1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.11
  • (8)
  • (23)
  • (39)
  • (17)
  • (6)
本棚登録 : 365
感想 : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478028605

作品紹介・あらすじ

1日36万!3日で108万円!「全国70人・1年待ち」でも予約殺到!あまりにツラくて、脱走する社長も続出。なのに、なぜ超高額を支払っても、「かばん持ち」に行列ができるのか?「三流・二流・一流」の分かれ目の着眼点を「40の心得」とともに初公開。3日で108万円出さないと聞けない習慣等特別秘録付!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Amazonの評判はあまり良くなかったですが、タイトルが気になって読んでみた一冊。

    ちなみに、1日かばん持ちをしたら36万円もらえるという超おいしい仕事のお話ではありません笑

    時間に対する考え方、効率的に成長するために必要なことなど学びが多かったです。
    特に印象的だったのは、パチンコの話。僕はギャンブル全くしないのですが、仕事中にパチンコする社長って笑

    どんなことからでも視点を変えると成長するための肥やしになるなって思いました。

  • 経営コンサルで有名な武蔵野の小山社長が、弟子入りしたい中小企業の社長を対象として、自らの日常業務に「かばん持ち」として3日間同行させる体験型研修の内容を紹介する一冊。3日で108万円と高額であるにも関わらず1年待ちの予約が埋まっているという人気プログラムを疑似体験できる。このプログラムに参加してきた数々の社長たちのエピソードや会話内容を中心に構成されており、気軽にサクッと読めるのが良かった。小山社長の経営哲学やノウハウはもちろん、なによりもその「人柄」がよく伝わってくるのが本書の一番のポイントだと思う。

  • 飲みニケーションや社員旅行等日本的な考えを持つ社長だと感じた。

    読んでいて、すんなりと入ってくる部分も多かったが、
    飲み屋絡みの話は経験不足で理解できていない。
    一流になるとはそういったことも必要なのだろうか。
    何年か後に再読するときがくるかもしれない。

  • キーコメントが分かれており読みやすい。理解しにくいところもあったのでまた後日読もう。

  • 僕には「社長」してる友人が多いです。
    まさにオススメしたい本です。
    僕は組織の人間なので何処に感じるかは経営者の視点で異なると思います。
    僕は「今いる人材を最強に」というところに感じ入りました。

  • これぐらい徹底出来れば会社は変わる。

  • 自分を信じる力が伝わってきた。
    スピードが重要で、すぐ決める、これによる失敗も沢山ある。多くの失敗をしてきたからこそ自信につながるというスパイラルなのがと思う。

  •  自分の考えが全て正統であり優れているという リーダーになる方の強い意見と感じる
     一つの考え方として 良いと思う部分は参考にしたいかな
     お金があっても 私は鞄持ちはしないかな

  • 経営者目線での内容。
    ただ、かなり主観での文章になっているため、著者の一意見として読んだ方が良い。
    経営の三種の神器「現場」「環境整備」「経営計画書」が読むだけでわかるとのこと。

  • 考え方が少し今風でないという題名があり、理由を読むと納得するという感じで進んでいきました。

全47件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。東京経済大学卒。1976年日本サービスマーチャンダイザー(現・武蔵野)に入社、1989年より現職。「落ちこぼれ集団」を毎年増収増益の優良企業に育てる。2000年、2010年日本経営品質賞受賞。2001年から同社の経営のしくみを紹介する「経営サポート事業」を展開。主な著書に『人材戦略がすべてを解決する』『経営計画は1冊の手帳にまとめなさい』(いずれもKADOKAWA)などがある。

「2021年 『99%の社長が知らない 会社の数字の使い方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小山昇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
(株)OJTソリ...
ベン・ホロウィッ...
稲盛和夫
三谷 宏治
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×