往生際―――“いい加減な人生"との折り合いのつけ方

著者 : 丸山茂雄
  • ダイヤモンド社 (2013年11月29日発売)
3.57
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 16人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478021798

往生際―――“いい加減な人生"との折り合いのつけ方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • インターネット上で『「久夛良木が面白かったからやってただけ」 プレイステーションの立役者に訊くその誕生秘話【丸山茂雄×川上量生】』(http://news.denfaminicogamer.jp/interview/ps_history)という記事をたまたま見つけ、丸山茂雄さんという方に対しての興味が止まらなかったので、本書を手に取りました。

    本書は筆者のがんの治療や、治療で実際に筆者が使用した父親が開発した「丸山ワクチン」、また医療業界に対する考えなどに内容の多くを割いていますが、その端々にも筆者の人柄や人生観のようなものが垣間見えるようで非常に楽しく読めました。

    50歳も歳が離れているのに、自分と考え方の共通項が多くて驚きました。人生の指針を得た気持ちです。

    巻末あとがきから印象的な一文を、
    「後を継ごうという考え自体がだらしない。… 自分で新しいものを切り開き、つくらなくてはならないのです。」

全1件中 1 - 1件を表示

往生際―――“いい加減な人生"との折り合いのつけ方のその他の作品

往生際 Kindle版 往生際 丸山茂雄

丸山茂雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

往生際―――“いい加減な人生"との折り合いのつけ方はこんな本です

ツイートする