中学受験 名門中学の子どもたちは学校で何を学んでいるのか

  • ダイヤモンド社
3.58
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478043479

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東西難関12校の教育力
    https://www.diamond.co.jp/arukikata/9784478043479.html

  • 中学での学習内容を垣間見るのに、サンプルの資料もついており、とても有用な本であった

  • 出身校が入っていたので読んだ。取材できなかった学校も多いという。このような本に、自校の教育方針を堂々と開示できる学校に、子供を通わせたいと思う。

  • 進学校にかぎって、生徒の自主性に重きをおいている。

  • 私立中高一貫校の有名進学校に絞って取材してある。関東圏から7校、西日本から5校。表面的な学校情報ではなく、各科目の名物授業や夏休みの課題など、各校の特色が出る部分を中心に書かれている。

  • 【新刊情報】中学受験名門中学の子どもたちは学校で何を学んでいるのか 376.3/オ http://tinyurl.com/bsxbn7d 日本を代表する中高一貫教育の名門校12校を取り上げ、中1でどんなスタートを切り、その後どのように6年間を過ごすのかを具体的に紹介する。 #安城

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

教育ジャーナリスト。1973年東京生まれ。麻布中学・高校卒業、東京外国語大学英米語学科中退、上智大学英語学科卒業。株式会社リクルートから独立後、数々の育児誌・教育誌の編集にかかわる。教育や育児の現場を丹念に取材し、斬新な切り口で考察する筆致に定評がある。心理カウンセラーの資格、中高の教員免許を持ち、私立小学校での教員経験もある。著書は『名門校とは何か?』(朝日新書)、『男子御三家』(中公新書ラクレ)、『ルポ塾歴社会』(幻冬舎新書)など約50冊。

「2017年 『公立中高一貫校に合格させる塾は何を教えているのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おおたとしまさの作品

ツイートする