マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.52
  • (15)
  • (40)
  • (40)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 593
感想 : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478039588

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • よい努力と、悪い努力がセットになってかかれていて、二元論をなしている。よい努力には、流れや、解説があって2~4頁ぐらいの分量でわかりやすかった。項目としては、5つのカテゴリに75のテーマーがあってどれから読んでもいいかとおもいます。読み物としてもいいかとおもいました。

  • マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力2016/7/23 著:山梨 広一

    「努力をすることはいいことだ」と思われている。
    もちろん、努力をしないよりはしたほうがいい。仕事でも学びでもトレーニングでも、一定の努力は必要不可欠である。それでも「努力をすればいい」と思った瞬間、大事な点を見失ってしまう。問題は、労力やかけた時間ではなく、努力の質である。

    そもそも何が「いい努力」で、何が「そうでない努力」、すなわち「悪い努力」なのか、それを徹底的に洗い出すこと、そしてどうすれば努力の質を上げられるか、とうのが本書のテーマである。

    構成は以下の5章から成る。
    ①努力の質を変える 仕事に「いい流れ」をつくるルール
    ②いい努力を生み出す思考法 「次の行動」をクリアにする考え方
    ③いい努力につながる時間術 早く動いて「努力の成果」を最大化
    ④いい努力を進化させる 自分を成長させ続ける行動法
    ⑤人と一緒にいい努力をする 「最も大きな成果」を生み出す仕事術

    自分は今まで「いい努力」だけをしてきたかと言われれば、そうとは言えず「悪い努力」もごちゃまぜに行ってきた。未熟であり、そのような意識が少なければどうしても、質より量に依存してしまい、やっていれば頑張っていると自己満足もあり安心してしまったきらいもある。

    しかし、ここにきて時間の制約もあり自分の行動が大きく他者の時間を割き、今後に影響を与える立場へとなると、責任をしっかりと考えながら努力をしてもらう必要がある。

    それを考える上では本書は非常に勉強になった。
    常に本棚に置き、迷えば開くという一冊が新しく増えた。
    「いい努力」を「続ける努力」をしていきたい。

  • ※2016.9.4購入@ジュンク堂那覇店

  • 「いい努力」とは7つのポイントに整理される
    ①「成果」につながるもの
    ②「目的」が明確なもの
    ③「時間軸」を的確に意識しているもの
    ④「生産性」が高いもの
    ⑤「充実感」を伴うもの
    ⑥「成功パターン」が得られるもの
    ⑦「成長」を伴うもの

    4、仕事がはみだしても時間を切る
    5、「残業=機会損失」と考える
    7、「高い目標」を設定する
    9、「レバレッジ」で組織の壁を越える
    11、「煩雑な手続き」の壁を乗り越える
    12、「評価」の壁を知り変えていく
    13、「アンダーコントロール」を増やす
    15、「アウトカム志向」を持つ
    16、「人に頼むことも責任」と考える
    17、まずは「手ぶら」で話をする
    19、つねに「フロントローディング」する
    21、「リスク」を取る
    24、「目的」の真意を正確につかむ
    25、「境界条件」を広げる
    26、「目的」と「境界条件」を共有する
    27、動く前に「課題」を見出す
    28、自分の判断で「重要な課題」に絞り込む
    30、さまざまな立場から情報を「洞察」する
    34、仮説を「数字」で検証する
    35、仮説を「進化」させ続ける
    36、「一番効くレバー」を引く
    37、仕事の「答え」をつねに持っておく
    40、「具体的なアイデア」を足で生み出す
    45、「フロントローディング」を徹底する
    46、行動のすべてに「時間の枠」をはめる
    48、「打ち合わせのシナリオ」を用意する
    50、1週間に1度、「流れ」を止める
    51、「関係ないこと」にも時間をかける
    58、「正しい相手」から「正しい力」を借りる
    65、「権威以外」のもので人を導く
    68、コミットメントの低いメンバーを「戦力化」する
    69、議論は「紛糾」しなければならない
    72、間違っていても「ユニークなこと」を発言する

