良いところ取り。たくさん抜き出されているからこそ、ひとつひとつがシンプルに記述されており、全て役に立つ項目ですばやい時間でマーケティングや営業に必要な情報が体系的ではないが一気に入ってくるお得感がある。とくに営業に関してはラポールからクロージングまでに沿ってかかれてあるのでいいかも。営業の方で身についたのは、信頼構築ができた時点で仕事の半分は終わっている。ラポールは共通項を見つける。顧客も同様に営業マンとの対面に緊張している。お客さんは自分が言ったことしか覚えていない。ほめる時はモノをほめるのではなく努力をほめる。結局最後はセルフイメージをたかめ、言葉に出すこと。言霊を呼び寄せるのだ。

  • すべての社会人経験の浅い方、
    自分をもっと成長させたいと思っている方に
    お薦め!!

    ジェイやブライアンを齧っている人にとっては
    物足りなく感じるかもしれないが、

    これから身につけようとしている人にとっては
    良い入門書だろう。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

ラーニングエッジ株式会社代表取締役

「2014年 『一瞬で「最高のリーダー」になれる40の言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清水康一朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ピーター・セージ
エリック・リース
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

勝手に売れていく人の秘密を本棚に登録しているひと

ツイートする