1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得

著者 : 小山昇
  • ダイヤモンド社 (2016年2月19日発売)
3.02
  • (4)
  • (13)
  • (25)
  • (12)
  • (4)
  • 227人登録
  • 26レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478028605

作品紹介

1日36万!3日で108万円!「全国70人・1年待ち」でも予約殺到!あまりにツラくて、脱走する社長も続出。なのに、なぜ超高額を支払っても、「かばん持ち」に行列ができるのか?「三流・二流・一流」の分かれ目の着眼点を「40の心得」とともに初公開。3日で108万円出さないと聞けない習慣等特別秘録付!

1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 僕には「社長」してる友人が多いです。
    まさにオススメしたい本です。
    僕は組織の人間なので何処に感じるかは経営者の視点で異なると思います。
    僕は「今いる人材を最強に」というところに感じ入りました。

  • これぐらい徹底出来れば会社は変わる。

  • [墨田区図書館]

    きっと知る人には有名な人・会社なんだろうけど、今回初めて知ってとりあえず2冊取り寄せてみた。恐らくもう一冊の「朝30分の掃除から儲かる会社に変わる―社員ニコニコ業績ピカピカの法則」の方が有名なんじゃないかな?"環境整備"で名を馳せているんだろう、小山さんの一冊。

    中はほぼ題名通りの中身。3日で108万、1日36万で小山さんの鞄を持って、その一日を体感するという「実践型プログラム」を通して、小山さん独自の40個の一流の心得、数ある体験者(社長たち)のエピソードを通してその経営学というか、生き様というかと垣間見る内容。

    会社経営どころか、会社勤めすら近年縁遠い人生を送っているとはいえ、やはり思っていた通りの内容(移動などのスキマ時間も利用する(#28, #29など)、体調管理(#34など))だけでなく、他にも通じる考えやなるほど?とまではいかないまでも多少学ぶべき事項がいくつかあって、さらりと息抜き程度に読める割にはやや身近で実践的な実用書として読めた。

    具体的には、、、?
    ■#16 離職率を下げたければ、「1日1時間以上」社員をほめなさい
    →やはり"ほめる"のは大事なんだ、これが私に足りない要素の一つのはず。月に5枚→週に1枚、まずは実践!!
    ■#17 自分の考えがある社長より、"からっぽ社長"のほうがあとで伸びる理由
    →成功例は成功するだけの理由と価値があるのだから、とにかくアレンジとかせず真似するべき!
    ■#18 パチンコの勝率と社長の実力は比例する!?
    →仮定と実践(検証)→確証と、新たに得た結果からの次なる仮定へ、それならありだ!
    ■#19 なぜ、ランチェスター戦略の本質は「ジャンケン」にあるのか?
    →"トレンド"があるはず、それを読み切れ!やはり心理観察?に通じるものがあるんだな。
    ■#20 高級クラブとは、「おもいきり」が身につく「決断の学校」である
    →リミッターを一度外す(経験させる)のは確かに必要かも。
    ■#22 ストレスに負けない社員をつくるたった「2つ」のこと
    →コミュニケーション量を増やし、「傾聴」二ってする。「どうしたいのか」を引き出してから、「それなら、こうしたほうがいい」、と具体的なアドバイスをする。
    ■#30 率は主観、額は客観
    →なんとなく言わんとすることはわかりはしたけど、ジャンケン払いで、勝率9割だけど、支払額も9割、という結果をきいて、大納得!
    ■#32 質より「スピード」!"テキトー"に1秒でも速く決断する5つのコツ
    →③~⑤は実践していると思うんだけど、やはり致命傷は①と②かな、、、
    ①損することを恐れない、②正しさを求めない
    ③先に結論を決めておく、④自分に都合の悪い方を選ぶ、⑤体験から判断する
    ■#35 「借金知らずの社長」より、「どーんと借りる社長」のほうが優秀な理由(#1, #10, #11)
    →単に大事な大口お客様、というだけでなく、不測の事態を乗り切れて、借入と返済実績から継続的な融資が受けられ、事業に専念できるという説明から、そういうものかと納得。会社経営ノウハウや"(中小企業の)実際"などは知らないので、自分の個人感覚で、"貯蓄(現金)がない"という状況を意識していなかった!さらに、手持ち現金があればよいというだけでなく、本当のイザという時の新規借り入れの難しさも、意識したことがなくても考えてみればすぐに納得、そういう"準備"のためにも、ある種借り入れによって発生する利子払いを保険として考えるくらいで常時借り入れしておくのも、一手なんだなと思った。
    ■#40 「成果が出ること」が最優先!「よいこと」は最後に回そう
    →これも意識しておかないと、実践していなくもないけれど、出来ていないことも多数、、、