  • # 努力の質を変える:仕事に「いい流れ」をつくるルール
    ## マインドセットの壁を破る
    01. つねに現状からの「変化」を目指す Not「否定」
    02. 「環境×意思×性格」を最大化する Not 与えられた環境に甘んじた努力
    03. 「時間=努力」の錯覚から抜け出す Not 残業=努力
    04. 仕事がはみ出しても時間を切る Not とにかく終わるまで働く
    05. 残業=時間損失と考える Not つねに細部まで100%を目指す
    06. 自分の仕事を定義する Not 目の前の仕事に没頭する
    07. 高い目標を設定する Not できそうなことに終始する
    ## 環境の壁を破る
    08. 上司の壁を見極める Not 壁上司にペースを振り回される
    09. レバレッジで組織の壁を超える Not 自分や自部門だけで頑張る
    10. ルーティン化に陥らない Not 昨対思考で行動する
    11. 煩雑な手続きの壁を乗り越える Not プロトコル至上主義に屈する
    12. 評価の壁を知り、変えていく Not インターフェース重視の評価に準じる
    13. アンダーコントロールを増やす Not 多くの壁に囲まれて自由度を失っていく
    ## 行動変革のポイント
    14. 遠くの「大きなゴール」を目指す Not 目の前のものに全力疾走し続ける
    15. アウトカム志向を持つ Not アウトプットに満足する
    16. 人に頼むことも責任と考える Not 最初から最後まで自分だけでやる
    17. まずは手ぶらで話をする Not とりあえず書類を作る
    18. 考える時間を作る Not すべてを効率でこなす
    19. つねにフロントローディングする Not 努力を後出しする ←???
    20. 面倒でもチームプレーを心がける Not 一人の仕事に没頭する
    21. リスクを取る Not 誰からもよく思われようとする
    22. 最も得意なことを磨き抜く Not メリハリのない働き方をする
    23. 頭と体のフットワークを軽くする Not 地道に確実に

    # いい努力を生み出す思考法:次の行動をクリアにする考え方
    ## 目的と課題
    24. 目的の真意を正確につかむ Not 指示=目的と表面的に捉えて動く
    25. 境界条件を広げる Not やっていい範囲で取り組む
    26. 目的と境界条件を共有する Not わかりあってる「つもり」で進める
    27. 動く前に課題を見出す Not 的を見ないで矢を放つ
    28. 自分の判断で重要な課題に絞り込む Not すべての課題に取り組もうとする
    ## 洞察と仮設
    29. 情報は7割集める Not できる限り情報を集める
    30. さまざまな立場から情報を洞察する Not 人と同じ考えにとどまる
    31. 洞察から仮説を組み立てる Not いつまでも自分なりの答えを持とうとしない
    32. ユニークな仮説を作る Not 無難な痛切にしがみつく
    33. 書いて話して、仮説を強化する Not 仮説を一人で抱え込む
    34. 仮説を数字で検証する Not 仮説を押し通す
    35. 仮説を進化させし続ける Not 一気に結論を出そうとする
    ## 思考の要諦
    36. 一番効くレバーを引く Not 手近でできることに力を注ぐ
    37. 仕事の答えを常に持っておく Not その場その場で考える
    38. ためらいを捨て、判断する Not 時間切れで結論を出す
    39. 頭の中を人の目にさらす Not 思考プロセスを隠す
    40. 具体的なアイデアを足で生み出す Not 机の前だけでアイデアをひねり出そうと頑張る
    41. 決まってから、もう一度考える Not 一度結論が出たら思考を止める
    42. Why, What, Howを5回繰り返す Not 表層的な考えを結論としてしまう
    43. 他の人の考えに対して自分を開く Not 他の人の意見を自分なりに解釈する

    # いい努力につながる時間術:早く動いて努力の効果を最大化する
    ## 動き方の基本
    44. 常に仕事の先を行く Not 〆切を基準にして動く
    45. フロントローディングを徹底する Not きつい仕事を「あと」に回す
    46. 行動のすべてに「時間の枠」をはめる Not 時間を決めずに、終わるまでやる
    ## 時間管理の具体的ノウハウ
    47. ミーティングは無駄を削り、密度濃く Not 資料説明の場としてしまう
    48. 打合せのシナリオを用意する Not まずは会ってみて考える
    49. 早く帰ることで仕事の筋肉を鍛える Not 持久力に頼って長時間労働を続ける
    50. 1週間に一度、流れを止める Not 同じペースでひたすら働く
    51. 関係ないことにも時間をかける Not 効率重視でムダをすべて排除する
    52. 時間ができるたびに「外」に出る Not 社内でデスクワークばかり続ける
    53. カラフルなスケジュールで動く Not 代り映えしないスケジュールで行動する

