ブランドで競争する技術

著者 : 河合拓
  • ダイヤモンド社 (2012年5月25日発売)
3.64
  • (6)
  • (10)
  • (9)
  • (2)
  • (1)
  • 105人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478020555

ブランドで競争する技術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ファッションには極端に興味が薄く、ブランドもよく知らないが、「はじめに」に書かれているいくつかのメッセージに惹かれて読み始めた。やはりアパレル業界というものを深く知るわけではないので、読み込むにはしんどいところがあった。

    「はじめに」にも書かれているように、本書はブランドとは何か、あるいはその強みを活かす方法を表面的に解説した本ではない。そもそも「ブランド」という言葉の意味は、本書を読了後も正しく理解できているか心もとないが、商品とその商品が顧客から見てどう受け取られているか、という「評判」とのセットで捕らえさせてもらった。その「ブランド」がビジネスとして、問題なく成長しているのであればよいが、そうではなくなったとき、いかに「ブランド」を再生させるか、を本書はその実践的に解説している。すべて筆者の実経験に基づいているということで、「はじめに」で筆者が言うとおり、語られる解説はすべて非常にリアルで、スリリングである。

    ベースとなる業態はアパレルであるが、経営戦略、組織、マーケティング、資材管理というように、ブランドを再生させ、強化する戦略プロセスへの切り口は、幅広く網羅的といえる。それぞれにおいて、繰り返しになるが、筆者の経験に基づく、現実味が非常にある骨太のロジックが語られており、非常に興味深い。

    本書は、ビジネス本には多い、マニュアル的というか、ノウハウ的な語り口が少ない。淡々とケーススタディを語っており、その中に非常に重要な「ノウハウ」をこちらが読み取る必要がある。しかし、その分、迫力があるというか、より重たく伝わってくる感じがする。冒頭言ったようにそもそもアパレル業界に詳しくもなければ、普段からファッションに疎いこともあり、全体に渡って、読み込むには少々苦労した。

    経営再生、組織マネジメント、コスト構造改革、ブランドコントロール、色々な切り口で非常に勉強になった。コンサルティングの活用に関する論は特に腹落ちする。良本です。

  • 著者のアメブロをたまたま見つけて興味を持ったので本書を購入.5年以上前に出版されており賞味期限切れの不安はあったものの,全くの杞憂に終わった.重厚かつ緻密に構築された内容であり,平易な文章に情熱が込められている(特に最終章).事例の多くはアパレル産業だが,ブランドと全く無関係な業種というのも殆ど無いだろうから,多くの読者にとって有用となるだろう.コスパも2000円未満でまとめられているのだから言うことなし.間違いなくおすすめ.

  • 機能価値、サービス価値、イメージ価値という3つの次元によるブランド戦略。コンサルタントとしてファッション・ブランドに関するプロジェクトを中心に携わっていたようで、具体的な事例も多く、参考になる。
    クリエイターと呼ばれる人種が五感をフル活用して「次の世界を見ている」「次にくる『リアルなもの』が見えてくる」とか、出島理論とか。
    「変えるもの」「変えないもの」をしっかり定義する。この辺は自社のマーケティングにも使えるな。

  • アパレル業界における企業再生の実情が良く分かる。

    ブランドで競争する技術、というタイトルで、
    著者の想いはブランド優位を築きたい全ての企業へ向けたアドバイスを
    狙ったと思うが、業種の違いを吸収して一般化するには、
    読み手に要求するレベルがかなり高いと感じる。

    ただ、一般化してしまえば、ありきたりの戦略論で、
    ・コモディティ化が進んでいる業界では機能や品質よりもイメージが競争要因
    ・どんな優位性かを決めたら、サプライチェーンや組織風土にしみこませて、
     真似できない優位性にする
    ・イノベーションはスピンアウト組織で

    という感じか。
    著者の商社での経験や企業再生コンサルティングにおける成功、失敗体験は、
    読んでいて面白いが、文面のはしばしに、俺はすごいぞ、的なアピールを感じる。

  • ブランドとは差別化された付加価値の品質保証であり、ブランド化とは差別化戦略に、ほかならない。

    一章
    日本では出せば売れる時代が終わり、ヒット商品を、各企業が模倣。どこの商品も同質化してきた結果、低価格競争になり、各企業とも収益が悪化。今求められるのはブランドによる差別化である。ユニクロは代表的な成功例。

    ブランドの、尖らせ方は生活者目線でしないと、過剰価値となり、この機能はいらないから安くとなり、差別化ではなくなる。百貨店がその例。

  • どちらかといえばアパレル業界の戦略について書いてある。機能価値、サービス価値、イメージ価値を高めて収益を向上させるという大前提と、そのために各社が実践している方法か紹介されている。
    興味深かったのは、ボディショップのイメージ価値で、消費者の直接的なメリットを訴求せずとも、会社が大切にするValueに消費者が共感するとこによってブランド価値が上がるというところ。詳しく勉強したいと思った。

  • アパレルを中心に書かれてるが、他業界でも通用する内容が多く、とても参考になった。ITみたいな入れ替わりの激しい業界には、特にマッチする内容が多かった。あと、アパレル顧客のこと、なんとなく知ってたこともこれを読んで理解度が深まった。
    これ、いい本だ。

全9件中 1 - 9件を表示

ブランドで競争する技術のその他の作品

河合拓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
デール カーネギ...
クリス・アンダー...
リチャード・P・...
エリック・リース
ビジャイ・ゴビン...
ウォルター・アイ...
佐々木 圭一
落合博満
有効な右矢印 無効な右矢印

ブランドで競争する技術を本棚に登録しているひと

ツイートする