  • 飲みニケーションや社員旅行等日本的な考えを持つ社長だと感じた。

    読んでいて、すんなりと入ってくる部分も多かったが、
    飲み屋絡みの話は経験不足で理解できていない。
    一流になるとはそういったことも必要なのだろうか。
    何年か後に再読するときがくるかもしれない。

  • キーコメントが分かれており読みやすい。理解しにくいところもあったのでまた後日読もう。

  • "リピーターを飽きさせない
    お客さんに「あ、変わったな」と思ってもらうことが第一

    秒単位の隙間時間を大事にする

    電車に乗るときも、最も出口に近いところに留まる車両に乗る

    エスカレーターは使わない
    米は有機栽培、肉魚は天然もの、野菜は無農薬。ファストフード厳禁。

    勉強しない社長はダメ社長、自分だけ勉強する社長は、もっとダメ社長。

    すぐメモを取り、メモを見に行く仕組みを作る。
    使ったものは、に同じ場所」に戻す

    死にたいほど嫌なことにあったら、「そもそも死にたいほど嫌なことなどない」と考える

    サウンドオブミュージックを観る
    上映する国によって終わり方が違うので、顧客視点の学び方がわかる

    "

  • D3

  • 【No.109】「結果を出している人には必ず理由があって、多くはその人の習慣になっている」「叱るのもほめるのも、人前でないと成長しない。恥をかくことは最上の学習機会」「社員が辞める。募集をかけても人が集まらない。まず、会社の業績が下がる。残った人たちの負担が増えて、組織が疲弊する。そして社内がギスギスして、また社員が辞めていく。この負のスパイラルの行き着く先は倒産」「時間をかければいい仕事ができるわけではないよ。終わりの時間を意識して仕事をしたほうが質は上がる。そのことをみんなわかってない」「”考える”というのは、体験から得たデータを頭の中から探してくる時間のこと。体験をしていない人は、そもそも考えられない。多くの体験をしている人だけが、”考える”ことができる」

  • 最初の数ページを読んでみてなかなか面白かったので最後まで読了した。全体的に共感できる部分は半分くらいだったが今まで自分が何となく感じていた部分を改めて指摘してくれたような気もする。
    「この仕事はこれ位かかる」と仕事に時間を割り振るのではなく「この仕事は1時間で終わらせる」と時間に仕事を割り振る→なども最近は意識してやるようにしている(大体予定していたより時間がかかる事が多いが)
    悩んでも悩まなくても結果は変わらないことが多い→決定の正しさは悩んだ時間とは無関係→早い決断を心掛けることも意識的にやるようにしている。
    全体を通して再認識できた部分が多かった。

  • ・社長の仕事は、現役の社長からしか学べない。

    ・経営は、現金に始まり、現金に終わる。
     経営をはかるものが、現金。

    ・非上場の中小企業では、67%以上の株式を保有し、
     所有と経営を分離させないこと。

    ・定期的に銀行訪問をし、お金をどのように使ったか報告する。

    ・外出先での細切れ時間を活用するコツは、いつ、どこで、
     どの仕事をするのかを、あらかじめ決めておくこと。

    ・PLは社員が関わり、BSは銀行が関わる。

    ・金融機関からの借り入れは積極的にすべき。
     お金をもっていればいるほど、経営の安全につながる。

    ・お客様が買ってくれれば「正しい」
     買ってくれなければ「間違い」

全26件中 1 - 10件を表示

1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得のその他の作品

小山昇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得に関連する談話室の質問

1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得はこんな本です

1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得を本棚に登録しているひと

ツイートする