経済は「競争」では繁栄しない――信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学

制作 : 柴田 裕之 
  • ダイヤモンド社 (2013年6月28日発売)
3.79
  • (8)
  • (12)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • 136人登録
  • 14レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478021620

作品紹介

経済を繁栄へと導くものは「天然資源」でも「勤労意欲」でもなく「信頼」だった!神経経済学を世界で初めて提唱した俊英が、信頼で経済が回るメカニズムを解き明かす!

経済は「競争」では繁栄しない――信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サブタイトルにある「愛と共感の神経経済学」に惹かれ購入。社会や個人が幸福で繁栄の道をたどるのか、広い意味で貧しいままなのかを決めるのは、資源の有無や技術力、軍事力ではなく、互恵関係や信頼性だという。個人的経験に照らして考えても、不幸や出来事に見舞われている状況を見ると、それが映画であっても涙するし、一緒に成功を祝える仲間たちとは一生付き合いたいと思える。昨今求められるリーダー像もこう言った考え方に立脚しているものが多いのは、みな、薄々感じていたり求めていたりするからなのだろう。信頼性を構築するのに手っ取り早く実践できるのは、嬉しい時も悲しい時もハグ。フリーハグってなんじゃと思っていたけど、こういうことか。

    ところで表紙はクリムトの「接吻」。本書のエッセンスを象徴しているんだろうけど、この男女は実は崖っぷちに立っている。これも象徴なのか。

  • 思い立ったが吉日、大切な人にハグをしよう。夫婦であっても、なにを今更と思うだろうけど、こんなに良いこと尽くめなら、しない手はない。さぁ、今日愛しいあの人が帰ってきたら恥ずかしがらずに、おかえりとぎゅっと抱きしめてみよう。

  • タイトルのうまさで技ありの本書、実証実験をとおして経済的繁栄のための異なるアプローチを模索する。「振り込め詐欺」が横行する現実社会に鑑みると理想主義的な視点だが、それは魅力的な理想像でもある。ところで「競争」がなければ我々が享受している革新的な技術はどれだけ具現化されていただろうか。

  • 人間の道徳的な行動のカギはオキシトシンという化学伝達物質。平均的に女性の方が多い。

    オキシトシンを増やすには、信頼を込めて人と接するだけでよい。それだけで相手はオキシトシンが急増する。

    自然界では、環境からのシグナルによって、リラックスして安全な事がわかるとオキシトシンが急増する。

    オキシトシンの分泌が促されると、今度は快感を生じさせるドーパミンとセロトニンが分泌される。セロトニンは不安を減らして気分をよくする効果があり、ドーパミンは目標志向行動や衝動、強化学習に関わっている。

    「共感」はオキシトシンレベルの上昇と直結している。

    信頼されるとオキシトシンレベルが上がり、より信頼される行動を取り始めるので、より信頼されるようになる。するとさらにオキシトシンレベルがあがり、さらに信頼される行動を取り始める。これを善循環という。

    母親は赤ん坊を目にしたり、匂いをかいだり、鳴き声を聞くだけでオキシトシンが上昇し、物の見方が暖かく母性愛に満ちたものに変わる。

    人間の脳は他者の快感や苦痛を自分自身のものであるように文字通り経験する。だから、人にしてもらいたい事を人にするのは自分の為でもある。

    人間の赤ん坊は、もともと他者を助ける傾向があり、たとえ相手が生き物でなくても優しくふるまうものを好み、そうしないものを嫌う。

    スポーツなどの友好的なゲームに参加してもオキシトシンが豊富な絆を結ぶ。

    オキシトシンの拮抗物質にテストステロンがある。女性よりも男性が10倍多く、筋肉量を増やし、骨の密度を高めるので、運動能力を著しく向上させる。持久力、攻撃性が増し、暴力と競争を司る。

    テストステロンレベルが高いほどオキシトシン反応が妨げられ、共感を経験し辛くなる。

    善循環が始まり、善に報いるだけでなく、悪を制裁する事によって向社会的行動を奨励する制度が最高の見返りをもたらす。

    男女の視点のバランスを上手くとる事が長期的には最善の結果をもたらす。

    長い間いつも必ず競争に勝っていると、テストステロン過多となり、特有の醜悪な男性的行動が強化される。

    人に好かれると組織で出世する助けになるが、トップに立つと嫌な人間に変わる。それは、視線を合わせる事によって伝え合う社会的な合図を捉える能力がテストステロンによって抑えまれるから。テストステロンレベルが高いトップが他人を評価する時に、固定観念や一般論に頼りがちな理由や、自分自身の失敗を正当化する理由の一端となっている。

    言葉はとても重要で、「パートナー」と言うだけで、「対抗者」と言った時の2倍以上の信頼レベルになる。

    集団の外側と内側の区別をつけるせいで共感が抑えられ、非常によくない場合があるのは、人間は群衆に従うとドーパミンが作動して集団浅慮や服従が快くなる事。

    社会には人口の5%が無条件非返礼主義者であり、彼らはオキシトシンが過剰に検出されている。受容体のオフのスイッチが働かず、機能障害を起こしている。(分泌すべき時に分泌できない。)