    # いい努力を進化させる:自分を成長させ続ける行動法
    ## 一段上へのレベルアップ
    54. 早さと速さのスピードを上げる Not ルーティンに時間をかける
    55. 要所に早く強く働きかける Not 色々と気にしてもたもた頑張る
    56. 仕事の設計図を作る Not 先行きを見通すことなく個々の仕事を手掛けてゆく
    57. ヒドゥンアジェンダを捨てる Not 裏目的の達成に労力を費やす
    58. 正しい相手から正しい力を借りる Not 力を貸さず、力を借りない
    59. こだわりの部分を作る Not すべてスムーズに進めようとする
    60. 2・4・8・16の法則で未来を見据える Not 今の仕事だけを過大視する

    # 人と一緒にいい努力をする:最も大きな成果を生み出す仕事術
    ## チームの基本
    61. チームで生産性を最大化する Not 一人の力でできる範囲内で努力
    62. 全員が向かう先を明確に共有する Not 自分のパートにだけ注力
    63. フラットな関係で働く Not チームをピラミッド式で動かす
    64. ノームと活動プランを書きだす Not 暗黙の了解で仕事を進める
    ## リーダーシップ
    65. 権威以外のもので人を導く
    66. 大事なことは初動からハンズオンで取り組む Not 後から本腰を入れて関わっていく
    ## 議論と会議
    67. 全ての会議を有意義な時間に変える Not 会議を余計な手続きとして捉える
    68. コミットメントの低いメンバーを戦力化する Not やる気のないメンバーは切り捨てる
    69. 議論は紛糾しなければならない Not すんなり提案を通すことに努力する
    70. どんな変化が起こるのかまで突き詰める Not 具体的な行動が見えない提案にとどまる
    71. みんなの力で議論を進化させる Not 賛否を判断するだけの会議にしてしまう
    72. 間違っていてもユニークなことを発言する Not 間違うことを恐れて人と同じことを発言する
    73. 結論をはっきりさせる Not 結論を確認、共有しない
    74. 議事録で次の行動を作る Not ベタ起こしで記録を作る
    75. 変わる、を重ねてゆく Not 何の変化も起こさない

  • 『いい努力』とは、『いい変化』の継続力

    ①『成果』につながるもの
    ②『目的』が明確なもの
    ③『時間軸』を的確に意識しているもの
    ④『生産性』が高いもの
    ⑤『充実感』を伴うもの
    ⑥『成功パターン』が得られるもの
    ⑦『成長』を伴うもの

  • いい努力をすれば高い成果を得れるという当たり前のことだけを言い方を変えて、局面を変えて言っているだけの本だった。

  • 書かれていることは合理的な判断では至極普通のこと。だが、なかなかできないと思う。

  • せっかく取り組むのであれば、それがいい努力となるようにすべきた。
    そのためには、先を見通し、周囲を巻き込み、早くかつ速く取り組むことが重要である。

  • 2019年11月24日読了。

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山梨 広一(ヤマナシ ヒロカズ)
1954年東京生まれ。東京大学経済学部卒業。スタンフォード大学経営大学院(経営学修士)修了。富士写真フイルムを経て、90年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。95年からパートナー、2003年からシニアパートナー。小売業、消費財メーカーおよびその他業界の企業の戦略構築や組織変革、マーケティング、オペレーション改革など、マッキンゼー日本支社において最も豊富なコンサルティング経験を有する。2010年から2014年まで、東京大学工学部大学院TMI(技術経営戦略学専攻)で「企業戦略論」の講座を指導。2014年、マッキンゼー退社後、イオン株式会社執行役を経て顧問。2016年から株式会社LIXILグループ取締役、東京都顧問、マッキンゼーシニアアドバイザー。著書に『プロヴォカティブ・シンキング 面白がる思考』、『シンプルな戦略 戦い方のレベルを上げる実践アプローチ』(以上、東洋経済新報社)、『マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力』(ダイヤモンド社)、『3原則 働き方を自分らしくデザインする』(SBクリエイティブ)などがある。

「2017年 『必ずできる。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山梨広一の作品

マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力を本棚に登録しているひと

ツイートする
×