約7000世帯の家計診断でわかった! ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」

著者 :
制作 : 斎藤ひろこ 
  • ダイヤモンド社
3.44
  • (6)
  • (23)
  • (15)
  • (4)
  • (4)
  • 本棚登録 :149
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478024133

作品紹介・あらすじ

使えるお金が限定され、下手をすると赤字に転落しやすい手取り20万円台家計。それでも、適正な予算を立ててバランスよくやりくりすれば赤字にならず、毎月貯金できる体質に変われます。そのヒントとなるのが約7000件の家計診断をした著者が実際に、手取り20万円台でもちゃんと貯金している優秀家計のデータから算出した理想的な「家計の支出の割合」。あなたがこの先ずっと手取り20万円台でも、「毎月貯金」はできますよ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 節約だけでなく、収入を増やす努力を。

  • 支出の割合を設定する。無意識のうちに何となくお金を使うのをやめる。面倒でも品物によって買う店を変える。黒字家計になったら継続することが大事。イベントを理由にお金を使いすぎない。

  • 単身者実家暮らし、DINKS、夫婦2人に中高生の子供が2人…といった家族構成ごとの支出割合の目安がわかりやすくてなるほど。40代50代の働き盛りでも大企業でも公務員でも、2馬力で働いてても、いつ何があって収入減になるかもわからずそういった月の手取りが20万円台の人の家族構成別モデルケースもこれからの対策も載っててなるほど参考になるわ-。

  • この本の特徴としては 理想的な支出割合 を決め そのパーセントと実際の家計を 見比べること!! いわば分相応 というのを見直せということですね

  • この本では、様々な家族構成における理想の「支出の割合」が紹介されている。
    それぞれの状況での、引き締めるポイントやコツも紹介されていて具体的で実践的な内容だ。

    どの本を読んでも、減らせる固定費を探すことが重要、と書かれている。
    わが家は何が減らせるかなぁ。。。
    当たり前のように続けていたことも、
    言われてみて初めて「そういえば必要なのかな?」と考えた。
    続けなくてよいものを発見。よっしゃー!

    固定費を減らす、でまず思い浮かんだのは、住宅ローン。
    すぐに借換えなどを検討したところ、銀行を変えず「見直し」で月に1万円も少なくなることが分かり、早速手続きした♪
    わが家は、月々の返済額を減らすのではなくて、返済額はそのままで期間を短くすることを選択した。

    どんなこともたまには見直すことが必要だと実感。

    見直すためには、最適な支出の割合を知らなければ、検討がつきません。
    そのために、この本の具体的な内容はとても参考になった。

    ただわが家は、夫婦二人とも個人事業主なので、
    「手取り」で考えることはなく状況的に合わないことが多かった。
    しかし見直すきっかけをいただいきとても役立った。

  • 大変参考になります。実践第一ですが。編集もよく読みやすかったです。ありがとうございます。

  • 電子書籍

  • 家族構成、収入に応じた適度な支出割合が知れた。そして家族が成長するにつれ、支出の割合が変化するのも実際の数値で知れた。今までこういう本を見たことなかったので、とても参考になった。

    収入の範囲でやりくりする事。
    支出は割合で考える事。

    改めて勉強になりました。

  • いろんなケースに応じて目安があって具体的。ためられないときはこれくらいでも大丈夫、というのが書いてあり安心した。子どもが大きくなったときの食費と教育費が恐ろしすぎる‥

  • それぞれの家庭に合わせてた割合が載っていて、それを参考に節約を考えていける本です。

全23件中 1 - 10件を表示

約7000世帯の家計診断でわかった! ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」のその他の作品

横山光昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

約7000世帯の家計診断でわかった! ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」はこんな本です

約7000世帯の家計診断でわかった! ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」を本棚に登録しているひと

ツイートする