日本経済を創造的に破壊せよ!

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.20
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478024256

作品紹介・あらすじ

長引くデフレ/財政危機/TPP交渉参加問題…難問山積の日本経済。だが、少子高齢化、グローバル化、アジアの急成長という長期トレンドを前提とすれば、取るべき戦略は明らかだ。日本経済を真に再生するためのシナリオ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 威勢の良い題名だな。
    シュムペーター気取りか?
    伊藤元重の言うことなんかオレは信じないからな。

  • この本に限らずですが、既存の延長線上的な取り組みではあらゆる仕組み・枠組みが持たなくなって来ていると思いますので、リセット的なものは必要になると思います。
    付箋は17枚付きました。

  • 北欧は解雇規制が緩いと言い切っていいのかどうかわかりませんが、「政府が企業に押しつけることで、財政的には安くついても、経済活力という面では問題も多い」というのは理解できます。

  • 130326 日経広告 2面

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

伊藤 元重(イトウ モトシゲ)
学習院大学教授
東京大学名誉教授。学習院大学国際社会科学部教授。
1951年静岡県生まれ。東京大学経済学部卒。1979年米国ロチェスター大学大学院経済学博士号(Ph.D.)取得。東京大学大学院経済学研究科教授を経て、2016年より現職。専門は国際経済学、ミクロ経済学。復興推進委員会委員長、安倍政権の経済財政諮問会議議員、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)社外取締役も務める。『東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと』(東洋経済新報社)、『経済大変動--「日本と世界の新潮流」を読み解く60の視点』(PHPビジネス新書)、『きもの文化と日本』(共著、日経プレミアシリーズ)、『どうなる世界経済--入門 国際経済学』(光文社新書)など著書多数。


「2017年 『伊藤元重が警告する日本の未来』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本経済を創造的に破壊せよ!のその他の作品

伊藤元重の作品

ツイートする