    エピネフリンとコルチゾールのどちらかが高まると、オキシトシンの分泌が抑えられ、善循環が阻まれる。


    eBayが他国に拡大する際、倫理規範や趣味の良し悪しの基準の翻訳が次第に問題になった時、彼らが考え出した基準は、「あなたは自分がしている事を堂々と母親に告げられますか?」だった。

    偉人とは童心を失わぬ人なり。

    移民は短期的には社会の信頼を減らすが、彼らが同化するにつれて解消される。問題は、あまりに激しい敵意に直面した移民が分離したままになる点にある。

    オキシトシンレベルを上げる方法として、1日8回ハグをする事。善循環はハグから始まる。

    誰かと会う時、「この訪問を最高に価値のある充実したものにする為には自分は何をしたらよいか?」を問う事。その場に完全に身を置き、相手に傾聴する。

    オキシトシンが支配する共感的な人間のつながりは、信頼と愛と繁栄のカギを握っている。共感的な人間のつながりこそが、我々の追い求める善である。

  • オキシトシンって出産のときからお目にかかり過ぎて身近な名前だったから読んでみたら思い当たるところが多くて。産後、前とくらべて考え方や感じ方が大きく変わってるなと思うことが増えたのでいろいろと腑に落ち。経済のお話は3割くらいで、人(と動物)の行動とホルモンの関係についてが殆ど。

  • フォトリーディング&高速リーディング。
    読了。

    オキシトシンが人の道徳を高め、繁栄をもたらすという話。しかし無神論が基礎になっており、6章は30ページまるまる宗教、特にキリスト教に対する攻撃の章であった。

    オキシトシンとは脳内化学物質であり、血液の中の情報を伝えるホルモンでもある。人を信頼し、信頼されると分泌される。しかしテストステロン(男性ホルモン)の分泌と拮抗し調節されないと、詐欺に騙されたり無意味に信頼したり、無防備な人柄になってしまう。

    人格障害や自閉症、コミュニケーションの生涯はこのオキシトシンの分泌障害が原因。解決策は人に信頼される事、マッサージを“する”事によっても分泌される。

    著者は一日8ハグを提唱している。幸せになれるのだとか・・・。

  • タイトルに惹かれて思わず買ってしまったwwやはり経済学は楽しい。ベースはゲーム理論だけどほとんどオキシトシンとかテストステロンとか神経経済学の話だった。

    本文で一番興味深かったのは、囚人に最後通牒ゲームさせたら実はかなり囚人は合理的だったって話。興味ある人は是非。

  • 両方必要なのは当たり前ですが、現代では圧倒的に善のオキシトシンとほとんど悪のテストステロンの話。

  • 「あなたは自分がしていることを堂々と母親に告げられますか?」
    これはebayが他国に進出する時、倫理規定を考えた時に考え出した言葉である。はっとさせられる言葉である。
    コンピュータはプログラムを忠実に実行するだけだが、ヒトは何らかの意図を持ち、複雑な行動を組み合わせて何らかの結果を生む。
    海馬により短期記憶、睡眠により定着すると言われている記憶はいずれも過去のモノである。
    各種ホルモンは未来の行動の方向性、意思決定の際のバイアスであると考える。これの異常が、うつ、発達障害などや影響しているのはもはや疑いは無いだろう。
    本書が示すのは、我々の行動、特に他者へのいたわり、優しさの根源には、オキシトシンが関わっているという研究結果である。
    さらには、オキシトシンとは逆の働きをするテストステロン、そしてそれらのバランスを我々はとっているらしいという調査結果である。
    オキシトシンの分泌を増やすことも可能だ。手をつなぐ、ハグする。個人的にはメールときたま電話でもいいから、日々感謝することが大事だと思うし、そう実感する。
    我々はときたま後悔をする。その後悔もこういうホルモンのなせるワザなのかもしれない。
    後悔とは何かをなす前に出来ないから後悔なのだろうが、最初に引用した言葉を都度思い出すことで、より良い決定が出来ると信じる。

  • 人の信頼関係を、小さな分子(ペプチド)で、脳の中で信号を送る神経伝達物質と、血液中でメッセージを運ぶホルモンの両方の働きを持つ「オキシトシン」に着目して、どのような時にそれが分泌されるのか、あるいはそれを注入した場合にどのような影響を与えるのか等の実験から「愛と共感」との相関を導き出し、それこそが経済を繁栄に導くと説く。

    共感あるいは信頼関係が経済活動にブラスに働くというのはパットナムの『哲学する民主主義』以降、定番とも言える言説ですが、ハグやマッサージのようなスキンシップあるいは宗教やダンスそして感動の物語でオキシトシンが分泌され共感と信頼に繋がるとの実験結果はとても新鮮で良かった。

全14件中 1 - 10件を表示

経済は「競争」では繁栄しない――信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学のその他の作品

経済は「競争」では繁栄しない Kindle版 経済は「競争」では繁栄しない ポール・J・ザック

ポール・J・ザックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン・D...
リチャード・ドー...
ジャレド・ダイア...
ベン・ホロウィッ...
エリック・ブリニ...
シーナ・アイエン...
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

経済は「競争」では繁栄しない――信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学はこんな本です

経済は「競争」では繁栄しない――信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学を本棚に登録しているひと

ツイートする