天空列車 青海チベット鉄道の旅 (地球の歩き方GEM STONE)

制作 : 地球の歩き方編集室 編 
  • ダイヤモンド・ビッグ社 (2012年5月26日発売)
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478042991

作品紹介

雄大な自然のなかを一路ラサへ。車窓に映る草原、高地に棲む動物たち、聖なる湖、そして圧倒的な存在感で迫る山々。世界で最も高い所を走る鉄道が、あなたを乗せて標高5072メートルを駆け抜ける。

天空列車 青海チベット鉄道の旅 (地球の歩き方GEM STONE)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 海は無いけど青海なんですね。。。

    ダイヤモンド・ビッグ社のPR
    「青海省の西寧とチベット自治区のラサまでおよそ2000kmを1泊2日で結ぶ青海チベット鉄道は、平均標高が4000m以上、最高標高地点のタングラ峠が5072mという世界で最も高所を走る鉄道です。
    7000m級の山々の絶景を車窓から眺められるという、鉄道マニアでなくても憧れる列車の旅。車内は酸素と気圧が調整されていて高山病の心配も少ないこともあり、観光客にも絶大な人気がある寝台列車です。
    本書はそんな青海チベット鉄道を紹介したビジュアルガイド。ダイナミックな車窓の写真や車内の風景で、鉄道旅行ならではの楽しさを誌上で体験してください!」

  • 中国とチベットを結ぶ青蔵鉄道の車内や車窓の風景を写真をふんだんに用いながら紹介している。「いつか行ってみたいな」「行ってもいいかも」くらいの今のところ実行性の薄い旅のガイドブックとしてはいいかも……っていうか、その程度の用途にしかならない。ま、雄大なチベットの景色を楽しめたし、特に行くつもりもないのでいいのです。
    この青蔵鉄道は2006年に開通したのだとか、悲願ともいうべき開通だったらしいけど、こうして中国とチベットが近くなることで、近年の度重なる確執の表面化が現れてもいるのだろうなと思うとフクザツ……。

全3件中 1 - 3件を表示

天空列車 青海チベット鉄道の旅 (地球の歩き方GEM STONE)のその他の作品

1-B075K7QY32の詳細を見る Kindle版 1-B075K7QY32

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

天空列車 青海チベット鉄道の旅 (地球の歩き方GEM STONE)はこんな本です

天空列車 青海チベット鉄道の旅 (地球の歩き方GEM STONE)を本棚に登録しているひと

ツイートする