漂白される社会

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.67
  • (20)
  • (57)
  • (35)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 520
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478021743

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いろいろとセンセーショナルな題材を使って、現代を批評している本。すみずみまで「あるべき姿であるもの」に「漂白されている」社会の弊害を説いている。週刊誌の記事の寄せ集めのように感じた。

  • 現代社会の「周辺」の人たちの物語。

  • 宮台以来久しぶりに社会学っぽい本を読んだ。つっこみどころはともかく、社会学の本。

  • 開沼博『漂白される社会』ダイヤモンド社、読了。本書は日本のアンダーグラウンドな世界についてのルポルタージュとその考察。「周辺的な存在」を見ないことで欺瞞の虚構は構成される(漂白される社会)が、著者は敢えて切り結ぶ。見て見ぬとは見落とすではなく、意識的に避けていることなのだ、と。

    開沼博さんについては、議論が中心-周縁という二元論的表象という点、脱原発推進しの上では、結局のところ、現状容認では?という懸念から批判が多いが、僕自身は、その認識枠組みが典型的なものであったとしても受け止める必要性は充分にあると思うし、足をひっぱてるわけではないと思う。

    これは、何をするにしても同じなんだけど、それがどのように完璧な「錦の御旗」なるものであっても、とにかくいてまえ!では、同じような問題は形を変えて再生産されることは必須なんだから、いけいけどんどんで、「とにかくやればいい」式ですすめてしまうとろくなことはないと思う。出発点なんだと。

    なにかを進めていくと言うことは、とにかく全否定してしまえば、それが獲得できると考えたり、それを成就するためには、何をやってもよいという訳ではないんだけど、時間の経過がものすごいスピードで進む現在は、そんな悠長なことはやってられないというけど、それは必要だとは思う。

    ぐだぐだいわずに、とにかくやっちまえばいい、というのもある種の思考麻痺であるし、結局の所は、とにかくやっちまえばいいとして否定の対象とされるものが禍いしたことと、それは結局の所、同じ災禍を形をかえて招来させてしまうのだろうと思う。

  • 開沼博『漂白される社会』読了。“周縁的な存在”を見ることで現代社会を考える。社会が純化し“綺麗”になることで周縁的な存在は消えるのでは無く不可視化してゆく。境界線を引くことでむしろ見えなくなる闇。ホームレスギャル、脱法ドラッグなど猥雑さは見え辛くなり続けるのか。無くなりはしない。

  • 戦後の日本において、社会的にグレーな領域が長く存在していましたが、その領域は長引く不況や法的な規制などにより、どんどん淘汰され、もしくは消滅していっているということです。

    しかし、そのグレーな境界線上には、また新たな世界が発生しているということでもあります。

    つまり、現在の日本社会には、かつて存在しえなかった貧困や共同体や正義的な価値観などが登場し、すでに僕らはそれらに飲み込まれようとしているということでした。

    本書は、かつて存在していたグレーでアンダーグラウンド的な社会と、それらが消滅して新たに生まれた社会のルポルタージュでありドキュメンタリーです。

    社会学者の著者は、現代社会においてこれまで社会にあった「色」が失われていこうとする社会を「漂白される社会」と名付けています。

    ぼくは自由で平和な個人主義の中で多様化した社会を生きており、その多様性は増殖していると思っていましたが、実は社会は単一的な社会に吸収されつつあるのだと感じました。

    共通番号制度もそうですが、社会が高度化し成熟するということは世の中の大半の人にとっては生きやすい社会を目指すということなのでしょうが、割り切れない世界があるのも事実で、漂白された社会は、僕にとって生きやすいのか考えました。

  • 普段、見かけないか、見えたとしても目をそらしていた現代社会の周辺に存在するグレーな社会、例えば、ホームレスギャル、ヤミ金、違法ギャンブル、脱法ドラッグ、偽装結婚などの実態を取材した1冊。かつての猥雑さが「漂白」されることを称してのタイトルであるが、自身がいかに社会の上澄みに存在しているかを再認識する。強者の立場にいて偉そうなことは言えないが、「これが今の日本社会なんだ」と認めないといけない。

  • 現代社会がどういうものか、よくわかった。

  • なんかもうゲームみたい。

    現実と想像の世界の境目がことごとく取り払われて、あとに何が残るんだろう。

  • アイデアの萌芽といった小論が10本余り。フクシマ論に比較すると正直、完成度は劣るが、今後どう展開していくかが興味深い。

全49件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1984年福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。専攻は社会学。現在、立命館大学衣笠総合研究機構准教授(2016-)。東日本国際大学客員教授(2016-)。福島大学客員研究員(2016-)。
著書に『福島第一原発廃炉図鑑』『はじめての福島学』『漂白される社会』他。

「2017年 『エッチなお仕事なぜいけないの?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

漂白される社会のその他の作品

漂白される社会 Kindle版 漂白される社会 開沼博

開沼博の作品

ツイートする